やりたいビジネスの作りかた~熱中できる「あなただけのビジネス」を3か月で始める方法

やりたいビジネスの作りかた~熱中できる「あなただけのビジネス」を3か月で始める方法

起業、副業、やりたいこと,コーチング, やりたいことが見つからない,熱中できること,天職, 自分探し,自分探し 方法, 自分探し 仕事, 自分探しの方法, 転職, 生きがい探したい, 自分に自信がない

ラブレター起業や副業に憧れるけど、やりたいことが分からない
ラブレター熱中できることを見つけたい
ラブレター自分探しをもうやめたい
というあなたは今すぐこちらを↓チェック


テーマ:

こんにちは、田中直子です。

 

起業や副業をお考えの方から
「コーチとかカウンセラーとかの資格を取った方が
いいですか?」
とよく聞かれます。

もちろん、あるに越したことはないでしょう。


また、最近は資格を発行するビジネスが流行って
いるせいもあり、いろいろな認定資格を
お持ちの方が多いです。

〇〇認定コーチ
〇〇認定講師
など。

そういった認定資格をお持ちの方が、ビジネスを
やってうまくいくかと言うと、必ずしもそうでもないのです。


資格を取ることとビジネスはまったく別。

ビジネスでは「お客様に買っていただく」プロセス
が必要ですから、資格を持っているだけで
お客様が来ることはありません。

むしろ「〇〇認定講師です」と言った瞬間に、
「あー、あれね!最近多いですよね」
なんて言われることもあります。


一瞬で「その他大勢」行きです。


また、資格を持っていることで、逆に
「その資格に縛られる」ということもよくあります。

「私は〇〇コーチだから、〇〇コーチングを売りたいんです!」

という風に。

高いお金をかけて資格を取ったんだから、何としても売らねば!
と、その資格でビジネスすることに執着してしまうのです。


ビジネスはお客様の悩み解決なのに、
「自分が売りたいから売る」という風に
「自分目線」になっているのです。


むしろ、特に資格がなくても、これまで10年、
20年と仕事で成果を出してきた方なら、
今ある能力で十分にビジネスができる場合も多いです。

★あなたのこれまでの人生経験で
お客様のお役に立てそうなことはありませんか?

資格に縛られない、
あなたオリジナルのビジネスをやってみましょう。

 

・起業や副業に憧れる
・でも、やりたいことがわからない
・熱中できることを仕事にしたい
・今の職場に一生いるのは何か違う
・あなただからお願いしたい!と言われるビジネスをしたい

というあなたは今すぐこちらを↓チェックFREE全14回で「やりたいビジネス」を見つける方法 今だけ無料 今すぐこちらをクリック受講された方には、特別な条件でコーチングを受けていただけるご案内がありますよ!

 


テーマ:

こんにちは、田中直子です。

 

 

「自分を活かしてビジネスをしたい」
という方はとても多いですね。

そういった方に、どんなふうにご自身を活かしたいのか
お伺いしてみると、例えば

・〇〇コーチングのスキルを持っているからそれを活かしたい
・〇〇認定講師の資格を持っているから活かしたい
・自分が婚活で苦労したので婚活コーチングをやりたい

そういった感じで、
「自分が持っているスキルとか経験をそのまま活かしたい」
という方が多いです。


つまり
-----------------------------------------
お客様ありきではなく自分ありき
----------------------------------------- 
ということです。


「ビジネスはお客様のお悩み解決」ですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~

なので、まずは
【どういうお悩みのお客様にお役に立つか】
を考える必要があります。


でも、そういった方々は、そうではなく、
自分のスキルとか経験にお客様を合わせようとしていることに
なります。

逆をやってしまっていいるわけです。 


本来は
「お客様の悩み→ビジネス」
なのに、

「自分の都合→ビジネス」
にしようとしています。


そういった状態で商品作りをしたとしても、
自分目線の妄想になってしまうので、そのままで
お客様に買っていただくことは難しいと思います。

----------------------------------------- 
スキルとか経験にこだわることで、逆にご自身の
ビジネスのチャンスを狭めてしまっているということです。
-----------------------------------------

「私はコーチだからコーチングを提供したい」
「私は婚活で悩んだから婚活コーチングをしたい」

という風に、
自分の思い込みでやろうとしてしまっているのです。

-----------------------------------------
他にもっとお役に立てるお客様がいるかもしれない
のに、自分のスキルや経験を無理やり活かそうと
することで、お客様の幅を狭めてしまうということです。
-----------------------------------------


なので私は、コーチの方でもカウンセラーの方でも
コンサルタントの方でも、まずは
「モニターさん」を作るようにお勧めしています。

モニターさんのお悩みを聞いて、その方に
どんなふうにお役に立てるのか考えて商品を作る
ということです。

-----------------------------------------  
自分より、まずはお客様のお悩みありきです。
-----------------------------------------  

ただ、世の中にはスティーブ・ジョブズ氏みたいな
方もいて、お客様のお悩みなんて聞かなくても
商品開発できる方もいるでしょう。


 iPhone はお客様が「iPhoneを作ってくれ」と言ったから
作ったわけではないですよね。

たぶん、スティーブ・ジョブズ氏が「これがいい」と
決めて作ったと思います。


ただ、スティーブ・ジョブズみたいな方は非常に
稀ですし、ビジネスを始めたばかりの方が真似するのは
ちょっと難しいと思います。


★まずは、あくまでも「お客様のお悩みありき」
で商品開発するようにしましょうね。

 

・起業や副業に憧れる
・でも、やりたいことがわからない
・熱中できることを仕事にしたい
・今の職場に一生いるのは何か違う
・あなただからお願いしたい!と言われるビジネスをしたい

というあなたは今すぐこちらを↓チェックFREE全14回で「やりたいビジネス」を見つける方法 今だけ無料 今すぐこちらをクリック受講された方には、特別な条件でコーチングを受けていただけるご案内がありますよ!

 


テーマ:

こんにちは、田中直子です。

 

 

「会社員の仕事ではなく、自分でビジネスを始めて、
楽しく仕事したい」
という方はよくいらっしゃいます。


「会社員の仕事はやらされ仕事だけど、
起業や副業をすれば、自分の好きなことで楽しみながらできる」

というイメージをお持ちの方も多いかなと。


私自身は、自他共に認めるワーカホリック。

起業して10年目ですが、起業当初から、
起きている時間の大部分を仕事が占めています。


歩いていても、お風呂の中でも、電車の中でも、
仕事で頭がいっぱい。

旅行先でもPC持参で仕事。


そんな感じなので、
「そんなに仕事してるってことは、
よっぽど仕事が好きで楽しいんですね?」
とよく聞かれます。


私自身は、仕事は大好きですが「楽しい」という感覚
ではないです


むしろ逆かな。

-----------------------------------------------
仕事は、自分のためではなく「お客様のため」にやるもの。
----------------------------------------------- 

なので、自分が楽しくてもお客様が喜ばなかったら
しょうがないわけです。


コーチの方などで、
「クライアントさんとセッションして、
私も元気をもらいました!
なんて発信をされている方もいらっしゃいますが、
私はそういう感覚ではないです。

自分のエネルギーを出し切る感じです。

週末にはたいていセミナーや個人セッションが
詰まっているので、月曜日はだいたい
抜け殻みたいになっています


コンテンツを作っているときやセミナーをやっているときは
没頭しています。

それでも「楽しい」という感覚ではありません。


では、私が喜びを感じるのはどういう時か。

それは、クライアントさんや講座の参加者さんが
喜んでくれた時です。

参加者さんが何かしら行動を変え、
実際に現実を変えて喜んでくれた時に、
初めて自分も喜びを感じます。

-----------------------------------------------  
つまり、私がビジネスをしている理由は、
自分が楽しいからではなく、
情熱とか使命感を感じているからです
-----------------------------------------------  

ビジネスをやっていると、楽しいことばかり
ではなく、もちろん大変なことや嫌なことも起きます。

自分が楽しむことを目的にビジネスをしていると、
何か嫌なことや大変なことが起きた時に、
ビジネスを続けるエネルギーが続かなくなってしまいます。

「こんなはずじゃなかった」という風に。

----------------------------------------------- 
楽しむことがメインの目的では、
ビジネスが長続きしないのです。
----------------------------------------------- 

なので、楽しむためであれば、ビジネスでは
なく趣味のレベルにしておいた方がいいです。

趣味のレベルであれば、
嫌なことがあったらすぐやめたっていいわけです。


でも、ビジネスは一度始めてしまうと、お客様がいる限り
「嫌なことがあったからやーめた」
というわけにはいきませんよね?

----------------------------------------------- 
なので、楽しかろうが楽しくなかろうが、
何があっても続けられるという、
あなたの中での情熱や信念が必要になります。
----------------------------------------------- 

私はスポーツには詳しくないのですが、例えば
箱根駅伝の選手の方は、走っている最中は楽しいでしょうか?

私には、むしろ辛そうに見える気がします。

もちろん、選手の方々は恐らく駅伝が好き
なのでしょうが、それだけではなく、
達成感のためだったり、あるいは仲間や大学の
ためという使命感もあるのではないでしょうか。


それと似た感じかも知れません。


もちろん、好きなことややりたいことを
ビジネスにするのはとても大事ですしいいことです。


でも、
----------------------------------------------- 
 あくまでもビジネスは自分のためではなく
お客様のためである
----------------------------------------------- 
ということを忘れないでいたいものです。
 

・起業や副業に憧れる
・でも、やりたいことがわからない
・熱中できることを仕事にしたい
・今の職場に一生いるのは何か違う
・あなただからお願いしたい!と言われるビジネスをしたい

というあなたは今すぐこちらを↓チェックFREE全14回で「やりたいビジネス」を見つける方法 今だけ無料 今すぐこちらをクリック受講された方には、特別な条件でコーチングを受けていただけるご案内がありますよ!