【Photo】 TJ・ドヘニーvs高橋竜平 IBF世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者TJ・ドヘニー(アイルランド)vs同級10位高橋竜平(横浜光)。1月18日(日本時間19日)、米・ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン・シアター。急遽決まった世界挑戦だが、高橋選手は勇躍、ニューヨークへ乗り込んだ。

 

 

ドヘニーは昨年8月に岩佐亮佑(セレス)選手から奪った王座の初防衛戦。

 

 

試合開始。

 

 

第3ラウンド。王者の左で挑戦者、ダウン。

 

 

ドヘニーはフットワークを使いながら右ジャブを飛ばし、左ストレート、アッパーを上下に散らし、リードを奪って行った。

 

 

終盤、逆転を狙う高橋選手は前に出たが。

 

 

ついに11ラウンド、マイク・オルテガ(米)主審は試合をストップ。TKOタイム11回2分18秒。

 

 

安定したボクシングでV1に成功のドヘニー。

 

 

10回までのスコアはジャッジ二者が王者のフルマークとしていた。

 

 

試合後のリング上にはWBA世界同級正規王者ダニエル・ローマン(米)が登場。プロモーターのエディ・ハーンは、両者による王座統一戦が、4月6日(日本時間7日)に米・ロサンゼルスで予定されるDAZN興行で実現することを示唆。楽しみな戦いです。