WBC1位ディアスJr vs 元王者テラサス 「結果」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

22日(日本時間23日)に米・カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリング・カジノで開催された、ゴールデン・ボーイ・プロモーション興行。メインカードに登場したWBC世界フェザー級1位ジョセフ・ディアスJr(米)=25戦全勝(13KO)=は、元WBC世界スーパーバンタム級王者ビクトル・テラサス(メキシコ)と対戦。初回からダウンを奪い、3回、左ボディ一発でKO勝ち。

 

 

楽勝したディアスJrはWBC世界同級王者ゲーリー・ラッセルJr(米)への挑戦を、「来月にだって出来る」とアピール。全く良い所なく敗れたテラサス(35歳)は、戦前、負ければ引退を公言しており、キャリアを閉じることになりそう。38勝(21KO)5敗2分。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります