ナバレッテvsエロルデ 「結果」 WBO世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14日(日本時間15日)、米・ラスベガスのTモバイル・アリーナで開催された、WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)=28勝(24KO)1敗=に、同級2位ファン・ミゲル・エロルデ(32歳・比)=28勝(15KO)1敗=が挑んだ一戦は、ナバレッテが4回26秒TKO勝ち。試合は立ち上がりからナバレッテが、ジャブ、フック、アッパーと多彩な左で主導権を握る。3回終了間際には王者の左フックで腰が砕けた挑戦者にスタンディングカウントが数えられた。そして続く4回開始早々、ナバレッテが一気に襲い掛かると、ラッセル・モーラ(米)主審は試合をストップ。ナバレッテがパワーの差を見せつけ、3度目の防衛に成功した。