ペドラサvsセペダ 「結果」 クアドラスvsカルデナス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14日(日本時間15日)、米・ラスベガスのTモバイル・アリーナで行われた、USNBCスーパーライト級王座決定戦。元2階級制覇王者ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)と、元世界挑戦者でWBC9位のホセ・セペダ(米)の一戦は、セペダが判定勝ち。スコアはジャッジ3者が揃って97-93。勝ったセペダは、31勝(25KO)2敗2NC。スーパーライト級転向第一戦を飾ることが出来なかったペドラサは、26勝(13KO)3敗。

 

 

WBC世界バンタム級2位、WBO4位のカルロス・クアドラス(帝拳・メキシコ)と、ホセ・カルデナス(メキシコ)の一戦は、クアドラスが判定勝ち。スコアは96-94、96-94、95-95の2-0。接戦を制したクアドラスは、39勝(27KO)3敗1分。敗れたカルデナスは17勝(14KO)5敗。