チャーロvsトラウト 「結果」 WBC世界スーパーウェルター級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

9日(日本時間10日)、米・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されたダブル世界戦。WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ。王者ジャーメル・チャーロ(米)に、元WBA世界同級王者で8位のオースティン・トラウト(米)が挑んだ一戦は、チャーロが12回判定勝ち。スコアは113-113、115-111、118-108の2-0。

 

 

試合は第3ラウンド、チヤーロの右フックでトラウトがダウン。KOが期待されたが、4連続KO中の王者は振りが大きく、老獪なサウスポーの挑戦者に決定打を打ち込めない。9回、開始早々からトラウトに襲い掛かったチヤーロは左フックで再びダウンを奪うが、ここも仕留めることは出来ず、最終ラウンドまで逃げ切られた。しかし、フェルナンド・ビジャレアル(米)の113-113には驚きの声が多数上がっている。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります