ガルシアvsベレス 「結果&ファイトマネー」 ゴールデン・ボーイ興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

4日(日本時間5日)、米・カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで開催されたゴールデン・ボーイ・プロモーション興行。メインのNABF北米&NABO北米スーパーフェザー級王座決定戦。WBO8位、WBA11位のライアン・ガルシア(米)と、IBF15位ジェイソン・ベレス(プエルトリコ)の一戦は、ガルシアが10回判定勝ちで新王者。スコアはジャッジ3者が揃って99-91の3-0。

 

 

レコードを15戦全勝(13KO)としたガルシアは、2万5千ドルのファイトマネーを獲得。世界挑戦で引き分けた経験もあるベレスは、敗れたが5万ドルの報酬を得た。26勝(18KO)5敗1分。

 

アンダーカードにはカネロの代わりにゴロフキンと戦う話しがあった、ミドル級世界ランカーのゲイリー・オサリバン(アイルランド)が出場し、ベルリン・アブレウ(プエルトリコに3回終了KO勝ち。ファイトマネーはオサリバンが、2万ドル。アブレウが1万5千ドル。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります