テレンス・クロフォードvsエギディウス・カバラウスカス 「結果」 WBO世界ウェルター級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14日(日本時間15日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されたトップランク興行のメイン。WBO世界ウェルター級タイトルマッチ。王者テレンス・クロフォード(米)=35戦全勝(26KO)=に、同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)=21勝(17KO)無敗1分=が挑んだ一戦は、クロフォードが9回44秒TKO勝ち。↓

 

 

サウスポースタイルからスタートしたクロフォードは、4回からプレスを強め試合の主導権を握る。7回には右構えからの右ストレート、クロスで、カバラウスカスに8カウントを聞かせた。迎えた第9ラウンド、左ストレートからの右フックでダウンを奪ったクロフォードは、再開直後、右フック一発で再び倒し試合を決めた。カバラウスカスも序盤、タイミング良いパンチで対抗したが、クロフォードの力が一枚上だった。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング