【Photo】 ホルヘ・リナレスvsアブネル・コット 138ポンド契約10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

138ポンド契約10回戦。元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳)vs元WBC中米スーパーライト級王者アブネル・コット(プエルトリコ)。9月29日(日本時間30日)、米・カリフォルニア州インディオ、ファンタジー・スプリング&カジノ。リナレス選手は5月にワイル・ロマチェンコ(ウクライナ)に敗れて以来の再起戦。

 

 

コットは23勝(12KO)3敗。リングアナウンサーはヘレミアー・ガイェゴス。

 

 

リナレス選手の隣はゴールデン・ボーイ・プロモーションのマッチメイカーで、リナレス選手担当のロベルト・ディアス。

 

 

リナレス選手とホルヘ・セルパ・トレーナー。

 

 

試合開始。

 

 

リナレス選手は速い左から右ストレートを打ち込む。

 

 

第2ラウンド。

 

 

2分過ぎ、リナレス選手の右ストレートでコットはダウン。

 

 

コットは何とか凌いだ。

 

 

またもやリナレス選手の右が爆発。コットは再びキャンバスへ。

 

 

リナレス選手はダメージの残るコットをすかさず追撃。

 

 

両選手、もつれて倒れ込んだが、コットの足はおぼつかず試合はストップ。

 

 

KOタイム3回1分31秒。

 

 

元4階級制覇王者のミゲル・コット(プエルトリコ)も観戦。

 

 

パワーアップした右ストレートでコットを倒し、再起に成功したリナレス選手は、「140(Sライト級)は自分に合っている。マイキー・ガルシア、ホセ・ラミレスとやりたい。ロマチェンコとの再戦でもいい」と、ビッグファイトへの意欲を見せた。4階級制覇へのチャレンジも楽しみです。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります