比嘉大吾 「オーバーウェイト」 WBC世界フライ級王座剥奪! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

明日、横浜アリーナで行われるWBC世界フライ級タイトルマッチに出場する、WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾(白井・具志堅)選手がオーバーウェイトで計量失格。王座を剥奪された。最初の計量で900グラムオーバーした比嘉選手は2時間の猶予を与えられたが、再計量には現れず、具志堅用高会長がギブアップ宣言した。計量失敗での世界王座剥奪は日本人初。挑戦者のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)は、50.5キロでパスした。

 

 

明日の試合に付いてJBCの安河内 剛 事務局長は「明日朝に当日計量をして判断します。(リミット体重の)10ポンドか10%オーバーくらいまでは試合を行う予定でいます。ただフラフラの状態で試合行わせるわけにもいかないので、そこは体調も見て判断していきます」と話している。

 

明日の当日計量は午前8時に行われ、比嘉選手が上記の条件をクリアした場合は試合を開催。比嘉選手が勝っても王座は空位。ロサレスが勝った場合のみ、新王者となる。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります