元CAの危機管理「ストレスと怒りの調理法」

元CAの危機管理「ストレスと怒りの調理法」

★職業:講師 ★専門:ストレスマネジメント アンガーマネジメント コミュニケーション危機管理 ★特徴:「あたま・こころ・からだ」をととのえる ★㈱コミュニケーション・デザイン結 代表

人と人を結ぶ
人と社会を結ぶ
あたま・こころ・からだを結ぶ

テーマ:

企業によっては

新入社員研修は2月から始まります。

数年前からご依頼を頂いている某企業様は

内容を全て一任してくださっています。

やり方や伝え方は他の講師の方々の研修とは

全く違う内容にさせて頂いています。

 

コミュニケーションを中心として

ビジネスマナーや仕事の進め方を含んだ

三日間の研修です。

今年は間に入り仲介してくださって機関の方が

アンケートを実施して

詳細なデータを取ってくださいました。

 

アンケートは私自身は取らない主義ですので

蚤の心臓の私は実は恐々と結果を開きました。

 

データ分析と受講生のコメントを読み

涙がハラハラとアンケートの上に落ちました。

コメントの言葉は表面的ではなく

私の方が感心し感動するような

胸を打つ言葉ばかりで

受講してくださった方々の顔が

一人一人浮かびました。

 

私がこだわっているのは

スキルの伝授ではなく

個々人の能力の向上です。

 

主体性・実行力・セルフマネジメントの向上。

気づき力・選択する力・決断する力・実行する力。

視点が増えて視野の拡大。

思考の柔軟性・行動の応用力。

調心・調息・調身(ストレスマネジメント)。

社会人基礎力の向上。

 

要は、

数人だけが活発に意見を出す研修ではなく

全員が自分から意欲的に言える

明るく楽しく実践的な新入社員研修です。

 

全員参加型・双方向性で

活発に意見交換する手法を取ると

今まで眠っていた才能や能力が

とても短い時間に芽をだし

ぐんぐん育っていく手ごたえがあります。

Photo by Phil

ただし

それは講師の私の思い込みもあるので

本当はどこまで伝わっているのか

分からない部分でもありました。

 

今回は中途採用の方が対象ですから

過去にも違う会社で研修を受けているようでした。

 

「目から鱗が落ちっぱなしの研修でした。」

「これまでのマナーやコミュニケーションとは違う

本質的で深い内容でした。」

「他の方との活発な意見交換ができて

自分の意識が変わった」

 

「わかりやすい」「理論的」「役に立つ」

「自信がついた」「もっと学びたかった」

これらの言葉は、講師の私には

プライスレスな報酬です。

Photo by Phil

アンケートの数字やコメントは

悪いときに落ち込む軟弱講師なので

見ない主義です。

アンケートはやりっぱなしのことが多く

数字ばかりを評価されるのも好きでは

ありませんでした。

 

ところが予想に反して

総合評価は93.7%の達成率と

研修の役立ち度は98.1%という数字は

想像以上の数字だったので驚きました。

 

今回ご依頼してくださった機関が

丁寧で詳細にまとめてくださり

コメント数は100以上あり

どれも文章が長く前向きで意欲を感じさせます。

 

最終日に時間のない中

ここまで書いてくださっていること自体感動します。

Photo by Phil

 

弊社は営業活動はしておりません。

仕事は100%口コミ紹介です。

 

もし、

仕事の進め方ややる気がアップする

そんな研修を受けてみたい個人の方

あるいは企業様がいらしたら

 

試しに私の研修内容で新人研修を

実施してみてはいただけないかなぁと

欲深いエゴが顔を出す

ごく普通の講師ですが

 

受講生の方々が

日に日に輝きを増す姿を見ることだけが

私の大きな喜びで、能力開発が

講師人生のミッションの一つです。

​​​​​​​Photo by Phil

 

一人で仕事をしています。

 

でも、たった一人で活動しているのではなく
知らない場所で

多くの方に応援して頂いていることも

アンケートを通して

しみじみと実感しました。

 

友人・知人・仕事の関係者の皆さま

そして私のセミナーを受講してくださっている皆さま。

本当にありがとうございます。

 

胸がいっぱいで

うまく書けませんが

これからもこのやり方で

もっともっと良い研修にできるよう

頑張ってまいります。

​​​​​​​Photo by Phil

 

ようやく心に春の光を感じます。

 

これといった理由がないのに

この半年メンタルダウンに苦しみました・・・

見えなくなっていた自分の走っている轍

自分の走りたい道の轍が

また浮き上がってきました。

 

 

 


テーマ:

この半年、いじめや憎しみや嫌悪に関する

ニュースや話題が多く胸が痛い方が多いのでは

ありませんか?

 

虐めの本質的な問題や

ハラスメントの原因を解決するとき

 

「友達が友人を虐めないようにするには」

「上司が部下にモラハラをしないようにするには」

「人の悪口を言わないようにするには」

という解決策を考えて、対処をします。

 

しかし、その解決策はうまく機能していません。

どうして解決しないのか。

 

それは、上記のように考えるとき

見つけ出した問題は本当の問題ではないからです。

今回秋田で問題発見・課題解決のセミナーを実施して

このことを新入社員の方々に伝えたところ

とても深い洞察を試みてくださり

私が長年やろうとしてきたことがようやく形になりました。

2019年のピンクシャツデーは2月27日(水)
まさに今日です。

 

数年前からこの運動に賛同して

協賛企業になって活動してきました。

今日の活動の告知が事前にできませんでした。

営業利益の目的ではないため

告知する人手が全くありませんでした。

 

皆さんにメールをBCCで送ることもできますが

メールアドレス入力の人手がありません。

 

私一人では日々の仕事に追われて

この活動ができても、告知ができませんでした。

私の想いに共感してきれた未来マネジメント勉強会のメンバーが

活動に協力してくれることとなりました。

 

よって今日から活動開始です。

二か月おきにピンクシャツ運動を展開していきます。

 

今日の夜はエルプラザの健康スタジオを借りています。

心と体はリンクしていますから、マインドフルネス

指ヨガ・そして、問題発見・解決のアプローチを

お伝えします。

 

予約はいりまませんので

ふらりと健康スタジオに遊びにいらしてください。

 

虐めも嫌悪も怒りも憎しみも

誰の心にも生まれるものです。

 

それを排除する方法は

まず、なぜそういう感情が私達の中に起きるかを

知ることから始まります。

次回は4月6日土曜日
午前中を予定しています。


テーマ:

ストレスMAXになりキレる人

増えてます・・・。

 

キレたら人生を失います。

 

もしよければ

ストレスと怒りの調理法

試してみませんか?

***************


レシピ1「ほっこり1分深呼吸」

~イライラに速攻効果がある時短レシピ~

 

材料 

イライラしている自分

時計

 

①ストレスを感じている場所から離れる。

②時計かタイマーで1分間セットするか

 体内時計で1分間やるぞ!と心に決める。

 

③息を口から全て吐き出す。

 肺の中にある空気を空っぽにする。

④次に4秒間 鼻から息を吸い込む。

 (1・2・3・4)と心の中で数を数える。

 

⑤次は8秒間息を口からゆっくり丁寧に吐きだす。

 (1・2・3・4・5・6・7・8)と心の中で数を数える。

⑥④から⑤を何回か繰り返す。

 

<出来上がり100点のイメージ>

心も気分もほっこほこです。

<レシピ初心者のイメージ>

このレシピはストレスのレベルに関わらず

誰にでも効果があります。

 

ストレスと怒りの調理法の基本レシピとなりますので

繰り返しレシピを実行しましょう。

 

このレシピをマスターすると

<いつかこうなります のイメージ>



*******************

生きてるって

楽しいことより悩むことの方が

ずっと多くあります。

 

振り返ると

私はイライラママでした。

 

仕事の忙しさと

育児と家事の忙しさで

毎日へとへとなのに

 

完璧主義なので

どちらも手を抜けず

 

そのイライラは

子どもにぶけたこともあるし

 

職場の同僚に優しくできないときもあり

お客様にイライラカチンときたこともあり

ストレスの悪いスパイラルの中にいました。

 

今思い出すと泣けてきます・・・。

 

職場でも家庭でも

頑張っている貴方や貴女へ

たくさんのレシピをお伝えします。

ストレスマネジメントと

アンガーマネジメントは

切り離して考えるべきではありません。

 

なぜなら

怒りはストレス反応だからです。

 

今日のレシピは

プチマインドフルネスです。

 

自律神経がととのいますし

オールマイティです。

 

初心者は

美しい音楽を聴きながら

ぜひやってみてください。

 

※Photo by Phil

 


テーマ:

セバストワ選手と大阪選手の試合に

世界中のテニスフアンが痺れました。

 

技術もさることながら

試合中の二人の修正力に

驚かされました。

 

ベストをつくしても

ミスをしてしまうし

ポイントが取れないこともあります。

がっかりするし

心が萎えてしまいます。

 

イライラするし

もやもやするでしょう。

 

自分自身に腹を立てて

怒りに似た感情に

何度も何度も支配されたはずです。

 

 

短い時間に

何度も何度も立て直す二人。

 

プロとアマのメンタルの差は

この「修正力」だと感じました。

 

瞬時に調整する能力は

一朝一夕に作れません。

 

修正力の影には

たくさんの失敗を経験して

 

くじけず諦めず

前に進む練習があってこそです。

 

 

試合結果は

大阪なおみ選手の勝利でした。

 

セバストワ選手の修正力は

大阪選手の修正力よりも上だったような

そんな気がしました。

 

ケガや病気に悩まされ

2013年5月に一旦は引退。

2015年に現役復帰し

今に至る彼女は

知っているのかもしれません。

 

静かに修正する力こそ

プロに必要な力であることを。


 

感情が高ぶったり

人の目を気にすると

静かに修正することはできません。
 

うまくいかないときは

ネガティブなエネルギーが

全身を支配します。

 

そのネガティブな感覚から

抜けるために

テニスラケットを

叩きつけたりしがちです。

 

しかし

その言動が

自分にマイナスの影響を

与えてしまうのも事実です。

 

 

技術を修正する前に

自分をコントロールして

エネルギーはそのままに

クールに調整することが

プロの凄さなのかも・・・。

 

未来が予測しにくい今。

この力こそ求められる力
かもしれません。

 

 

私も今静かに修正中です。

少しずつ、慌てずに

マイペースで。

 

大阪選手が

静かな修正力を手に入れたら

もう誰も勝てない気がします。

 

 

静かだけど

強いエネルギーのあるもの。
私の頭の中に浮かんだのは朗読。
 

天国へ召された市原悦子さん。

何度聴いても市原さんの声に

魅了されます。

 

 


テーマ:


全豪オープン

錦織選手の昨日の二回戦

本当に素晴らしかった。

 

会場の観客の多くは

5セット目のタイブレークのときには

明らかに錦織選手を

応援していたかのようでした。

 

大阪選手の

サービスエースはカッコよいので

たくさんの拍手があります。

 

しかし、身長2m11cmの

カロビッチ選手のサービスエースは

カッコよさより恐怖を感じさせました。

見ている私達には

大人が小学生相手に強いサーブを

容赦なく叩き込んでいるようで・・・。

フェアではないように見えてしまうのです。

 

身長が高いのは悪いことではありませんが

圧倒的な身体能力の差は

見ていて心地よくありません。

身体能力の差を技術で克服する姿は

感動します。

 

それよりも230キロのサーブにも

負けないメンタルが今日は際立っていました。

 

何かが以前の錦織選手と

違っているように見えました。

 

 

アンディ・マレー選手も

錦織の姿を見て引退を撤回して

手術するかも・・・・・。

 

ドン底を味わったからこそ

怖いものはものはない筈です。

 

日本のマスコミは

悲願のグランドスラム優勝という風に

勝ちあがる度に大騒ぎしますが

勝とうが負けようが関係ありません。

それより

人が苦しみから立ち直って

変容していく姿に意識を向けてほしいです。

 

引退した稀勢の里も錦織選手も

アスリートのくじけないで頑張る姿は

本当にかっこよくて美しいです。

 

前を向いて立ち直る物語は

やはりこの映画を思い出します。

 

心は辛い体験をした分。

大きな変容の可能性も与えてくれる。

 

PTGを知ったことで

私も心の苦しみのとらえ方が変わりました・・・。

 


 

 

 

 

 

 


テーマ:

※This photo is by Phil 

 

PTSDは誰もが知る言葉です。

心的外傷後ストレス障害です。

 

PTGは

今テレビで知りました。

心的外傷後成長というそうです。

 

 

テレビを見ながら

深く共感しています。

 

私にはPTSDがあります。

 

一つは仕事の関係で。

もう一つは

自分が育った家庭のことで。

 

PTSDがもたらすものは

いろいろありますが

私は苦しいのは罪悪感です。

 

私が100%の加害者ではないのに。

自分がその場にいただけなのに。

強い罪悪感が心の底に刻まれています。

 

その罪悪感は

自分は幸せになる権利がないという感覚を

いつも作り出します。

 

無意識の領域なので

かなりしつこくてなかなか消えません。

私の場合は

成功しそうになると

突然強い反発が心の底で起きてしまいます。

 

成功を阻むような感覚が

無意識の部分に作られてしまいます。

 

目の前にはプラスの条件や状況があり

幸せの方法がわかっています。

 

さらに手を伸ばせばすぐ幸せがとれるのに。

どうしても取れなくしてしまうのです。

 

まるで催眠術にかかったように

強いブレーキのような感覚に包まれて

全く動けなくなり苦しくて仕方なく

幸せの切符を投げ出してしまうのです。

そして

自分がうまくいかない状況や

虐げられたら不幸なの状況ほうが

ほっとして居心地が良いなんて・・・

説明しても信じがたいかもしれません。

 

でも私が常に感じるこの感覚は

PTSD体験者の中は

共感してくださる方が多いのです。

 

偶然見た今朝のテレビで

心的外傷後成長(PTG)

という言葉をたった今知り

救われた想いです。

逆境を通して、人間的に成長し、

深みを増す人たちを指す言葉ですが

辛いことが起きた直後なら

PTGは決して受け入れられない言葉です。

 

長い年月がたった今。

自分を振り返ることができる今。

 

この言葉が体に

沁みるように入ってきました。

 

PTSDはなくなるものではありません。

過去の事実は消えないからです。

乗り越えるものでもありません。

 

一方でPTSDのおかげで

今の自分があることも

今はもうわかっています。


苦しんできたからこそ

何回も何回も生まれ変われることができ

たくさんの気づきを

深い部分で何度も何度も受け取りました。

 

これがPTGだと思います。

12年前に講師に転職してから

学んだ自己啓発や読んだ本は

他の講師の方々の何倍もあります。

 

多くの人からなぜそれほど学ぶのかと

何度も何度も問われました。

 

私にはもっと学び

もっと気づくことが必要だと

体の深い部分で感じてやめることができません。

 

自分のブランディングをしましょう

と促され、本を書くチャンスを

何度も何度も頂きました。

 

ところが書くことができるのに

書くことが許されないような罪悪感は

人に説明できませんでした。

 

個人向けのセミナーをあえて勉強会とする理由も

腑に落ちました。

PTSDに必要なのは

自分も躊躇なく辛い体験を語り

相手も躊躇なく自分の辛さを語り

 

それを自然に受け入れ

自分も相手も認め合い

起きた事実や自分が感じた真実を

そのまま許した瞬間です。

 

未来マネジメント勉強会は

まさにそういう人たちが月に一回交流する場であり

教えを強いることはなくテーマを話し合うだけです。

 

自分が癒されるために

やっていたことをようやく気付きました。

PTGは誰でも持てるものではありません。

誰もがPTSDを体験する必要もありません。

 

PTGの体験を持っていることが

レアならばそれを伝えたい。

 

何千回何万回と

立ち直るためのプロセスがPTGで

そのプロセスに必要なものを

私は誰よりもたくさん取り入れてきました。

 

そして

そのプロセスを体験しながら

自分は変わり続け

今も未来も変わることを止められません。

 

私はいつまでも変容することができる

能力があるのだと思います。

 

自分のやるべきことが

ようやく具体的になりました。

 

・成功してはいけない

・幸せになってはいけない

という歪んだブレーキを変えることができそうです。

 

成功ではなく

・やるべきことがわかること。

幸せではなく

・やってみたくなることと出会うこと。

 

そこに向かうための

PTGという名前のついた船が今現れ

目の前の景色が広がっていくような気分です。

 

NHKの番組のおかげで
体と心が今動き始めました!

 

ありがとう!

「あさイチ」さんのスタッフの皆さま。

 

 

大好きな根津さんの歌を

皆さまに。

 

秋から踏み続けていた

自分のブレーキもようやく

足を離すことができそうです。

 


テーマ:

私が気になる素敵な男性の話をします。

※Photo by Phil

 

私の中のイメージは

この写真のようなイメージです。

 

太陽じゃなく「月」

しかもセンスの良い艶のある月です。

 

とにかくSEXYで素敵な男性。

 

生々しい男性の色気ではなく

知的で品のあるSEXYさに

女性は皆魅了されます。

 

とにかく話が面白くおしゃれ。

センス抜群。

 

いくら話しても飽きることがなく

5分に1回は笑ってしまいます。

人間の魅力は内側にあるのだと

つくづく感じさせる

この素敵な男性の年齢は今86歳。

 

内側からにじみ出る魅力に

女性は皆ぞっこん。

 

周りはいつも女性が群がり

残念ですが私も独占はできません。

 

そんなモテモテ男性の名前は

楢部一視(ならべかずし)先生です。

日本文化や芸術を教えてくださる

札幌在住の超素敵な先生です。

 

東京で生まれ育った江戸っ子ですが

生い立ちもとにかくかっこ良いのです。

 

「子どもの頃来日した

チャップリンにだっこしてもらったそうです。

写真はありますが、記憶はありませんねぇ。

あははははは。」

 

お父様は超有名な船舶会社の船長さん。

お父様の親友はチャップリンの日本人秘書。

 

なるほど、それなら納得です。

楢部先生は中学生のときに

大人の映画サークルに入会。

 

主宰者はサヨナラ・サヨナラのあの有名な方。

その方に人生をどう生きるかを

教えてもらったそうです。

 

楢部先生の親友も有名な方。

少し前にお亡くなりになりましたが

文化人として知らない方は誰もいません。

 

大学まで一緒だったそうですが

高校時代に「一流を体験するぞ!」と

二人でアルバイトに精をだし

ありとあらゆる一流芸術を体験。

 

バイト代を全てつぎ込んで

外国まで一流を見に行ったそうです。

 

しかも

アルバイト先が驚く場所。

聞けば絶句の

「ストリップ劇場」です。

 

そこで

親友の方とストリップの前座の

コントの台本を書いて

バイト代を稼いだのだとか。

 

高校生でコントの台本を書く

というのも、ありえない凄さ。

 

そのコントをやっていた方は

日本を代表する俳優さん。

私は楢部先生を師匠と仰ぎ

文楽、歌舞伎、朗読、自分史、陶芸など

様々なことを教えて頂いています。

 

あまりにも魅力的な方なので

過去に「チャップリンを召し上がれ」と

「藤沢周平を酔読する会」などのイベントを

開催したので、ご記憶の方も

いらっしゃるかもしれません。

 

先生は一休というペンネームもお持ちなので

以下は一休と私(桜妙)の昨年秋の電話での会話です。

 

桜妙「先生また面白いことやりましょうよ~!えへへ(*^-^*)」

一休「いいねぇ。こんなのどうかな

   無名塾に対抗して『無窓塾。』なんてどう?」

 

桜妙「いいかも!心の窓を無くすっていう意味ですね。(*^。^*)」

一休「その通り!僕が心の窓を開けます。

   さらに2020年の12月までの期間限定開催! 」

 

桜妙「なんかいいかも~。レア感もありますね、

   先生のありとあらゆる知識とセンスを吸収し

   私たちも心の窓をあけて文化を愉しむ会!(@◇@)♪」

一休「その通り!僕達の漫才もいれましょうか。うしし。」

 

桜妙「ぶっ・・・漫才。「チャップリンを召し上がれ」のときは

   やりとりは夫婦漫才風だったかもしれませんね。

   そう言えば過去のイベントは全て

   超楽しかったですね!!( ^)o(^ )」

一休「そう楽しく伝えて、僕の人生の締めくくりにするよ。」

 

桜妙「締めくくり!?何言ってるんですか 

    先生は120歳まで生きるんですから

    締めくくりは早いです!( `ー´)ノ」

 

一休「聞いてくれるかな。

   2020年の12月の最後の無窓塾は

   僕の生前葬にしたいんだ。

   明るく楽しく伝えたいことを多くの人に伝える。

   無窓塾が僕の人生の締めくくりにふさわしい・・・。」

 

私の魂はぎゅっと掴まれ・・・

涙がどんどん溢れてしまい

 

電話での会話は

もはや続けることはできませんでした・・・。

 

人生には限りがあります。

 

先生にも

私にも

あなたにも。

 

人生は何年生きるより

どう生きるかが重要なのだと

私は感じます。

 

無窓塾の第一回目は1月17日

松竹の映画映画プロデューサーだった

楢部先生の映画界の裏話を

皆で車座になって楽しく伺う会です。

 

まずは少人数からスタートします。

先生のご希望で

誰でも参加できる金額にして欲しいとことでした。

 

無窓塾の参加費は

1時間半で1000円。

映画を見るときは

3時間のセミナーになり2000円。

 

会場費やチラシ代のみを頂きます。

 

先生のお話を伺わないままの人生と

先生のお話を伺い人生の意味を知っていきるのと

どちらが良いかは決めるのは

私でも先生でもありません。

 

お時間の合う方が多分

私たちとご縁のある方。

赤い糸なのか何色の糸かは

わかりませんが、ぜひ遊びにいらっしゃいませんか?

無窓塾第1回「映画をおいしく召し上がれ」

1月17日(木)18:30-20:00(開場18:20)

場所:札幌エルプラザ3階多目的室

内容:映画界の裏話をこっそり伝えます。

参加費:1000円 人数:15名(先着順)

申し込みお問い合わせははメールで。

inokatsu1101@gmail.com 井上勝見まで

 

無窓塾第2回「新春は寅さんを召し上がれ」

1月19日(土)13:30-16:30(開場13:20)

場所:札幌エルプラザ 音楽スタジオ2

内容:映画解説と「男はつらいよ」の映画を視聴します。

(映画は時間の関係から一部削っています。)

参加費2000円 人数25名(先着順)

申し込みお問い合わせはメールで。

inokatsu1101@gmail.com 井上勝見まで

 

 

昨年ブレークしたSIRUP

showmore の惇志君は

SIRUPのサポートでピアノ弾いているらしく

 

年末のshowmorenoワンマンライブでも

ゲスト参加していました。

 

そのときにSIRUP+showmore根津まなみさんが

作った曲「now」が本当に素晴らしかった!

 

2人の声がすっごく合うし

痺れました。

 

早くリリースされないかなぁ・・・・。

 

ということで

人の縁はループなので

今日の音楽はLOOPにしました。

 

 


テーマ:

昨日から首が激痛。

全く動けなくなりました。


心身一如。

心と体は一つです。

 

昨日息子が帰り、寂しいと感じた瞬間。

突然激しい首の痛みで動けなくなりました。

 

何が起きたの、ワタシ?

秋からメンタルの調子がよくなくて

年末体調も崩し掃除と膨大な家事。

 

いろいろなことに追い込まれ

昨年暮れから崖っぷちな気分でした。

 

さらに新年の準備で、ストレスが限界を超え。

心も体も疲労のピークを越え

 

元旦は絶望の中でスタート。

イライラしてトゲトゲしていました。

初詣の御神籤も

当然よくありませんでした。

 

具体的な何かが

外的要因であったのではありません。

誰かに

何かを言われたわけでもありません。

原因は秋から生まれたある感覚です。

 

それは

私はもうダメかもしれない・・・。

 

という突然心に感じた感覚です。

 

得たいの知れない恐怖感と不安感に

ここ数か月呑み込まれ続けました。

私は、何があっても

自分に限界や絶望を感じたことは

今まで一度もありません。

 

だからこそ怖かった。

 

自分にしかわからない

深い部分の心の葛藤に苦しみました。

 

とにかく元気がでなくて

ストレスから離れなければと

コミュニケーションから逃げました。

 

お正月は何もせず休み

息子が東京に帰ってから

年賀状を書こうと思っていた矢先。

 

原因不明の首の激しい痛みで動けず。

せっかく立ち直りかけていたのに

どん底に戻ったようで

心が完全に動けなくなりました。

 

静かに自分と向きあうしかない・・・。

動かない首を受け入れ

自分をゆるしました。

 

体が私に何かを訴えているのだ・・・・

心の本音に耳を素直に傾けよう・・・

 

そう考えなおし、

ネガティブを全て受け入れ

自分をゆるして

 

大好きな曲をかけて

 

何度も一つの言葉を

心の中で唱えたら・・・

 

嘘のように首の痛みが・・・

全くなくなりました。

あんなに痛かったのに!!!

わずか10分の出来事

2019年の初不思議です。

 

さぁ・・人生をやり直そう。

さぁ・・自分の人生を取り戻そう。

苦しくても諦めない

ファイトソングような生き方が

やっぱり私らしいのです。

 

ネガティブの崖っぷちから

今一歩ずつ

ゆっくり這い上がっています。

 

一つの音楽に励まされ・・・。

一つの言葉に支えられながら・・・。

希望という美しい花が

私の中でやっと開きかけてきました。

今年もよろしくお願いします。


 

 


テーマ:

今年もお世話になりました。

今年の締めくくりは

 

 

清き川のような家

清き水のような心。

 

気分いいでしょうね。

そんな状態の家と心。

 

今日は大掃除です。

新年を迎えるために先に

 

 

伊勢神宮にいきました。

 

家も心も濁りなく調えよう。

今朝起きて感じたこと。

 

目標は五十鈴川。

濁りもない透明で美しい川がお手本です。

家も心もすぐ淀みます。

欲望や願いが淀ませす。

あれが欲しい

これが欲しい

あぁなりたい

こうなりたい

 

そういう想いは当然誰にでもあり

キリがないほど心の底から

次々と湧いてきますが

その元の欲望は殆ど自分勝手なエゴです。

 

エゴが力強く生む願望が

心も家も汚します。

 

他人を踏みつけて一人だけ勝ち残りたい!

誰かを不幸にして自分だけ幸せになりたい!

そういう想いから望むとき

湧き出る願いは濁っている

・・・の・・・かも。

 

そんなことを自分に対して

最近感じたことがありました。

 

だからこそ伊勢神宮で

人生をサラサラにして

わくわく楽しくシンプルに生きる。

と宣言してきました。

透明にサラサラ流れる

伊勢神宮の脇を流れる五十鈴川。

 

私のお手本は五十鈴川のように

生きること。

魚が住めるくらい澄んでいるイメージ。

 

まずはそのために

心の大掃除も年末にしなければ。

 

もちろん家の掃除も。

本と種類を一気に手放します。

やるぞー!

 

かわいい掃除の歌をみつけました。

BYE BYE ”MESS"

 

 

 

 


テーマ:

クリスマスの伊勢神宮。

すごい人でした。

外宮のある場所で階段を降りると

階段をあがる人が名前を呼ぶので

びっくり。

 

えーー!!!!妙さん???

えーー!!!!〇〇さん???

思わずハグをしてしまいました。

つい3日前まで

PCMトレーニングで一緒でしたが

トレーニング中には

伊勢神宮の話は一切していません。

 

あんな広い場所で

あんなに凄い人がいたのに。

 

同じ時間に同じ場所で

バッタリ会う不思議。

しかも伊勢神宮の中でも

知る人ぞ知るマル秘のパワースポット。

 

 

クリスマスのシンクロ。

恐るべし!

人の縁は不思議です。

 

会うはずの予定もない場所で

自分の名前を呼ばれるって・・・・。

とても感動でした。

 

昨年のスタジオライブの画像がUPになりました。

フアンの方を招待したクローズドライブ。

数時間前にUPされたばかりです。

メリークリスマス。
大切な方の名前を呼んであげてください。