木村 翔 &久保 隼 「計量パス」 中国ダブル世界戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

26日に中国・江西省撫州市で開催されるダブル世界戦の前日計量が同地で行われ、出場全選手が計量をクリア。WBA世界ライトフライ級タイトルマッチは、正規王者カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に、前WBO世界フライ級チャンピオン木村 翔 (青木)選手が、2階級制覇を賭けて挑戦。

 

 

木村選手は、48.7キロでパス。カニサレスは、1度目は超過したがパンツを脱いで48.9キロでクリア。

 

 

WBA世界フェザー級タイトルマッチ。正規王者シュ・チャン(中国)に、前WBA世界スーパーバンタム級チャンピオン久保 隼 (真正)選手が挑戦。久保選手も勝てば2階級制覇となる。

 

 

久保選手とシュは共に57キロでパス。

 

 

木村選手、久保選手共にチャンスは十分と見られており、日本人選手のダブル2階級制覇達成に期待。試合の模様は、26日午後8時頃からWOWOWメンバーズオンデマンド限定で、 WOWOWオンラインにより先行ライブ配信。青木ジムの小林昭善トレーナー、写真ありがとうございます。明日の決戦、楽しみにしています!。