BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

30日に横浜文化体育館で開催される、井上尚弥(大橋)選手、 拳 四朗 (BMB)選手が出場するダブル世界戦興行の前日計量が、都内のホテルで行われた。WBO世界スーパーフライ級王座7度目の防衛戦となる井上選手はリミットの52・1キロでクリア。挑戦者ヨアン・ボワイヨ(仏)は51.6キロでパス。

 

 

WBO立会人はエドガルド・ロペス・サッソ(プエルトリコ)。

 

 

JBC羽生コミッションドクター。

 

 

WBC世界ライトフライ級王座2度目の防衛戦に挑む 拳 四朗選手は、48.6キロでパス。

 

 

挑戦者のヒルベルト・ペドロサ(パナマ)は、48.8キロ。

 

 

WBC立会人はメジャー・リー(韓国)。

 

 

東洋・太平洋フェザー級タイトルマッチ。チャンピオンの清水 聡 (大橋)選手と、挑戦者エドワード・マンシト(比)は共に57キロで計量をクリア。

 

 

54キロ契約10回戦。世界ランカーの井上拓真(大橋)選手は53.9キロ。元日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村)選手は53.6キロ。

 

 

63.5キロ契約8回戦。井上浩樹(大橋)選手は63.5キロ、キム・ドンヒ(韓国)は63.3キロでパス。

 

 

ダブル世界戦の模様はフジテレビ系列で、30日午後7時から生中継。FUJI BOXING 井上尚弥・拳四朗ダブル世界戦

 

両王者がどんな戦いを見せてくれるのか。大いに楽しみです!。

 

★ミニグローブ  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

        

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります