ベルトランvsモーゼス 「結果」 WBO世界ライト級王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

16日(日本時間17日)、米・ネバダ州リノのグランド・シエラ・リゾート&カジノで開催されたWBO世界ライト級王座決定戦。同級1位レイ・ベルトラン(メキシコ)と、同級2位パウルス・モーゼス(ナミビア)の一戦は、ベルトランが12回判定勝ちで新王者。スコアは117-111、117-111、116-112の3-0。

 

 

好スタートを切ったのはベルトラン。しかし、元WBA王者モーゼスは中盤から反撃し好ファイトとなった。勝負所となった終盤戦。ベルトランは勝利への強い執念を見せ、モーゼスを突き放し念願の王座獲得を果たしたが、ポイント差以上の接戦。勝ったベルトランは、35勝(21KO)7敗1分1NC。敗れたモーゼスは、40勝(25KO)4敗。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります