5/5 ローマン・ゴンサレス 再起戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の再起戦は、5月5日(日本時間6日)に米・ラスベガスで開催されるゴロフキンvsカネロ興行で行われる事を、プロモーターのトム・レフラーが確認。ロマゴンは明日、米・イングルウッドで開催されるHBOのスーパーフライ2の興行には行かず、来週来日し、帝拳プロモーションの本田明彦代表と会談を持つ。

 

 

気になるのは対戦相手だが、元WBA世界フライ級王者で、現在はWBA世界スーパーフライ級5位にランクされるエルナン・マルケス(メキシコ)が、早くからロマゴンとの対戦希望を伝えている。しかし、最近になって2016年12月にマルケスに勝ち、次の試合でルイス・コンセプシオン(パナマ)にも勝っている、IBF14位のイラン・ディアス(メキシコ)=14勝(6KO.)2敗2分=が、「私こそ対戦相手にふさわしい」とアピール。

 

ますは慎重なマッチメイクでロマゴンに自信を取り戻させたいとする陣営が、どんな対戦相手を選ぶのか。ロマゴンと本田代表の会談に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります