【Photo】 サニー・エドワーズvsマルセル・ブレイスウェイト 英国スーパーフライ級王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

英国スーパーフライ級王座決定12回戦。サニー・エドワーズ(英)vsマルセル・ブレイスウェイト(英)。12月21日(日本時間22日)、英・ロンドン、カッパー・ボックス・アリーナ。前WBC世界フライ級王者チャーリー・エドワーズ(英)の実弟サニーは、13戦全勝(4KO)。

 

 

ブレイスウェイトは、9勝1敗。

 

 

試合開始。

 

 

エドワーズが快調にポイントを重ねて行った。

 

 

第7ラウンド。エドワーズ、ダウン。しかし、すぐに立て直した。

 

 

勝者はエドワーズ。スコアは117-110、117-110、118-109.。

 

 

両拳を痛めながらも大差で英国王座を獲得したエドワーズは、IBF同級インターナショナル王座、WBO同級インターコンチネンタル王座も保持している。今後の世界に向けてのステップアップマッチに注目。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング