ヘザー・ハーディvsアマンダ・セラノ 「結果」 WBO&WBC世界女子フェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

13日(日本時間14日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターで開催されたDAZN興行のセミファイナル。WBO世界女子フェザー級タイトルマッチ。王者ヘザー・ハーディ(米)=22戦全勝(4KO)=に、7階級制覇王者アマンダ・セラノ(プエルトリコ)=36勝(27KO)1敗1分=が挑んだ一戦は、セラノが判定勝ち。初回。セラノの左ストレートからの連打を浴びたハーディは、あわやストップの窮地に陥ったが、何とかこらえる。パワーで勝るセラノは快調に飛ばし、中盤以降、巻き返しを図るハーディを振り切った。スコアは98-91、98-91、98-92。勝ったセラノは、空位のWBC世界女子同級王座も獲得。