ビジネス経験ゼロからの、強みを活かしたオリジナルビジネスの始めかた

ビジネス経験ゼロからの、強みを活かしたオリジナルビジネスの始めかた

起業、副業、やりたいこと,コーチング, やりたいことが見つからない,熱中できること,天職, 自分探し,自分探し 方法, 自分探し 仕事, 自分探しの方法, 転職, 生きがい探したい, 自分に自信がない


今すぐこちら↑をクリック

こんにちは、田中直子です。

 

ブログやメルマガ、SNSの発信をがんばっているのに、なかなかお申込みにつながらない。

 

そんなお悩みをお持ちの方は多いですね。

 

 

では、がんばって書いているのにお申込みにつながらない原因には何があるでしょうか?

 

 

いろいろありますが、そのうちの1つは

「読者の悩みに共感していること」。

 

 

コーチの方の中には、心優しい方や共感力の高い方が多いです。

 

また、ブログの書き方などを学ぶと

「読者の悩みに共感する記事を書きましょう」

なんて習ったりします。

 

 

共感がすべてダメという意味ではありません。

 

 

ただ、共感することと、

そこからお申込みにつながるのか?

は、まったく別の話。

 

 

お申込みにつながらない場合、共感の仕方がズレていることがよくあります。

 

 

たとえば、読者の悩みに対して

「私も悩んでいたんです~」

と共感する。

 

そこから、

「私もこんなに苦労したんです」

と、自分の過去の話や苦労話になっていくケース。

 

 

読者が知りたいのは

「あなた、私に何してくれるの?」

ということだけです。

 

言い換えると

「あなたの文章を読んで、私の役に立つの?」

ということだけ。

 

 

「あなたの過去の話を知りたい」

とは思っていないのです。

 

 

「自分の話を絶対にするな」

という意味ではありません。

 

自分の過去の経験を話してセールスにつなげる方法もあります。

 

ただ、お申込みから逆算して緻密に語らないと、

「ただ自分の話をしているだけ」

になってしまいます。

 

そして、その場合も、自分の話はほんの一部にだけ使います。

 

 

コーチやカウンセラーを目指す方には、もともと、人との「心の距離」が近い人が多い気がします。

 

そういった方は、コーチ自身が、自分のことを話し、聞いてもらうことで喜びを感じると思います。

 

「自分の話をして、自分を分かち合いたい」

「自分のことを分かってもらいたい」

という傾向が強めだということです。

 

 

それ自体は個性なので、もちろん悪いことではないのですが、

「お申込みにつなげる」

という目的に対しては、あまり効果的ではないのです。

 

なので、もともと自分の話をするのが好きな方は、特に意識して発信の内容を変えていく必要があります。

 

 

お友達の悩み相談であれば、相手のお悩みに共感し、

「私もそうだったんです」

と自分の経験を分かち合うことも効果的かもしれません。

 

 

ですが、ビジネスのために発信するのであれば、

・お申込みにつながる共感の仕方

・お申込みにつながる自分の経験談

を考える必要があります。

 

 

日頃の発信からすべて

「お申込みからの逆算」

でやりましょう。

 

また、自分の文章を自分で客観的に見られる人はいないので、人からフィードバックをもらうことをおすすめします。

 

 

・起業や副業に憧れる
・コーチやコンサルタントとして成功したい
・同業者と比べられたくない
・あなただからお願いしたい!と言われるビジネスをしたい

というあなたは今すぐこちらを↓チェックFREE無料メールセミナー
「オリジナルビジネスの作りかた」
今すぐこちらをクリック

 

 

友だち追加

 

 

 

こんにちは、田中直子です。

 

前回、

 

売れない方の多くは「自分のやりたいこと」にこだわり過ぎる傾向がある

 

という話をしました。

 

 

自分のやりたいことにこだわると売れませんね。

 

お客様は、コーチのやりたいことにお金を払うわけではないからです。

 

(やりたいことをやるのは、ビジネスではなく趣味です)

 

 

では、なぜそもそも、多くの方が「やりたいこと」にこだわってしまうのでしょうか?

 

 

「やりたいこと」というのは、実は「思い込み」にすぎません。

 

ご自分の経験と紐づいているので臨場感が高い、というだけなのです。

 

 

たとえば、

「自分が婚活で苦労したから婚活コーチングをしたい」

「自分が子育てで苦労したから子育てコーチングをしたい」

などという場合。

 

 

自分自身が苦労したという臨場感は高いですね。

 

特に、苦労したのが割と最近だったりすると、なおさらです。

 

だから、同じように悩んでいる人を助けたい。

 

そう思うのは自然でしょう。

 

 

ただ、

「最近自分が苦労した」

ことと、

 

「同じように悩んでいる人の役に立てる」

ことは、まったく別の話ですよね。

 

 

「自分と同じように悩んでいる人を助けたい」

というのは、たまたま自分が悩んだことなので、同じ悩みの人にも役に立てると思い込んでしまっている、ということです。

 

 

でも実際には、ご本人が「やりたい」と思っているのと違う分野の方が、うまくいくこともよくあります。

 

 

ビジネスでは、あなたの人生やキャリア全部を使って、お客様の悩みを解決します。

 

「やりたい分野」と

「実際にお客様の悩みを解決できる分野」

は必ずしも一致しません。

 

 

たとえば、「オリジナルビジネスの作りかた講座」の参加者さんには、

 

最初は「やりたいことを見つけるコーチング」をしたいと思っていたけれど、

今はビジネスのコンサルタントとして活躍している、という方もいらっしゃいます。

 

 

その方には、講座の中で

「〇〇さんはビジネスのアドバイスもできるのではないですか?」

と提案させていただきました。

 

 

「オリジナルビジネスの作りかた講座」では、お1人ずつの経歴やキャリアを振り返りながら一緒に商品を作ります。

 

過去のキャリアを振り返ってみると、

 

ご本人は忘れていたけれど、最初に想定していたのと違う「やりたいこと」を発見することもあります。

 

 

1人では自分を客観的に見られないので、

「今やりたいと思っていることが全て」だと思い込んでしまいます。

 

ですが、プロと一緒にご自分を俯瞰して見ると、1人では気づいていない可能性に気づくことができます。

 

 

「やりたいことだけど、まったく売れない商品」を作ってもまったく意味がありません。

 

まずは「売れる商品」ありき。

 

その中であなたが「やりたい」と思えることを見つけていきましょう。

 

・起業や副業に憧れる
・コーチやコンサルタントとして成功したい
・同業者と比べられたくない
・あなただからお願いしたい!と言われるビジネスをしたい

というあなたは今すぐこちらを↓チェックFREE無料メールセミナー
「オリジナルビジネスの作りかた」
今すぐこちらをクリック

 

 

友だち追加

 

 

 

こんにちは、田中直子です。

 

 

私の起業コンサルを受けてくださっている
「谷脇まゆみ様」にインタビューさせていただきました。

 

ぜひご覧になってみてください。

 

・以前は「コーチング」を売っていて、何の専門家なのか決まっていなかった

 

・熱意をもってサポートしたいと思え、人生経験を活かせしてお役に立てるお客様像を決めた

 

・「まゆみさんにお願いしたい」というお客様からのお申込みが全国から来るように

 

・1時間数千円でコーチングをしていたのが、数十万円でご契約をいただけるようになり、自分が一番びっくりした

 

・田中直子のコンサルを選んでいる理由

 

----------------------------------------

谷脇まゆみ様インタビュー

 ↓

https://coachingfk.org/l/m/Mc39pbjSTCzdXW

----------------------------------------

 

谷脇様、ありがとうございます。

 

 

谷脇様のお話には、コーチング起業で成功するためのヒントがいろいろ入っていますよね。

 

 

たとえば、

「どういう方をお客様にするか」

の決め方。

 

 

・熱意を持てる

・コーチングスキルや人生経験を活かして役に立てる

この両方が重なる方をお客様に設定した、

 

そうすると、数十万円で契約くださるお客様が現れた、ということでしたね。

 

 

お客様を決めるときの「必須要件」はいくつかあります。

 

その必須要件を重要度順に並べると、このようになります。

 

1. あなたにお金を払ってくれる

2. 強みや経験を活かして実際にお役に立てる

3. ご自身が情熱を持てる

 

 

そもそも、お金をいただかないとビジネスになりませんから、お金を払う方をお客さんにするのがまず大前提。

 

3つ目に挙げた「ご自身が情熱を持てる」ももちろん大事なのですが、最優先ではありません。

 

 

これまで数え切れないほど多くのコーチの方を見てきましたが、れない方の多くは

「自分の情熱」にこだわり過ぎる傾向があります。

 

 

・私が婚活で苦労したから、婚活で悩んでいる人をお客様にしたい

 

・私が子育てで苦労したから、子育てママをお客様にしたい

 

・私がダイエットで苦労したから、ダイエットしたい人をお客様にしたい

 

などなど。

 

 

もちろん、婚活や子育てやダイエットのコーチングがダメという意味ではないですよ。

 

あくまでも例として挙げただけです。

 

 

お伝えしたいのは、あなたが

「こういう人をお客様にしたい」

という人と、

 

「あなたにお金を払ってコーチングを受けたい」

という人は、必ずしも一致しない、ということです。

 

一方的な片思い、ということはよくあります。

 

 

「私は絶対こういう人をお客様にしたいの!」

と頑固になってしまうと、出会えるかも知れないお客様を逃してしまいます。

 

両想いになれるお客様を探してくださいね。

 

----------------------------------------

谷脇まゆみ様インタビュー

 

「数十万円でご契約をいただけるようになり、自分が一番びっくりした」

 ↓

https://coachingfk.org/l/m/Mc39pbjSTCzdXW

----------------------------------------

 

・起業や副業に憧れる
・コーチやコンサルタントとして成功したい
・同業者と比べられたくない
・あなただからお願いしたい!と言われるビジネスをしたい

というあなたは今すぐこちらを↓チェックFREE無料メールセミナー
「オリジナルビジネスの作りかた」
今すぐこちらをクリック

 

 

友だち追加