IBF ゴロフキンvsデレイビャンチェンコ 「対戦義務付け!」 世界ミドル級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBFはミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)陣営からの要請を受け、同級1位セルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)との指名戦を一試合遅らせ、5月5日(日本時間6日)に開催されるゴロフキンと、バネス・マーティロスヤン(アルメニア)の試合をタイトル戦として承認することを決定。

 

 

ただし、ゴロフキンは5月の試合から90日以内、または8月3日(日本時間4日)までに、デレイビャンチェンコと戦うことに付いて、書面で同意しなければならないとされている。ゴロフキン陣営は例外を承認してもらうために2万ドルの手数料をIBFに支払った。

 

サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)擁するゴールデン・ボーイ・プロモーションは、9月のゴロフキン戦開催を主張しているが、デレイビャンチェンコのプロモーター、ルー・ディベラは、「ゴロフキンは王座を剥奪されることを望んでいない。きっとデレイビャンチェンコと戦うだろう。我々もそれを望んでいる」と、ゴロフキンとの対戦を待ち望んでいる。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります