9/14 ライアン・ガルシア 「対戦相手逮捕!」 試合中止 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14日(日本時間15日)に米・カリフォルニア州 カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで開催される、DAZN興行のセミファイナルに出場予定だった、WBA世界ライト級5位、WBO6位、WBC12位ライアン・ガルシア(米)=18戦全勝(15KO)=と、エイブリ・スパロウ(米)=10勝(3KO)1敗1NC=の一戦は、計量日の朝、スパロウが4月に起こした事件により逮捕された為に中止。アンダーカードに出場するNABOライト級王者でWBO10位のロメロ・ドゥノ(比)が、急遽、代役とする案が出されたが、ガルシア陣営はこれを辞退。今週水曜日には、スパロウ逮捕の情報を知っていたゴールデン・ボーイ・プロモーションに対し、不満をぶつけている。