バーネットvsドネア 「結果」 WBA世界バンタム級戦 WBSS準々決勝 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

3日(日本時間4日)、英・グラスゴーのSSEハイドロで開催されたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ、バンタム級準々決勝戦。WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英)に元5階級制覇王者ノニト・ドネア(比)が挑んダ一戦は、第4ラウンドにバーネットが右腰を痛め4回終了後に棄権。ドネアがTKO勝ちで新王者となった。空位のWBCダイヤモンド王座も手に入れたドネアは、準決勝戦でWBO王者ゾラニ・テテ(南ア)と対戦する。

 

 

元IBF世界バンタム級王者ポール・バトラー(英)は、元世界ランカーのヨアン・ボワィヨ(仏)に10回判定勝ち。主審一人による公式スコアは99-91。元WBC世界スーパーライト級王者ビクトル・ポストル(ウクライナ)は、ジョシュ・テイラー(英)に敗れて以来、約5ヶ月ぶりの再起戦でシアー・オズグル(トルコ)に10回判定勝ち。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります