元CAの危機管理「ストレスと怒りの調理法」

元CAの危機管理「ストレスと怒りの調理法」

★職業:講師 ★専門:ストレスマネジメント アンガーマネジメント コミュニケーション危機管理 ★特徴:「あたま・こころ・からだ」をととのえる ★㈱コミュニケーション・デザイン結 代表

人と人を結ぶ
人と社会を結ぶ
あたま・こころ・からだを結ぶ

悲しい事件が起きました。

 

トゲ
見ず知らずの人が

他人の命を奪う権利などありません。

 

犯人は

人の命を奪いたくなるほど

追い詰められていたことだけわかりますが・・・

同じことが起きることを
避けなければ・・・。


私のできることは

ストレスについてBLOGを書くことだけ・・・。

 

自分の世界にあてはめて
考えることだけしかできません。
DID

色々なストレスから

三毒の箱に閉じこもり

自分の思考の中だけで

もがき続け

 

誰もが出口の見えない闇に

ひきずりこまれることを
書いてきました。

 

誰でも

そうなります・・・。

 

だから今回の事件も

決して他人事ではありません・・・。


人は殺さなくても

自分のストレスを他人に吐き出したり

自分の不快感を他人のせいにすることは

誰でもあることです。


数2

例え何があったも

どんなに苦しいことがあり

誰かに傷つけられたと感じても


未来を自分の力で創ろう

それが未来マネジメント勉強会や

東京リスクマネジメント勉強会の目的です。

 

しかし
そんな勉強会をやっていても

私も簡単に人のせいにします。

そして
それは防衛本能が働くからだとも

今は理解しています。

人は自分を守るために

嘘もつくし、人のせいにもするのです。

 

自分の行動に間違いがないと
人は100%信じています。
笑顔1

以前こんなことがありました。
 

機内販売でお客様のリクエストをメモに取り、

最後に確認もしてから

その商品を持っていったことがありました。

 

でも、注文した商品をお持ちすると

「これは頼んだものとは違う」というのです。

 

私は聞き間違いをしないよう

メモを取って確認していました。

そこにはもう一人のCAもいて

彼女も同様にメモを取っていました。


しかし

お客様はそんなものは
頼んでいないの一点張り。

「お前たちの聞き間違いだ!」

と怒鳴るです。

そこで

機内販売のパンフレットをお見せして

再度確認したところ、

お客様が商品名とブランドを

勘違いされていたことがわかりました。

 

幸い商品は準備できましたが

パンフレットで確認するまで

怒鳴られ続けました。

聴き間違いはしていないのに・・・。


その場に関係のない話まで持ち出し

延々と毒を吐くように

お客様の中から何かが出てきている。

そんな感じがしました。

 

「この間カウンターでこういうことがあった。

全く教育がなってない!」というので

詳細にお話を伺うと

その路線は私の会社の路線ではありません。

 

他の航空会社との出来事も

お客様の記憶の中では

混乱しながら覚えているのです。

 

ストレスで混乱して
そう記憶されているんだ・・・。

そう理解するしかありません。

神様

立場が明確なので

逆キレをして私達が怒鳴り返す

ということはありませんから

必死に状況を想像し

 

このお客様は

色々大変なのかもしれない・・・。

 

最終的にそう考えるように

癖づけされていきました。

感情を抜いて論理的に考えると

自分もそういうときがあると気づき

自分の不快な感情は消えていきました。

 

人は皆

誰でもそうなる!


これがCAという仕事を通して

学んだことです。

こんな風に
機内でいろいろな体験をしたのに


講師になってから

私自身が何度もコミュニケーショントラブルを

体験しました。

コーチングやNLP心理学を
既に学んでいたのにです。

CAとお客様のような

立場や関係性が明確ではないとき

 

ムクムクと自分の考えを主張しがちです。

そしていつも自分は正しいと考えてしまいます。

 

コミュニケーション不全が起きたとき

口とは裏腹に心の底では

そう考える自分がいることに気づきました。

 

そして

結局原因を他の誰かにせいにしたがる自分を

何度も自覚し認識してきました・・・。

 

そういう自分を認識するのが

がっかりですが

それが人間だと諦めました・・・。
万華鏡
三毒や箱の法則を知り
三毒に呑み込まれるのは当たり前
自分のエゴの箱に入るのも当たり前

 

でも
自分の力で抜け出さないと

自分の未来を切り拓けません。


世の中の出来事は
悪いお手本として捉えた方が賢明です。

どうやったら
思い込みの箱から抜けるのか
何をしたら三毒に呑み込まれないか

私も三毒に苦しみ
自己欺瞞の箱の中でもがきながら

 

諦めないで

解決策を探したいです。

だって
たった一回の人生なのですから・・・。

 

 

林先生のグサッとアカデミアという番組を
昨日少しだけ視聴しました。

本当にグサッときて
これは私にも当てはまる!と
かなりショックでした。

詳細は書きませんが
私の代わりに林先生から辛辣なコメントを
もらっていたタレントさんに感謝です。

人生が残り少なくても

最後の最後まで
私は未来を諦めたくありませんから

私の悪しき習慣と悪しき癖と向き合い

修正していこうと思います。

 

結

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

人はストレスに

うまく対応できなくなると

言動が否定的になります。

まず最初に選ぶ言葉は

皮肉や嫌味や否定が

とても多くなります。

 

無自覚に無意識に

それを言ったり書いたりします.。

 

皮肉や嫌味は

相手にも不快感を与えますから

 

親しい関係では

「なんでそんなこと言うの?」

と指摘されます。

 

そのときに

「え?言葉どうりの意味だけど・・・」

という具合に

自分の言葉の意味の正当性を主張し

自分の心の闇をごまかしたりします。

皮肉や嫌味は逃げ道のある
巧妙なコミュニケーションスキルですが
使う目的は歪んでいますから
健全なコミュニケーションは作れません。

これは英語で説明したほうが

わかりやすいです。

 

映画を見ていて気付いたので

ネットで調べました。

ネットで見つけたページ

「英語の意味に裏がある」

貼り付けておきます。

 

thank you for your help 
(手伝ってくれてありがとう)
→ 手伝い不要、余計なお世話ですので

 

thank you very much 
(本当にありがとう)
→ 何てことをしてくれてるんですか…

 

thanks a lot 
(本当にありがとう)
→ 何やらかしてくれてんすか

 

thank you for making my life just perfect

 (わが人生をまさに完璧なものにしてくれてありがとう)
→最悪だ!台無しだよ台無し!

 

 

青い文字は本来の意味ですが

赤い文字は人の心の裏側の意味です。

映画では赤い文字の意味で
不快な表情で、Thank you と嫌味を言っていました。

 

人は何を言うかではなく

どのように言うかで

相手にどう伝わるかが決まります。


Thank you を不快感たっぷりに言うだけで
意味は逆転します。

 

 

Thank youという

肯定的な言葉でさえも

人を傷つける言葉の剣になるのです。

も同様です。

嫌い!という言葉も

優しい声のトーンで愛情たっぷりに

き・ら・い♪(#∪。∪#)

と言えば全く逆の意味で伝わります。


 

覚えておいてください。

 

あなたが言う皮肉や嫌味の言葉は

他者は攻撃だと見なします。

攻撃されて気分が良い人はなどいません。

自分のことを攻撃してくる人のことを

「好き」とか「一緒にいたい」「仲良くしたい」

と感じる人などいません。

 

あなたがタレントでテレビで話すなら別ですが

あなたが会社や家庭で皮肉や嫌味をいうとき

あなたの皮肉や嫌味は

あなたの想像以上の破壊力で

周囲の人を傷つけます。

ストレス発散で言った

些細な皮肉や嫌味は

大切な人間関係を一瞬で壊します。

 

人前だと言い方に注意する人も

書き言葉だと簡単に皮肉や嫌味を

書く人がいます。

 

巧妙に書いても

どんなに胡麻化しても

FBやSNSやLINEで

人は前後の文脈から

嫌味や皮肉で書いていることを

きちんと読み取ります。

 

そして

文字の嫌味や皮肉が最悪なのは

何度も何度も読めるので

読み手は何度も不快感を

体験します。
 

文字による皮肉や嫌味は

人間関係の修復を
難しくさせます。

 

さらに

書き言葉の場合は

読み手の心の状態により

真逆の意味に受け取る場合も

多々ありますし

 

ストレス状態の人は

不健全な解釈をしがちですから

あなたの些細な皮肉や嫌味は

言葉の暴力とみなされます。

 

さきほどの英語の言葉

thank you for your help 

と本当に感謝して
(手伝ってくれてありがとう)

という意味で書いているのに

 

ストレス状態で人を信用できない人が

その言葉を読むとき
「手伝い不要、余計なお世話です」

って言ってるに違いないと

不健全な解釈をします。
 

さて、

私は皮肉や嫌味なんか言わない!

と思っている人も

あなたはやっているかもしれません。

 

それは

自己憐憫(じこれんびん)や

自己卑下(じこひげ)の言葉です。

 

 

明日は

自己憐憫や自己卑下の言葉について。

つ・づ・く

 

 

 

ラジオ mind trip
で紹介されていたポーランドの音楽です。

日本語に聞こえる歌詞の部分があり

ちょっと妄想中・・・

 

三毒には

人は誰でも呑み込まれ

どこでも、いつでも体験する

私は、そう考えています。

 

三毒に呑み込まれると

ネガティブな言動につながるので

多くの人が必死に排除しようとして

出来なくて苦しみます。

 

ここで考えてみませんか?

 

なぜ

私達は執着・怒り・愚痴に

こんなに苦しむのに

進化の過程で排除せず

それを維持し続けるのか。

 

それは

執着も怒りも愚痴も

私達に必要な

防衛本能が創る産物だから。

では、ないでしょうか?

 

安全安心のために

人は危険を回避します。

いわゆるリスクヘッジをします。

 

でも回避できず

安全安心を感じない状態のときは

 

防衛本能が作動して

敵に対して恐怖・脅威を抱き

それを排除しようとします。

恐怖を排除するためには

エネルギーが必要ですが

怒るという身体反応は

交感神経優位になります。

戦いやすい状態か

早く逃げられるように

エネルギーチャージしますから

人はおこりっぽのです。

 

ウォルターBキャノンは

動物の恐怖への反応して
戦うか逃げるか反応(FF反応)が

あることを1929年に発表しました。

FF反応はストレス反応ですが

同様に三毒の貪瞋痴はストレス反応を

感情に伴う具体的な人間の行動を

指摘していると思えます。

 

 

三毒がストレス反応で

認知からストレスを感じて

三毒が起きるとしても

 

人の智慧と知識を意識すれば

三毒という不必要な

ストレス反応を修正できます。

なんたって

人は主観と客観を

使い分けることでできる

素晴らしい脳みそを持っていますから。

 

ただし練習が必要!

 

これを未来マネジメント勉強会では

やっていますが

そういう私も・・・・

一瞬で三毒に飲みこまれます。

 

三毒はなくせない・・・です。

 

でも、

三毒状態からは抜け出しやすくなり

陰口・言い訳・悪口・愚痴を言うよりも

解決するための即行動を選択します。

 

行動は冷静かというとそうでもなく

やっぱり感情的になりますから

自分も傷つくことが多いです。

執着を逆手にとり、

解決することを諦めません。

執着する項目を変えています。

 

だって

大切な人間関係なら

諦めるわけにはいかない。

 

そして、

大切な人間関係を諦めないことは

自分を諦めないことなんだって

最近気が付きました。

 

かくいう私も

感情が高ぶると愚痴ります。

 

愚痴だとわかっていても

言いたい自分を

受け入れて、認めて、許します。

 

でも、三毒は習慣としては

好ましくないので

悪しきストレス反応である

三毒習慣と日々戦っています。

 

自分の弱さに屈服することも多いです。

でも

くっそー!負けないぞ!!

 

って自分と戦う自分に

結構酔ってます・・・・とほほ。

自分に酔うなんて

超恥ずかしいですが
これが今の正直な私です。

 

 

今朝のNHK朝ドラ「なつぞら」は

考え方の違いを話すシーンがありました。

 

ドラマでは

考え方や仕事の進め方に悩みますが

 

それ自体には執着せず

アニメーションを作成するという

ゴール(目的)を共有し、

協力しようとしていました。

 

実際は、価値観が違うと

会議では意見は平行線で交わらず
 

その結果、やたら感情的になり

興奮していき恨みや憎しみ状態になり

飲み会で悪口を言うか

じっと我慢してネガティブな想いを

膨らませます。


人はどのようなときに

執着・怒り・愚痴が生まれるかというと

 

一言で言えば認知が

同じではなく違うときです。

 

認知が同じときには

深い安全・安心を感じます。

違うとき

不安・恐怖を感じ

三毒まで展開していきやすいです。

 

認知とは何かというと

ある対象を知覚した上で、

それが何であるかを

判断したり解釈したりする過程です。

 

同じものを見ても

認知は皆違います。

 

当然

判断と解釈も違うのです。

 

判断と解釈は

過去の体験・経験・知識で

感情や感覚を伴い記憶されます。

 

例えば

私はイクラを見ると気持ちが萎えます。

イクラが苦手で食べられません。

 

道産子なのにイクラが一番嫌いだと認知して

食欲が減退し、ブルーな気分になります。

 

子どもの頃友人の家で

イクラ丼が提供されました。

イクラ丼はイクラしか載っていませんから

当然食べられません。

そのときは怒りではなく

申し訳ないという悲しみを覚えました。

 

ある日違う友人が

私の偏食をなくそうと

イクラのおにぎりを

嘘をついて食べさせました。

食べた瞬間

生臭さを感じて

吐き気がしましたが、呑み込みました。

 

こときに感じた感情は怒りです。

これは「イクラ」に対する認知の話ですが

 

ある言葉に対する認知も皆違います。

皆違う意味で理解し感じる
感情や感覚が違う

 

例えば

 

「大丈夫だよ」と善意で声をかけても

「大丈夫」という言葉に対する認知は

皆違います。

 

『あー嬉しい』とか『あー安心する』と

100%の人が

そう認知するわけではありません。

 

言葉への多種多用な理解や

色々な意味で捉えるという概念がないと

 

大丈夫という言葉に

不快な感覚を覚える人もいることを

想定しないで気軽に言ってしまいます。

 

すると

『よく知りもしないのに、大丈夫なんて無責任!』

と感じ不快な人は

逆に大丈夫ではなくなります。

このように認知が違うとき

自分と相手の反応が違い、行動が違います。

使う言葉も違います。

 

しかし

冷静に分析る前に

感覚や感情が先に再現されます。


なぜなら

わずか0.2秒で認知と児童反動で
感情が生まれるからです。
 

認知が違うことで不快感を覚えると

冷静に分析できなくなります。

 

不快感は

過去の体験・経験・知識が創りだしていますが

不快な感情も再現させます。

 

こんな風に人は簡単に

三毒にペロリンと呑みこまれます。

三毒状態のときは

 

自分の認知に執着していて

自分の体験・経験・知識に執着し

一方的に判断し、意味づけをします。

そして

自分の認知から生まれた怒りで

人を攻撃したり、疑ったり、恨んだりイライラします。

 

このとき、怒りを感じてなくても

強い悲しみも怒りと同じです。

私達は自分のネガティブな感情を

愚痴として吐き出します。

 

愚痴は誰かがに話しても

簡単には止まらず

 

話す度に感情をまた体験し

どんどんネガティブになりがちです。

感情は科学的にはよく分かっていなくて

線引きは曖昧なのです。

 

そもそも

心理学者と神経学者の間では

感情を違う視点で研究しています。

 

生体反応では

恐怖と恋愛の興奮は同じです。

どちらも交感神経優位で

心拍数があがります。

 

だから

「つりばし効果」が起きるのです。

※つりばし効果は

ご自分で検索してください。

 

これはこうだ!

と決めつけるときは

すでに三毒の呑み込まれています。

 

三毒状態での思考や行動は

良い結果につながりません。

 

朝ドラでは

考え方は歩みよれないと

きっぱり言っていました。

 

でも

ゴールが明確ならば

認知の違いに執着せず

前に進むべき・・・だという
そんな展開でした。
 

朝ドラ

学ぶことが多いです。

 

TVでまたこのCMが流れるようになりました

誰でも三毒に呑み込まれます。

 

そのことを

嘆いたり、諦めたり、居直っても

心の平安は訪れません。

三毒に呑み込まれたら

緊急脱出プログラムの手順で

心の平安状態を作ります。

 

それは

小玉さんが生み出した

まなゆい(愛結)メッソド

ハワイのホオポノポノ

合体ワークが効果があります。

 

合体させてやっているなんて言ったら

怒られそうですが・・・

三毒に関していうと

根本的な原因や今解決すべき問題は

 

問題は、外にはなく
本当の原因は、

あなたの内にある。

 

自分の中の

認知と反応から生まれる

ネガティブな感覚が原因。

 

これは過去の体験・経験や

知識や情報を基に

自分の中に作られた

リスクマネジメントの

プログラムのようなもの。

 

認知と反応の仕組みを利用し

肯定的な言葉を

見聞きしたときに起きる

自動反応を利用して

よい感覚を作る。

「三毒」も、言い換えると

 

箱に入っているとか

アウトサイド→インサイド

色々な表現方法で指摘されています。

 

自己啓発でも心理学や宗教・哲学も

言ってることは皆同じで

その状態は抜けだす必要があることです。

 

三毒状態のとき、観察すると

状態は超ネガティブです。

 

妬み・恨み・愚痴・怒り・嫉妬・悲しみ

色々なものがごちゃまぜになり

悪い考えや不快な感情が

どんどん展開して膨らみ続けます。

 

状態が不快なので

辛くて苦しくて

閉鎖的になり視野も狭くなります。

 

このとき

他人に対して毒を吐き出す人

自分に対して毒を出し続ける人

この二つのどちかかで

毒から逃れようとしてしまいます。

 

これは誤ったマネジメント法であり

逆に自分も他人も傷つけてしまい

どんどん状況が悪い方向へ向かいます。

 

 

結果

他人や社会に悪影響を

及ぼすのです。

 

心の中で起きた戦争ですから

自分の中で講和条約を結び

平和な状態を作ればよいのです。

 

手っ取り早い三毒脱出法や毒消しは

「まなゆい」や「ホオポノポノ」が有効です。

 

どこにでもある簡単に手にはいる

「THE 言葉の力」が効果があるのです。

 

まなゆいのプロセス

「受け入れ・認め・許し・愛します」

これらの言葉を使い

自分のネガティブな言動を

言葉で理解して、否定せず受け入れる。

 

ホオポノポノ:

「ごめんなさい・許してください・ありがとう・愛しています」

これらの言葉を状況に合わせて言語化します。

昨日の私は

これらの言葉の助けを借りて

 

ネガティブな自分を受け入れ

ネガティブな自分を認め(認知し)

ネガティブな自分を許し

そんなネガティブな状態の私を

私は愛しています。
(愛するという言葉は日本人には照れ臭いので

私は大丈夫を使っています。)

 

を実践しました。

 

要は自己肯定感をあげるために

絶対的な自己承認ワークをやり

感覚のリフレーミングを実施したのです。

 

思うだけではだめ。

実際に文字や言葉で言うのがワークです。

 

実際に書くと

文字は視覚から脳に伝わり

 

声にだすと

言葉の音は聴覚から脳に伝わり

脳の認知と反応が即かわります。

私は

具体的に紙に書いたり

ぶつぶつ言っています。

これが案外大事なのですが

やる場所によって効果は違います。

 

私は外なら神社。

家なら仏壇の前。

 

仏壇の前は特別な場所で

素直になれる場所です。

 

こういう場所の設定は重要です!!

 

ご先祖様は「同調」しません。

「共感」もしてくれません。

 

でも、なんか見守ってくれて

いるような気分になりませんか?

(錯覚ですが、この際いいじゃないですか・・・)

 

昨日は

「お母さん、私って本当にバカ

講師なのに怒ったり、ネガティブにもなる

私も三毒にすぐ呑み込まれる。

 

どうしたらいいかなんて

心理学や自己啓発や宗教でも

簡単には解決できないよ!

 

無力だな私って・・・

と自己憐憫する自分も嫌。

 

あー、支離滅裂。

 

お母さーーん。ごめんなさい。」

意味なく、謝っていました。

 

母の遺影は無言です。

母の遺影はただ私を静かに見ているだけ。

 

色々な思い出がよぎりました。

 

幼い頃、失敗しても、

いつも母だけは私の味方でした。

 

母はいつも

あるがままの私を受けいれ

あるがままの私を認め

あるがままの私を許して

そして心から愛してくれました・・。

 

そんな記憶を思い出すと

母に抱かれるような気分になり

自然に心がほぐれ

 

「お母さん・・・ありがとう

生きているときには言ったことないけど

お母さんを大好きだった・・・

お母さん、お母さんお母さん、

私を育ててくれてありがとう・・・感謝してます」

 

こんな風に愛情で胸がいっぱいになり

ハラハラと涙が流れました。

今回の私の三毒の問題とは

全く関係のない思考の展開です。

 

 

これが桜井妙流

「まなゆい+ホオポノポノ合体ワーク」

At 仏壇(神社)

 

要は無理せず

自然に以下の言葉を使い

肯定的な感覚を感じるようにしています。

 

すると

こだわっていた事柄はもうどうでもよくて

三毒の執着・怒り・愚痴は消えます。

 

「受け入れる」「認める」「許す」「愛する」

「ごめんなさい」「ありがとう」「感謝します」

 

私は自己流ですが、正式なものとか

手順にこだわりたい方は

それどれのHPで調べてください

 

 

今日はエド・シーラン&ジャスティン ビーバー!

 

途中にポット ポッポ ポッポット
(歌詞をみたら違ってましたが

私の耳にはそう聞こえます。)

 

っていう風に聞こえる部分があり

理由なく、そこが好き。

 

歌詞はこのYOUTUBEで

初めてわかりましたが

 

要は

気にすんな!って感じの歌詞でした。

 

 

三毒のことを書きながら

三毒にまみれまていました。

私は

 

大好きな人に執着します。

大好きな人に怒ります。

大好きだから愚痴ります。

嫌いな人には執着しません。

どうでも良い人には怒りません。

関わりのない人のことは

愚痴り続けません。

 

これは三毒状態になったときに

私が感じる気づきです。

 

私はあっさりとストレスに屈し

簡単に三毒にまみれる

ごく普通の人間です。

 

私の人間関係には

大切で大好きな人がたくさんいますが

その方達との関係では

三毒に飲みこまれることがあります。

 

そんな私の三毒を

私は簡単に受け入れて

認めることにしています。

 

三毒が

自分の中から生まれたら

「あっ、そっか。三毒生まれちゃったか~」

と受け入れます。

 

生まれたものに後悔しても無意味です。

その後は三毒状態の自分を

じっくり観察します。

 

三毒中

私の中には二人の人間が現れます。

一人は三毒状態のしつこくて熱い私。

もう一人は

その状態を眺めているクールで覚めた私。

 

そして

やることは

愛結ワークです。

 

このワークのことは明日書きます。

 

その瞬間。

三毒が抜けていきます。

 

三毒が抜けたら

怒りも悲しみも不安も恐怖もネガティブもなく

眠ることで元の自分に戻ります。

 

眠る前には

感謝ワークをやります。

 

今日は

三毒にまみれた自分の状況に

心から感謝します。

 

「神様、三毒の辛い体験

サンキューです。感謝します(*^▽^*)」

とブツブツ言って早寝します。

 

三毒後に感じる

心の平安は格別です。

三毒毒は

心がバージョンアップするチャンス。

 

三毒は

心を自分で痛めつける

心の筋トレです。

 

結果

次回は三毒に呑み込まれにくくなる!


あれ・・・何か・・・良い、ことが

起きる予感。

 

やっぱ

ピンチはチャンスかも・・・。

 

 

 

 

 

 

水曜日のカンパネラ

一度ライブを見に行きたい・・・・。

 

 

 

 

心の三毒には

誰でも呑み込まれます。

三毒に呑み込まれないように

リスクマネジメントしても

 

人は簡単にネガティブな感情に

呑み込まれます。

 

いつでも

どこでも

誰でもです。

 

でも、大丈夫!

 

呑み込まれたら

冷静に対処すればよいのです。

 

三毒というくらいですから

毒消しをしましょう!!

毒消しの特効薬

 

それはまず

眠って、眠って、まず眠る。

 

でも

ただ眠ればいいっていうもんじゃないです!

質の高い睡眠で適度な時間で眠る。

 

睡眠は重要です。

睡眠不足は眠気を強め、

精神運動機能(作業能力)を低下させます。

 

睡眠不足が不安感や混乱、

抑うつなど情動的不安定を引き起こすことも

分かっています。

つまり

三毒状態の原因は

まず睡眠不足を最初に疑いましょう。

睡眠が足りていても、

質の悪い睡眠をとっている可能性も大です。

 

人間関係のストレスから

眠れないとか

悪い睡眠になってしまうことも事実ですが

 

悪い身心の状態が

余計に三毒の中に

自分の身を置くのも事実です。

 

三毒は最強で

多くの場合睡眠障害をおこします。

 

原因がなんであれ三毒状態は、

超ネガティブな感情か思考が

あなたの全てを呑み込み

とんでもないネガティブな発言や行動をくりかえし

 

しかも、しつこい!

 

三毒はどんどん体をまわり

 

しつこく自分の価値観や考えや

過去の体験に執着し

愚痴や悪口は止まらなくなります。

 

そして、それは怒りと悲しみに

変身してしまい・・・

手がつけられません。

 

他人のネガティブな感覚や感情も

ぐいぐい引っ張りだしてしまいます。

 

三毒は移ります。

 

もし、あなたが毒に侵されたら

三毒を怖がるより

三毒に呑み込まれたら

解毒剤を使えばいいんです。

 

毒消す方法をすぐ試しましょう。

 

部屋は汚れたら掃除すればいいのと同じ。

心も掃除できますから!!

 

問題は

三毒のままで

自分で時分の心の部屋の掃除を

しないことです。

 

愚痴を言っても

他人はあなたの心の部屋を

掃除できません!!!

 

他人に心を掃除させない!

人に愚痴る人は依存心が強くなり

自己憐憫ループに入ってしまっているんです。

 

そのループは不快なら

抜け出しましょうよ。

 

誰からに引っ張り出してもらうんじゃなく

自分から飛び出すんです!

 

エイヤッって!

BIG JUMPしましょう!

紐なしバンジージャンプに

思えるかもしれませんが

 

あなたの大切な仲間は

あなたがジャンプしたら

皆あなたを受け止めてたくて

ウズウズしてます!

 

まずは先ほど書いたように

睡眠からですよ!!!

 

睡眠については

明日続きを書きます。

 

うーーー、

今日は熱く語ってしまった。

 

さて

長いBLOGは好かれないので

今日はこのへんで。

 

今日は大好きなSIRUPで

showmoreと仲良しで

昨年の渋谷のワンマンでも参加していました。

 

彼の曲はどれも好きですが

やっぱLOOPは大好きです。

 

LOOP
良いループでつながるのが

本当の仲間です。

 

と私は思うなぁ・・・。

 

6月30日の未来マネジメント勉強会は

短い時間に深い話ができました。

椎名林檎さんのアルバム「三毒史」を

アマゾンミュージックで聞きながら

このBLOGを書いています。

Photo by Phil

 

「鶏と蛇と豚」

歌詞は英語です。

(Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/sheena-ringo/niwatori-to-hebi-to-buta/

 

Thinking of sweetness, stuffed myself even more 

Afraid it’d run out, had to get even more 

 

Dripping with honey, ran to store even more 

Gorging, got nauseous, vomited everywhere 

 

 I thought that full was something better 

Detestable is how it feels 

Why must this be? 

 

The honey used to taste delightful 

Was it a poison actually

 

There to trap me?  Am I cursed?

 I’ve slighted no one 

And I’m sure I know myself 

The best so something’s not right 

 

This self is the only thing I love 

To hear, to smell, to see, to touch 

 

To taste is irreplaceable, no less

Photo by Phil

 

訳も引用させて頂きます。

(Source https://zakkan-vivi.com/sheena-ringo-chicken-and-snake-and-pig/)

 

甘い蜜を覚えた。頬張りながら

私はこれが瞬く間になくなってしまう事態を
危(あや)ぶんだ。

 

自分が全てを平(たい)らげるまえに、
新たなぶんを蓄えて置くべく
口から蜜を溢れさせたまま奔走した。
 

充分な量を集めてきた上で
私はーー更に貪り続けた。

 

すると俄(にわ)かに
吐き気を催し
ついには嘔吐した。

一度は満ち足りた筈が違っていた。

 

望んだものに有り付いて
なぜこれほど厭(いと)わしい思いを
させられるのであろうか。

 

はじめは確かに好ましく感ぜられたこの蜜が
まさか毒なのではあるまいか。

 

私を貶(おとし)める罠か。
誰かに呪われている。

恨みを買うようなことは
何もしていない。
 

なお且(か)つ己の心身の都合なら
己が一番分かっている。

やっぱりおかしい。

 

愛するのは、自分だけ。

目で視て
耳で聴いて
鼻で嗅いで
指で触れて、

そして舌で味わった
 

私の体験こそが、

何にも代え難く尊いのである。

 

Photo by Phil

 

三毒を鶏・蛇・豚に比喩させて

題名をつけたのでは?と推測します。

 

三毒は

貪欲:執着心

怒り:疑い:妬み

愚痴

 

私の勝手な解釈ですが

林檎さんは

三毒は甘い蜜のようだ表現しているなら

その感覚に共感を覚えます。

 

三毒が捨てられないと悩む人は多く

三毒の「毒」いう言葉から

人に悪いものなのに

なぜ捨てられないのだろうと

考えています。

 

でも

最初から毒だとわかり

苦くて辛いものなら

私達はその習慣を捨てている筈です。

 

三毒は

「甘くて楽なもの」を五感が先に感じてしまい

後からじっくり毒が体の中をめぐるので

捨てられないと推測できます。

 

毒だとわかっても尚

最初に味わう五感に執着して

自分の五感の体験・経験だけを

信じてしまう癖が人間にはあり

自分の五感への執着は半端ではありません。

Photo by Phil

 

という解釈に受け取りました。

 

三毒・貪瞋痴(とんじんち)とは

煩悩を意味し、その煩悩は六根から生まれます。

六根とは「眼・耳・鼻・舌・身・意」です。
 

私たちがこの世の中を認識する場所は、五感です。

「眼(視覚)、耳(聴覚)鼻(嗅覚)、舌(味覚)、身(触覚)」

これに「意(意識)」を加えて六根としているようです。

 

私達は五感で認知したものを

そのまま受け取っていません。

 

認知したものは、

個人の体験・経験・知識などで創られた

各自の認知のフィルターを通して認識します。

 

つまり

認知したものを認識するまでのプロセスがあるのです。

 

このフィルターで分けてしまうことや、

このフィルターからの思考に支配されて

行動や言葉が偏ってしまうこと。

 

これが煩悩では?

私はこう理解しています。

Photo by Phil

 

人は偏る
だからこそ中庸という

偏らないで受け取ることを提案していて、

 

偏見から抜け出すために必要な受け取り方では?

とこれまた勝手に

私は理解しています。

 

仏教を正式に学んだことはありません。

自己流解釈ですから、ぶっ飛ばされそうな解釈

かもしれません。

 

しかし

心理学や脳科学と組み合わせると

なんだか簡単に説明できそうな

そんな気分になってしまうのです。

 

あくまでも

気分だけですが・・・。

Photo by Phil

 

三毒は甘くておいしい

甘くておいしいものを

人は簡単に捨てられるわけはありません!

 

ケーキは美味しいのに

食べちゃいけないって言われても

私達の五感も六根も納得しません。

 

でも

ケーキを食べることで

糖尿病になり、様々な症状に苦しむことを実感すると

人はケーキを自分の意思で

あまり食べないようにしよう!

と考えます。

Photo by Phil

 

私の義父は

タバコ(ピース)を一日60本吸っていました。

吸ったときは気分が落ち着いたから

吸っていたのだと思います。

 

ある日末期の肺がんだとわかりました。

咳がでる度に苦しみ辛く

寿命も残りわずかと理解しました。

この瞬間。

 

五感や六根の認知が

書き代わり、たばこを辞めました。

年齢はもう80歳を超えていたのに・・・。

タバコを禁煙したことが凄いのではなく

人の意思の力の凄さに衝撃を受けました。

 

人の意思力は

五感も六根も乗り越えるのでは?

 

義父の一日でも長く生きて

孫や息子達や妻と一緒に生きたいという気持ちや

せき込む苦しみから逃れたい感覚は

 

長年の習慣や文化も

屁理屈も理由も書き換える。

Photo by Phil

 

三毒は美味しい。

三毒の貪瞋痴(とんじんち)

 

貪は貪欲。

むさぼる心です。

椎名さんの歌詞は鶏のイメージなのでしょうか?

 

自分が好むのだけ貪る執着心ですが

執着心が愛情も生み、甘い気分は心を満足させます。

 

瞋は自分の嫌いなものを憎み嫌悪する心

怒りや憎しみを生む心です。

この心はディストレスな状態の感覚を

発散するためのはけ口にもなり

また、行動を促すエネルギーにもなる。

 

痴は愚痴。

「痴」は愚かと言う意味だそうです。

 

愚痴とは、

「真理を知らず、物事の理非の区別がつかないこと」

を意味します。

 

不平などを言うことを愚痴と言っていますが

仏教での愚痴の意味は「真理を知らないこと」のようです。


この世の絶対的なルールを知らないことで、

愚かな考えや、行動を起こす

と仏教の説明のサイトにはありました。
 

私達は人間の本質も宇宙の本質も

よく理解していません。

でも、こうすべきだという方法をたくさん知り

狭い解釈の中で生きてしまうので

こういうことが日常よく起きます。

 

常識もルールも多種多様にあるのですが

なにせ短い一生の中で

その全てを理解することは難しく

 

煩悩も三毒も

認知と反応で簡単に起きてしまい

それが結構良い気分で

後から自分を苦しめるのに

 

認知と反応は自動反応だから

簡単には辞められない。

 

でも

充分に煩悩や三毒を理解すると

その意味や効果を違うことに利用できる。

義父の固い意志や決意、行動は

60年吸ってきたタバコを辞める勇気でした。

もし、タバコを吸っていなかったら

私にはそこまでの強い意志や行動力があることは

わかりませんでした。

 

人はいつでも変われる!

人は皆未来をマネジメントできる!

 

そのことに気づかせてくれたのは

義父がタバコに執着して過程があるからです。

 

三毒を捨てられないと嘆く前に

三毒が簡単に捨てられないほど

生理学的にも脳科学手にも自動的に起きることであり

それは自分の体験を通して

「捨てられない」と自覚するステップにいる

と考えてみませんか?

 

もし

三毒を捨てなければ

あなたの命は無くなる・・・と分かれば

誰もが捨てることができる

 

この事実を理解して

捨てれれない罪悪感を

最初にぽいっと捨てません?

 

 

三毒は理解し、受け入れる。
これがこの前の勉強会で皆で理解したことでした。

 

結局

皆三毒も煩悩も

四六時中生まれる。

と共感。

 

でも

その三毒の中に

とどまる時間は減っていることも

実感しました!!!

Photo by Phil

 

 

今日は未来マネジメント勉強会の日です。

未来マネジメント勉強会は

自分の未来を自分でマネジメントするために

 

STEP 1:WHY なぜ

なぜ自分の未来をマネジメントするのか

 

STEP 2:HOW どのように

どのようにマネジメントしていくか

 

STEP 3WHAT 何

具体的に何をするのか

 

この3ステップを軸に

自分自身を自分でマネジメントする仕組みを

研究しています。

既存のコンテンツやプログラムではないので

オリジナルです。

 

でも

一人で考えて実行しているのではなく

東京リスクマネジメント危機管理セミナーと

札幌未来マネジメント勉強会をベースに

 

私が提供したワークで

自分自身で自分の内側に働きかけ

 

とてもシンプルな方法で

自分の未来を変えたい人が

どうやったら変わるのかを

チャレンジしています。

 

自分の未来をマネジメントするのに

障害になるのが三毒です。

 

私は自分がストレスをうまく処理できなくて

三毒に呑み込まれていることに

自分が気づけないことだと

解釈しています。

三毒とは

貪瞋痴(とんじんち)で表現される、3つの煩悩。

仏教用語です。

 

「貪とん」は貪り(むさぼり)

むさぼるという言葉は、

欲しいものなどに対して、執着する心」を意味します。

 

瞋は瞋恚(しんい:しんに):怒り

瞋恚なんていう言葉は

日常生活では見るここも聴くこともありません。

こんなときこそインターネット

神仏ネットというサイトを調べました。

https://shinto-bukkyo.net/bukkyo/

 

このサイトでは「怒ること」を意味とあります。

自分の思い通りにならない事への憤り

周りの人間への憎しみの心

自分の好ましくない人間に対しての妬みの心なども含まれます。

 

怒ることによって

自分の本来の思考力が発揮できなくなります。

判断を間違えます。

間違った判断によって

非生産的でネガティブな言動をします。

 

さらに怒りの感情をマネジメントできないと

大脳の機能に影響を及ぼし、

脳の老化を進めるだけでなく

人間関係を破綻させ

事故や事件をおこすことは

 

最近ニュースでよく目にしませんか?

 

痴:愚痴/愚癡(ぐち)

痴はおろかとも読むらしいです。

愚痴とは、「真理を知らず、物事の理非の区別がつかないこと」

を意味します。

 

「愚痴をこぼす」ことはよくあります。

不平不満を言葉にして誰かに伝えて

自分のイライラを発散させますが

実は愚痴はいくらいってもスッキリしません。

 

仏教での愚痴の意味を調べと

「真理を知らないこと」になります。

 

仏教では

三毒をなくすにはどのようにすればいいのかという教えを

仏様のお知恵で解決するのかもしれません。

 

三毒という捉え方

私はセミナーにちゃっかり取り入れています。

 

しかし

仏様、神様、他人を頼るのではく

心理学や脳科学や様々な方法で

 

科学の実験のように

様々な実験を繰り返していますが

他人の三毒はよく分からないので

実験材料は基本皆自分です。

 

誰にでも煩悩はあります。

 

私は三毒は単あるストレス状態だと認識しています。

 

シンプルに三毒に焦点をあて

三毒を理解してから

自分の「三毒史」を「鬼滅の刃」で昇華させる

そんなイメージだと書けば

若い方にはご理解いただるかもしれませんが

若くない方には伝わりませんね・・・。

ううむ・・・。

 

とにかく !!

 

ストレスに負けない

タフで柔軟な自分の状態をKEEPする

その目的のために

なんでもやってみるのが

「未来マネジメント勉強会」です。

 

自分の心や体をポジティブで健全な状態にして

どんなことがあってもストレスに負けないで

逆にストレスを味方にして

エネルギーに変える方法をやっています。

さて

椎名林檎さんの新しいアルバム名を

今日のテーマにして

自分の三毒史にフォーカスします。

 

椎名林檎さんの感性って

的を射て本質を炙り出すような

そんな感覚を覚えるので

指示されているのかも・・・。

 

椎名さんは

アルバムの中で三毒を

「鶏・蛇・豚」に例えています。

 

三毒において象徴される動物

鶏=欲・むさぼり
蛇=怒り
豚=愚かさ・鈍さ

 

確かに・・・・ぽい!

 

 

showmoreを応援しているうちに

音楽という新しい世界に触れるようになりました。

showmoreの札幌ワンマンライブ

チケットは即ソールドアウトになり

残念ですが見に行けませんでした。

 

私が彼らに惹かれるのは

ボーカルの根津まなみさんの

本質をつくような物の見方捉え方を感じさせる

その歌詞とうたい方

 

ピアノやアレンジの井上惇志さんは

根津さんの曲をうまくアレンジしているだけではなく

ポジティブなエッセンスを少し加え

 

人の心の三毒を

おしゃれに二人が調理する音楽だからかもしれません。

 

彼らに影響を与えているのは

椎名林檎さんのようですから

なるほどの「アルバム三毒史」です。

 

歌詞は英語ですから

生々しさを消しているのも

彼女の無意識のストラテジ(戦略)

なんでしょうか・・・

 

 

公私ともに滅茶苦茶忙しい2週間がやっとすぎました。

 

2週間家を空けていたら

庭の雑草はすごい状態になっていて

昨日は終日雑草を抜いていました。

 

雑草を抜くと

庭の花が嬉しそうにしています。

Photo by Phil

 

なんだか気分がよくて

心にたまっていた思考のゴミが

すっと消えていくような気がします。

 

感覚的なことなので

共感していただけないかもしれませんが

 

私は

人生を四則計算のように

シンプルに捉えています。

 

+たす、-引く、×かける、÷割る

というザックリしたイメージです。

 

講師に転職してからは

どんどん資格をとり続けました。

足し算と掛け算ばかりしていた気がします。

Photo by Phil

 

急に息苦しさと限界を感じはじめ

引き算と割り算に惹かれるようになりました。

 

最初に取り組んだのは

物を捨てること。

 

洋服は100枚以上処分しました。

書籍は300冊くらい処分しました。

 

これらの中には

まだ一度も着ていない服や

まだ読んでいない本もありました・・・。

 

この先にこの洋服を着るだろうか

この先にこの本を読む時間があるだろうか

整理するために自分に問いかけましたが

なかなか捨てる勇気がわきません。

 

人生が足し算・掛け算モードのときは

とにかく求めたり欲しくなりますが

その過去や自分自身を否定するような気持ちになり

捨てられないのです。

 

この葛藤が長く続きました。

Photo by Phil

 

クロゼットも本棚も限りがあります。

人生の残り時間を意識して

サンクコストの考え方で未来をみつめました。

 

それでも何かを捨てるのは

とても恐ろしいことです。

なかなか実行できません。

 

また当初は

ミニマリストのように捨てすぎてしまい

色味や楽しみが人生から消えたようで

乾いた感覚も覚えました。

 

結局

人生の四則計算は中庸やバランスが

大事なのかもしれません。

 

考えるのではなく

感じることに集中すると

ふと心身やマインドがお腹いっぱいだと

感じる日がありました。

Photo by Phil

 

その日付が

偶然満月の日と重なりました。

 

この偶然を利用して

次の新月までを目安にして

引き算と割り算をすることにして実行中です。

 

足し算と掛け算が必要なときもある

でも足したり掛けたら

私の思考も心も感覚もいっぱいになる。

 

新しく入れる余地がなくなっている。

新しく足すために引く。

 

Photo by Phil

 

満ち潮と引き潮のようなイメージで

自分の状態をマネジメントする。

 

というわけでまずは部屋のお掃除中です。

 

仕事でやらなければいけないことが

たくさんあります。

 

でも、綺麗な部屋でこそ

良い仕事ができる・・・・

 

なんだか

それが大切な真理に思えます。

 

 

shoemoreshoemoreとSIRUPの曲

評判良いようです。

 

SNSやネットの文字は過去と未来ばかりです。

今は目の前にしかないのに

溢れる情報に呑み込まれ

今を忘れてしまいがち。

 

この曲の歌詞は

そんなメッセージを伝えているのかも・・・。


 

now

showmore (feat SIRUP)

 

剥がれたネイル いつかのラブレター
乱れたタイムライン 途切れた現在地


Yeah よく見えない 見えないよ Brotha
なんで惑わされているかさえも分からないまま
スワイプするから指先空っぽの
心だけは揺れてたと 現在地はもう潜れない Place
嘘か本当か騙し合い それでも求めあって Yeah


惑わされないで あなただけを見つめたい
手にしたい物は過去でも未来でもなく Now…


今日もまたやってら 性懲りも無くグチってら
思って動けばいいだけじゃないの?
話したいなら聞いてやるから捉われてないでよ
Try to find yourself


何が欲しいかも分からない 分からない
今日もエゴサーチが止まらない 止まらない
そこには何もないのに こんな私を許して


惑わされないで 私だけを見つめたい
ビッグマウスはほどほどにすぐに逃げてしまうのは Now…


惑わされないで あなただけを見つめたい
手にしたい物は過去でも未来でもなく Now…