BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

30日、横浜文化体育館で行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン 拳 四朗 (BMB)選手が、同級11位ヒルベルト・ペドロサ(パナマ)の挑戦を受けた一戦は、 拳 四朗選手が4回1分12秒TKO勝ちで2度目の防衛に成功。

 

 

自信満々で試合に臨んだ王者は第4ラウンド、右ストレートでチャンスを掴むと左右ボディで追い込み、右アッパーを炸裂させてダウンを奪い。立って来た挑戦者を一気に詰めて試合をストップ。素晴らしい勝利でV2を飾った。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります