【Photo】WBO総会 田中恒成&モンティエル 新旧チャンピオン | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

パナマシティで開催された第31回WBO総会には多くの現役チャンピオンと、元王者が参加し表彰を受けた。下写真は史上最速タイ記録で3階級制覇(全てWBO王座)を成し遂げたフライ級王者田中恒成(畑中)選手と、元WBO3階級制覇王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)。

 

 

元2階級制覇王者ダリウス・ミハエルゾウスキー(ポーランド)。WBO世界ライトヘビー級王座は23度の防衛に成功した。

 

 

バンタム級王者ゾラニ・テテ(南ア)。

 

 

元WBO世界ライト級王者アーサー・アルツール・グレゴリアン(アルメニア)。連続17度の防衛を果たした。

 

 

司会、進行役はジミー・レノンJr。

 

 

元2階級制覇王者で、ブラジルの国民的英雄のアセリノ・フレイタス(ブラジル)。

 

 

元2階級制覇王者イバン・カルデロン(プエルトリコ)。

 

 

ライトヘビー級王者エレイデル・アルバレス(コロンビア)。

 

 

最優秀女子選手のアマンダ・セラノ(プエルトリコ)。女子ボクサー史上初の世界6階級制覇を達成した。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります