1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-21 03:16:21

Melbourne「Overground – Festival in Supersense」

テーマ:Tour

昨日よりの眠れぬ夜を明かさんとすれば、昨日同様に地平線と並行する様にて垂れ込める雲に遮られ、地平線付近のみに朝日煌めしき。

 

 

朝飯食らわんとすれば、購入せし食材全て償却すべく、亦してもレタスをトッピングにするミーゴレン拵え、其処へ玉葱と鶏胸肉フライ刻み、バターにて炒め合わせしを玉子綴じとすれば、使い切り用ケチャップ2包と胡椒施し、斯くして「ミーゴレン+チキン炒り玉子」食せり。

 

 

気付けば晴天と化し、

 

 

然れば一昨日と同じくする、本日の会場たるArt Centre Melbourneへ到着。 今宵はフェスティバル内フェスティバルと銘打たれし「Overground – Festival in Supersense」なるインプロフェスにて、2セットにノミネートされし次第。

 

 

サウンドチェックも早々に済ませるや、NANI君と連れ立ちMelbourne市街散策せん。高々180余年の歴史しか有さぬ「世界で最も暮らしやすい都市」なれば、英ビクトリア王朝時代の建造物多く残れども、所詮は近代建築にして、歴史なき新大陸なればこその有り難さか。

 

 

レコード屋「Basement Discs」発見すれば突撃すれど、新品のみの扱いなれば収穫なし。今やアナログ盤コーナーが店内の9割を占拠する欧米レコード屋事情なれど、この店は未だCDコーナーが、店内の7割をせんきょする様にして、これも南半球なればこそか。

 

 

 

矢鱈にSUSHI屋多ければ、大層な繁盛店「SUSHI HUB(寿司ハブ)」の店頭ショウケースに、何やら悍ましきSUSHI共ずらり並べられれば、

 

 

矢鱈にマヨネーズ施される様なんぞ、下衆極まりなし。

 

 

然りとて大いに空腹にして、興味半分もあれば、NANI君は「Jellyfish Inari(水母稲荷)」を、

 

 

私は「Octopus Salada Inari(蛸サラダ稲荷)」なんぞ所望、いざ食らえば、先ずは油揚げの極甘ぶりと、マヨネーズの味わいが、全く以て相性最悪、更に米が大粒にして硬めの炊き上がり、これと刻まれし蛸の食感との相性が、是亦最悪にして、久々に斯くも激不味き代物食せり。

 

 

そもそも激不味料理天国と称されし大英帝国の女王を元首とする君主国なればこそか、その激不味料理文化を色濃く継承されにけりて、然れど今や随分味覚意識改変されれば、激不味料理天国の汚名返上も間近なる大英帝国と異なり、こちらは更に独自の混血文化を以て、その激不味料理文化を愈々深められんとするか。

 

昼飯食らうべく「Indian Restaurant」の看板に惹かれ入店すれど、御品書にこそカレー各種並べど、注文せんとするや「ピザとドネルケバブしかない」とは是如何に、おんどれ等は欧州在住トルコ人か、インド人やったらカレー出さんかいな。

 

 

既にカレー口と相成れば、求めて止まぬはインド料理屋なり。道すがらマクドと思しき発見すれど、能く能く見ればマクドにあらず「Macca's」然れどロゴは紛う事なくマクドにして、均か斯くも堂々とバッタもん名乗られるやと思われれど、矢張り正真正銘マクドに他ならずして、その歴史は豪マクド公式サイト参照されたし。因みに「Macca's」が豪州スラングとは、こちらにて知り得し次第、悪しからず。

 

 

漸く待望のインド料理屋発見、店内はインド人と思しき方々にて混雑する様なれば、これは味の方も期待し得らん。肉カレー2種+野菜カレー1種+ダル+ライスなるセットを所望、バターチキンカレーとゴート(山羊)カレーを所望せり。カレーはいずれも正にインドカレー然とすれば美味。見て呉は然程ならねど、いざ食らえば大層な盛りにして、カレーは全て平らげれど、ライスは2/3程残せし次第。

 

 

NANI君は、ライスの代わりにナンのセット所望されし。

 

 

2人して満腹乍ら会場へ帰還すれば、あれに見える怪しき緑毛の御仁は、ミツコさんに他ならじ。

 

 

午後3時より、先ずは「Jon Hunter (guitar) + Kusum Normoyle (voice) + Makoto Kawabata (guitar) + Rohan Rebeiro (drums) 」なるカルテットにて、30分のセット演奏せり。私が御膳立てせしドローン等の上に、Jon Hunterなるは2本のギターネックを擦り合わせる奏法を以て挑まれる等、皆様被せて来られる安易な展開、然れば終盤には「MultipleTap」メキシコQuerétaro公演なる「禁断のバキューム奏法」も披露、最後はアンプの電源落とし幕とせり。

ライヴ写真ネット上にて拾遺叶えば、ここに無断借用転載させて頂く次第、悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

午後5時15分より「ACID MOTHERS TEMPLE with Scott McConnachie (saxophone) + Jeremy Gustin (drums) + Dave Harrington (guitar)」にて、30分間の大所帯即興演奏。ステージに上がり先ず驚かされしは、所謂インプロのライヴなれど、ステージ前までスタンディングにて満員御礼鮨詰め状態、正にロックバンドのライヴたる様相、而していざ演奏開始すれば、客席はダンスフロアと化す有様にて、或る意味異様な光景たらん。迷走される外人部隊3名を引き連れ怒涛の大暴走、結局は銀河鉄道片道切符の旅にて宇宙の彼方へ御案内、一昨日はミツコさんの妖艶お色気パフォーマンス御披露する時間的余裕あらざれば、今宵遂に大炸裂、賢しこそうなインプロ系ライヴにて、客席へケツ出されるなんぞ、世界広しと云えどミツコさんぐらいか。

大いに盛り上がれば、大団円にて幕。終演直後、外人部隊の御三方は口揃え「もう1セットやろうぜ!」勿論時間切れにして、叶わぬ次第とは重々承知之介と思われれど、序盤こそ各々の自己顕示ぶり錯綜し大いに迷走されれど、私が常々唱える「熱いもんは必ず伝わる」本日の演奏を通じ、彼等に何かは伝わりしと実感せり。

ライヴ写真ネット上にて拾遺叶えば、此処に無断借用転載させて頂く次第、悪しからず。

 

 

 

 

 

撤収作業も果たせば、ホテルへ帰還。プチ打ち上げに興じんとす。打ち上げ前に、最上階ジムにて一汗流さんと出撃されるミツルちゃん之圖。

 

 

会場は東君の部屋なれば、スーパーにて酒やアテたるべき贖い、キッチンにて簡易調理せん。

 

 

「ベーコン&マッシュルーム炒め+フィッシュフライのガーリックトマトソース添え+フライドチキン+ブルーチーズ」なんぞ並べば充分至極、

 

 

ジムより帰還されしミツルちゃんは、大好物カレーライス持参され、

 

 

NANI君も合流果たせば、斯くしてAMT宗家初オセアニアツアー無事修了を祝し、いざ乾杯せん。お疲れ様でした。

 

 

その頃Wolfは一人、夜に街へ繰り出し、享楽的ワイルド路線「夜狼(やろう)」ぶり極めんとされにけり。下は、イメージ画像なれば悪しからず。

 

 

 

 

 

流石に昨日より徹夜状態続けば、況して明朝午前5時出発にて、他のメンバーに先んじ帰国の途に就かんとすれば寝坊厳禁、然れば未だ午後9時過ぎなれど、打ち上げ散開するや、自室にて即身成仏。

斯くしてMelbourne第3夜は更け行きし。

 

NANI君のブログも絶賛並走更新中なれば、是非に御拝読頂きたし。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-08-20 03:18:26

day off in Melbourne

テーマ:Tour

午前5時起床。本日はオフなれば、この無駄に豪華なスイートルームを満喫せんとす。そもそもMelbourneに興味あらざれば、天候不順にて外出なんぞ憂鬱至極、知人も友人も皆無なれば面会の予定も一切なし、精々ABBAの豪州盤レコードには興味あれど、わざわざレコード屋へ探し出向くも面倒、折角キッチン完備されれば、オージービーフなんぞ贖い自炊にて,愈々引き篭もらんとす。

 

 

部屋の窓より、昨夜の会場たるArt Centre Melbourne屋上に聳えるタワーを仰ぎ、序でにU.F.O.との交信図れど、残念乍ら本日も叶わじ。

 

 

地平線と平行に、雲が垂れ込めれば、いとをかし。

 

 

朝飯食らうべく、昨夜同様「目玉焼付きミーゴレン」拵え食せり。

 

 

更新滞りし拙ブログの更新果たし、気付けば転寝に興じ、目覚めるや既に昼下がりとは、予定なきオフの方が、時間経過が圧倒的に早く感ずるは何故か。天候も回復すれば快晴、重き腰を上げ、いざ界隈のスーパーへ食材調達に出撃せり。

 

 

スーパーよりの帰路にて、大通りを挟み反対側の歩道にて、

 

 

我々同様「Supersense」に出演される灰野さん発見せり。御一人にて散策の御様子なれば、御邪魔すまじと自室へ帰還せり。

 

 

本日贖いし食材、T-Boneステーキ肉1枚、鶏胸肉フライ4枚入りパック、玉葱1個、バター、胡椒、タイ製即席麺「ミーゴレン」2袋、赤ワイン1本なり。

 

 

昼飯は、鶏胸肉フライを電子レンジにて加熱後、フライパンにて軽く炙れば、亦しても拵えしミーゴレンにON! 斯くして「チキンフライ+ミーゴレン」食せり。

 

 

土曜日なれば新たにアップされし「ウルトラマンジード」第7話鑑賞せり。其の儘無料動画サイトにて旧き良きB級名画群あれこれ「吸血鬼ゴケミドロ」「ドラゴン vs 7人の吸血鬼」「双頭の男」「食人帝国」「死霊のしたたり」なんぞ久々に鑑賞せり。

 

気付けば夜も更け、

 

 

何やら部屋の外が矢鱈に騒がしきかなと思えば、セクシーなドレス纏われし、高校生か大学生かと思しき総勢15名程の若き女性軍団が、今、正に夜の街へ繰り出すべく出陣せんとされる処たりし。下はイメージ画像なれば、悪しからず。

 

 

漸く出撃されしか、女性達の姦しさも失せれば、扨、T-Boneステーキ食さんと、先ずは下拵え済ません。

 

 

筋切り施せしステーキ肉に胡椒施し、玉葱スライスにて包めば、暫し放置、

 

 

フライパンにステーキ肉を玉葱共々ぶち込み焼けば、バターを以て味付け、刻みしレタス盛り付けし皿に、焼き上がりしステーキ肉を盛り合わせれば、フライパンに残されし玉葱+肉汁+溶解せしバターに、赤ワインを差し煮詰め、これを調味料代わりに添えれば、斯くして「T-Boneステーキ」完成せり。仮令塩なんぞあらざれど、使用せし食材の旨味等を総じて駆使すれば、玉葱の甘みにバターのコク、赤ワインの芳しさも相俟り、素朴ながらも優しく豊穣な味わいの調味料と化し、これを肉と一緒に食せば大いに美味、

 

 

「座頭市喧嘩旅」なんぞ鑑賞しつつ、オージービーフとオーストラリア産赤ワイン堪能せり。

 

 

録音作業なんぞに勤しまんと思えど、此処まで折角オフ気分にて寛げば「座頭市血笑旅」「座頭市血煙り街道」「座頭市逆手斬り」「座頭市鉄火旅」なんぞと座頭市シリーズ鑑賞に耽るばかり。

 

赤ワインのアテにと、鶏胸肉フライ1枚を一口大にカット、玉葱とレタス共々、昨夜会場内食堂にて晩飯食らいし際、使い切りサイズのケチャップ数包失敬すれば、ケチャップ+胡椒を以て炒め合わせ、仕上げに赤ワインをひと垂らし、日本より持参する七味小袋を投下、斯くしてインプロクッキング「鶏胸肉のWレッド(ケチャップ+ワイン)炒め」拵えれば、これが素朴なれど奇跡的な美味さなり。

 

 

結局眠れぬ儘、Melbourne第2夜も明けんとす。

 

明日は、今回のツアー千秋楽にして、フェスティバル内フェスティバル「Overground – Festival in Supersense」へ、私は2セット出演の予定、而して明々後日早朝、他のメンバーに先んじホテルを出立、帰国の途に就く段取りなり。

 

_________________________________


– 20th Aug. (sun) @ "Overground – Festival Within A Festival  Supersense” Art Centre - Melbourne 

 

KAWABATA MAKOTO with Jon Hunter + Kusum Normoyle + Rohan Ribeiro


ACID MOTHERS TEMPLE with Scott McConnachie + Jeremy Gustin + Dave Harrington

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-19 19:06:18

続・光宙☆魔呼斗 欧州行脚2017

テーマ:Tour

光宙☆魔呼斗欧州ツアーも、既に終了以来1週間が経過せんとすれば、その間にLondonより日本へ帰還、僅か11時間たりし日本滞在を以て、AMT宗家オセアニア・ツアーへ合流すべく、ニュージランドはWellingtonへフライトすれど、均かの6時間遅延にて17時間の機内拘束も凌ぎ、AMT宗家のニュージランド及びオーストラリア初公演も盛況にて幕、残すはMelbourneにて開催中なる「Supersense」千秋楽のフェス内フェスこと「Overgound」即ちインプロセッション大会に於ける2セットのみ、2日間に跨る大移動2発も含めば、この1週間も亦、瞬きの間の出来事の如き刹那たりしか。

先の光宙☆魔呼斗珍道中譚、ブログ記事投稿後に、ライヴ写真等ネット上にて拾遺叶えば、再び此処に十把一絡げに纏めて無断借用転載させて頂く次第、悪しからず。

 

「Preston」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Brighton」

 

 

 

 

 

 

 

「London」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蛇足乍ら、80年代に一世風靡されしゴス系前衛女性ミュージシャン「Daniel Dax」が、先日の「Super Sonic」会場にて目撃されしと証拠写真もアップされれば、此処に転載させて頂く次第。斯様なニアミス少なからずして何とも残念なり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。