11/30 IBFフライ級王者モルティ・ムタラネ V3戦 in南アフリカ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界フライ級王者モルティ・ムタラネ(南ア)の3度目の防衛戦は、11月30日(日本時間12月1日)に南アフリカのダーバンで予定されている事を、ムタラネのマネジャー&トレーナーのコリン・ネイサン(下写真ムタラネの左隣)が示唆。ムタラネは5月に日本で指名挑戦者の黒田雅之(川崎新田)選手に勝った後、WBC王者チャーリー・エドワーズ(英)との王座統一戦を希望していたが、エドワーズが指名戦を義務付けられ為実現に至らず。次の防衛戦は、挑戦者を自由に選択出来る。