デビッド・レミュー 「オーバーウェイト」 元IBFミドル級王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

26日(日本時間27日)にカナダ・ケベックシテイ興行のメインに出場する元IBF世界ミドル級王者デビッド・レミュー(カナダ)が、前日計量でオーバーウェイト。カリム・アキュール(仏・159ポンド)との一戦は、ミドル級のWBC地域タイトルを賭けた試合が予定されていたが、レミューはリミットの160ポンドを2ポンドオーバー。試合はノンタイトル戦として行われるが、レミューはファイトマネーの20%を罰金としてアキュール側に支払う。

 

 

レミューは昨年12月に地元リングでビリー・ジョー・ソーンダース(英)の持つWBO世界ミドル級王座に挑むも、12回完封の判定負けを喫して以来の再起戦。現在、WBC4位、WBO7位にランクされているが、今後はスーパーミドル級への転向が予想されている。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります