2018 WBO総会 田中恒成 クロフォード 「表彰式」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

パナマシティで開催中の第31回WBO総会で年間表彰式が行われ、フライ級新王者田中恒成(畑中)選手が王座を獲得した木村 翔 (青木)選手との一戦が、年間最高試合に選ばれ、田中選手は引率のジョー小泉氏、JBCメンバーらと共に表彰を受けた。

 

 

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ、12戦目での史上最速3階級制覇を全てWBO王座で成し遂げた田中選手は、表彰後、再びステージに呼ばれた。

 

 

最優秀ボクサーは、ウエルター級王者テレンス・クリフォード(米)。トレーナーも受賞。

 

 

女子最高試合賞を受賞のアーリー・ムシーニョ(メキシコ)。

 

 

最も劇的なKO勝ちを収めたことで受賞した、ライトフライ級王者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ・中央)。

 

 

スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)。同級1位デニス・ホーガン(豪)との指名戦を義務付けられた。

 

 

フランシスコ・バルカッセルWBO会長は、来年の総会開催地を東京に要請。

 

 

JBCの安河内 剛 氏は、笑顔で受諾。

 

 

ロベルト・デュラン(パナマ)をはじめ、他団体の元王者も含め、出席の有力ボクサー全員で写真撮影。来年の東京開催。楽しみですね。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります