リチャード・コミーvsテオフィモ・ロペス 「結果」 IBF世界ライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14日(日本時間15日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されたトップランク興行。IBF世界ライト級タイトルマッチ。王者リチャード・コミー(ガーナ)=29勝(26KO)2敗=に、同級1位テオフィモ・ロペス(米)=14戦全勝(11KO)=が挑んだ注目の一戦は、ロペスが2回1分13秒TKO勝ちで新王者。第2ラウンド、ロペスの右カウンターでコミーはダウン。何とか立ち上がったが、ロペスの追撃の前に防戦一方となり試合はストップ。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング