クアドラスvsアローヨ 「スコアカード」 WBCスーパー・フライ級シルバー王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

HBOファイト・「スーパーフライ2」。WBCスーパー・フライ級シルバー王座決定10回戦。元WBC世界同級王者カルロス・クアドラス(メキシコ・帝拳)vsマックウィリアムス・アローヨ(プエルトリコ)。2月24日(日本時間25日)、米・カリフォルニア州イングルウッド、ザ・フォーラム。

 

 

クアドラスはゴロフキンを指導するアベル・サンチェスに師事し気分一新での再起戦。アローヨは2016年4月にローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に敗れて以来の試合となる。

 

 

試合開始。

 

 

パワーではクアドラスが上。アローヨは手数で対抗。

 

 

中盤までは好調を伺わせたクアドラスだったが、終盤戦は粘るアローヨに反撃を許した。

 

 

試合終了。判定はアローヨに。

 

 

公式スコアはフェルナンド・ビジャレアル(米)95-95、パット・ラッセル(米)98-92、トニー・クレブス(米)97-93の2-0でアローヨ。

 

 

WBC2位のクアドラスを破り上位進出が確実となったアローヨは、17勝(14KO)3敗。エストラーダ戦に続く連敗となる痛い黒星を喫したクアドラスは、36勝(27KO)3敗1分。今後の両選手の動向に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります