BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦。同級4位尾川堅一(帝拳)vs同級5位テビン・ファーマー(米)。12月9日(日本時間10日)、米・ラスベガス、マンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ。

 

 

IBFアーロン・カイザー立会人(米)。

 

 

カットマンは多くの帝拳ジム選手をヘルプする、故ヘナロ・エルナンデスの兄ルーディー。

 

 

リングアナウンサーは、レイ・フローレス(米)。

 

 

1R。

 

 

2R。

 

 

3R。

 

 

4R。

 

 

5R。

 

 

6R。

 

 

7R。

 

 

8R。

 

 

9R。

 

 

10R。

 

 

11R。

 

 

試合終了。

 

 

一人のジャッジが自分を支持したのを聞いて、勝利を確信し狂喜するファーマー。

 

 

しかし、残る二人のジャッジは尾川選手を支持。

 

 

尾川選手が新王者に!。

 

 

公式スコアはマックス・デルーカ(米)115-113、バート・A・クレメンツ(米)116-112で尾川選手。ティム・チェイサム(米)は116-112でファーマーのスプリット。

 

 

米国リングでの世界王座獲得は、1981年のWBA世界スーパーウエルター級三原 正 (三迫)選手以来、36年ぶりの快挙。新王者となった尾川選手は、「人生最高の日になった。これで人生が変わる」と喜びを語った。今後の防衛ロードに期待!。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります