2/29 ゴロフキンvsシェルメタ 「IBF世界ミドル級戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

マッチルームUSAのエディ・ハーンは、IBF世界ミドル級王座に返り咲いたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の初防衛戦は、IBFから指令されているカミル・シェルメタ(ポーランド)を相手に、来年2月29日(日本時間3月1日)に、米・イリノイ州シカゴのウィントラスト・アリーナで開催する準備が出来ている事を示唆。ゴロフキンvsデレイビャンチェンコのアンダーカードで、オスカー・コルテス(メキシコ)を2回TKOで破り米国デビューを果たしているシェルメタ と、ゴロフキンは既に対戦契約に合意していると伝えられていた。今後に注目。