大ぼら一代番外地
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

卯月隠遁呆け続けて候 其ノ貳

山寺界隈の御地蔵様御一同、気付けば前掛けが新調され、凡そ先達ての彼岸辺りに、何方かが御献呈下さりしか。

 

 

界隈の山桜は愈々満開迎えし。

 

 

 

 

 

 

 

片や境内の桜は満開を過ぎ、散り始めし。

 

 

世間に於いては既に春迎えられれど、明日香の深山は、桜こそ咲けど、朝晩の冷え込みは未だ未だ晩冬、従いて未だ鍋シーズンなれば、土鍋に豆腐、白菜、春キャベツ、人参、玉葱をぶち込み、

 

 

更にしめじ、牛蒡天、赤唐辛子、青唐辛子も追加、

 

 

三種の神器(花椒醤、姜葱醤、麻蝦醤)投下、ヤマサ昆布つゆと酒注入、

 

 

豚切り落としを以て覆えば、蓋を閉じ加熱、

 

 

蒸し煮上がるや、

 

 

花椒粉、刻みパクチー投下、斯くして「四川風無水豚鍋」完成せり。

 

 

いざ食らえば、そもそも具材を最初から全てぶち込み調理開始する故、各々の旨味が抽出される一方、滲み出し混ざり合いし旨味が極限まで沁み渡り、鍋料理と云うよりは、煮込み料理的な美味さかな。この「四川風無水豚鍋」の類いは、今冬の鍋シーズン突入に当たり発案せしレシピなれど、定番と化せば、果たして何回ぐらい食せしか。

 

 

山桜満開の下、日課たる早朝山道入隊へ出撃せり。

 

 

御来光控える一方、

 

 

未だ空に残る月を仰ぎつつ、定点観測。

 

 

道すがら満開の桜と稜線に臨む。

 

 

70分余の山道入隊完遂、山寺界隈へ帰還すれば、桜越しに御来光仰ぐ。

 

 

満開なる椿も、御来光にて眩しきかな。

 

 

 

境内の桜、満開過ぎ散り始めれど、なかなか名残惜しく踏ん張る様かな。

 

 

山道入隊の道すがら、蕨採取すれば、今宵の晩酌のアテにせん。

 

 

「河端家特製カレーコロッケ」揚げれば、サラダも添え、

 

 

斯くして「河端家特製カレーコロッケ+油揚げとワカメの味噌汁+ごはん」食せり。

 

 

冷凍庫を整理すれば、牛赤身肉塊を発掘、コロッケ拵えし際にパン粉召喚すれば、其の勢いにて「ビフカツ」仕込み、

 

 

衣施すに際し卵黄使用すれば、卵白は味噌汁にてリサイクル、

 

 

斯くして「ビフカツ+玉葱と玉子の味噌汁+ごはん」食せり。

 

 

最近天婦羅ばかり揚げれば、湯温の具合に戸惑い、切り分ける際に些か衣剥がれし有様たれど、揚がり具合は及第点、デミグラスソースの類いあらねど、ウスターソース+辛子にて充分美味なり。

 

 

明日は山寺にて「桜を見る会 2021」開催なれば、食材調達すべく下山、雲から射す陽光、いとをかし。

 

 

サイケ組イベント等にて、私がシェフ勤めるや、結局料理を拵えるに終始、殆ど食わぬ側から飲酒、挙句は酩酊と疲労にて轟沈なる顛末が常、然れば己れは前夜の内に晩酌済ませんとする次第。

 

 

今朝採取せし蕨を灰汁抜き施せば「蕨の山葵醤油添え」として堪能、大いに美味。

 

 

「鰤刺身」今冬は鰤が御手頃価格にて供されれば、食卓登壇も少なからず、有り難き限り。山葵醤油ならぬ、青唐辛子+檸檬汁+超微量の岩塩施し食らうが美味。

 

 

鯵を捌けば「鯵刺身」短冊に切れば、個人的には是が最も鯵を堪能し得る切り方なり。

 

 

「白魚刺身」食感堪らぬ限り西て、激烈に美味。

 

 

大好物なる「鰊昆布巻」何と1本100円也と安売りされし代物なれど、矢張り100円は100円か、果たして「ホンマにこれ鰊かいな?」疑念抱く程の味わいなれば、些か残念なり。

 

 

「ピータン」実はガキの頃よりのピータン好き、刻みパクチーと麻蝦醤を添え食らえば、堪らぬ美味さかな。

 

 

冷蔵庫に眠る牛蒡天召喚、如何せん牛蒡天好きにして、煮ても焼いても食える代物、今回はフライパンにて玉葱と微量のチーズ共々焼き上げ「牛蒡天チーズ焼き」とせり。

 

 

斯くして晩酌に興じんとす。

 

 

美酒美食堪能し調子付けば、1人用土鍋に「四川風無水豚鍋」仕込むや、

 

 

 

所謂〆拉麺ならぬ〆鍋、否、未だ飲酒続けば〆にならぬか。

 

 

筍入手すれば、

 

 

アク抜き施せし。

 

 

本日は「桜を見る会 2021」開催なれば、主催者カイ☆マキ嬢前乗りにして、然れば蕨採取に出撃せん。蕨採取現場に到着すれば、山桜満開、

 

 

 

深山に春訪れれば、蛇も冬眠から目覚められし。

 

 

大量の蕨収穫に、御満悦なカイ☆マキ嬢之圖。

 

 

残るカレーコロッケとビフカツ召喚、

 

 

纏めて揚げれば「河端家特製カレーコロッケ+ビフカツ+豆腐チゲ風味噌汁+ごはん」食せり。

 

 

今回は「ビフカツ」も揚げ具合良好、牛肉なればこそレアに揚げれば、堪らぬ程に美味なり。

 

 

先達ての天津垓に由る重大発表「仮面ライダーサウザー The President」続報発表あれば、何と社長は社長でも、檀黎斗こと仮面ライダーゲンムとは是如何に。

 

 

因みに是も3年前のエイプリルフールネタにして、均かの実写版実現なり。

 

 

嘗てあのコンティニュー土管から復活経験もある私なれば、是は余りに楽しみ過ぎなるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卯月隠遁呆け続けて候 其ノ壱

コロナ狂騒勃発にて海外遠征予定全滅、経済的理由にて大阪アジトより明日香の深山へ撤収隠遁せしは、昨年3月末日、気付けば1年が経過し再び4月1日を迎えれど、未だ海外遠征再開の目処立たぬどころか、今以て全く為す術なし。欧州に於いても、変種株感染拡大にて再ロックダウン突入なんぞと伺えば、昨年は四半世紀ぶりに1年通し日本滞在叶えど、引き続き2年目へと突入せり。

 

日課たる早朝山道入隊へ出撃、彼岸を過ぎし今、真冬に比べ日の出は1時間余りも早まり、須く山道入隊の出撃時刻も早まる次第、

 

 

定点観測。

 

 

境内の桜は、今年に於いては例年に比べ3週間もフライングすれど、界隈の山桜は2週間のフライングにて、只今満開迎えし。

 

 

 

山道路傍に佇む山桜も愈々開花、

 

 

中腹たる展望地の山桜も、概ね満開か。

 

 

 

 

 

山道のあちらこちらに桜あれば、何れも概ね満開迎えし。

 

 

 

 

中腹の集落への二叉路となる地点に、アストロメクドロイドが久しく鎮座すれば、果たして何者かに破棄投棄されしか、それとも誰か若しくは何かを待ち続けられるか。

 

 

引き続き山道路傍の桜、何れも満開の様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椿も亦満開にして、

 

 

山寺の傍らに立つ紅葉巨木も、新たな葉を茂らせし。

 

 

朝日も高く昇れば、

 

 

本日も大快晴、境内の桜は流石に満開過ぎれば、

 

 

 

花弁を其処彼処に散らせり。

 

 

四月馬鹿とは云え、斯様な重大発表あれば、万一の可能性に期待するとは、哀しきライダーファンの性かな。

 

 

 

然りとて嘗てエイプリールフールネタたりし「仮面ライダーブレン」が、

 

 

均かの実写化実現せし経緯もあれば、強ち嘘とも笑飛ばせぬ次第なればこそ。

 

 

八町刺身をつま共々、ヤマサ昆布つゆ、花椒醤、藤椒油、かんずり、刻み青唐辛子、刻み赤唐辛子と和え手早く攪拌、

 

 

是をごはんにON!すれば、斯くして「激辛竜宮丼+枝豆入りサラダ巾着+五目味噌汁」食せり。刺身を激辛激痺れ化させるとは、食ウヨな輩共より「非国民」なんぞと糾弾されるも必至かと思えど、料理は詰まる処「食らう本人が美味と思えば本懐」との信条にして、この代物激烈に美味なれば、文句あるヤツは一度これ作って食うてから来さらせや。

 

 

備蓄ジャガイモ銷却すべく、纏めて全部「河端家特製カレーコロッケ」とせん。今回は枝豆入りスペシャルバージョンなり。

 

 

 

出来立てを早速揚げれば、

 

 

衣施す際に卵黄使えば、余りし卵白はオニオンスープへ投下、

 

 

斯くして「河端家特製カレーコロッケ枝豆入りスペシャル+エッグオニオンスープ+ごはん」食せり。

 

 

数少なき「母の味」たる「河端家特製カレーコロッケ」安定の美味さ、兎に角是程にカレー風味強烈なカレーコロッケは、未だ御目に掛かりし試しなく、然ればこの芳しさこそ真髄なるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bandcampにて「Weekly Kawabata」遂に100作目を公開せり

コロナ狂騒の煽り食らうや、海外遠征予定は全滅の憂き目に遭い、然れば徒然なる儘に始動、毎週2作品ずつアップせんと宣言せし「Kawabata Makoto official Bandcamp」此処まで新旧99タイトルを順調にリリース、愈々今回100タイトル目を迎えんとすれば、御陰様にてぼちぼちな手応え、御試聴、御購入下さりし皆様、どうも有り難う御座います。

 

扨、今週の「Weekly Kawabata」若しくは「週刊 スピードグル」は、昨年6月1日にBandcampページ開設以来、此処まで99作品を公開すれば、今回遂に100作品目を迎え、然れば昨年行いし「河端一 音楽活動41年周年 電子音楽とドローンの夜」@難波Bearsにて、前売特典として配布せし2枚組CDR「Kawabata Makoto Works 1979 - 2019 Digest Edition」をベースにしつつ、更に収録曲を追加すれば、全45曲収録せしデジタルアルバム「Kawabata Makoto Works 1978 - 2021 Digest Edition」を公開せり。

 

 

先述の通り、昨年行いし「河端一 音楽活動41年周年 電子音楽とドローンの夜」@難波Bearsにて、前売特典として配布せし2枚組CDR「Kawabata Makoto Works 1979 - 2019 Digest Edition」あれば、此処には自作楽器等に由る中学生当時の演奏に始まり、紆余曲折を経て今に至る、私の音楽遍歴をダイジェストにて編集収録すれば、

 

 

今回、Bandcampにて100作目公開を記念し、この作品をベースにしつつ、更に深化させしダイジェストコンピレーション「Kawabata Makoto Works 1978 - 2021 Digest Edition」とすべく思い立てば、未発表音源含む8曲を追加収録、CDにすれば3枚組のボリュームと化せど、其処はデジタルリリース故に収録時間は無限、全く以て問題なし。そもそも2枚組CDR「Kawabata Makoto Works 1979 - 2019 Digest Edition」たれば、収録曲の殆どが長尺曲たりし故、編集しダイジェスト版とすれど、今回のデジタルリリースに際せど、ダイジェスト版たるコンセプトは継続せり。そもそも長尺曲が延々続けば、全45曲収録のデジタルアルバムを聴き終えるは、下手すれば苦行の如きに化す可能性否めず、そもそものコンセプトは、私の辿りし音楽遍歴を体験して頂かんとの狙いなれば、各曲の完奏版は、概ね既にBandcampに収録アルバム公開済み故、御気に召されし曲あれば、オリジナル完奏版を収録せしアルバムを改めてチェック頂きたし。

因みにAcid Mothers Temple関連の音源に限り、本作への収録を避ければ、Acid Mothers Templeは音源の樹海の如きにして、一度踏み入れるや深く迷い込む危険性秘め、アルバム全体として一度に聴取不可な情報量になるは必至と思えばこそ。悪しからず。

 

 

楽器どころか音楽に関して、全く無知にてど素人の極みたりし中学生当時に端を発し、其の後様々な音楽的遍歴を経ながら、今や40余年に至る音楽活動の、流石に全てを網羅する事は不可なれど、其の音楽的内容や音楽性の出鱈目ぶりも含め、取り敢えず端折り掻い摘みて紹介し得るアルバムとなれば、ダイジェスト版とは云え全45曲は長丁場、然れば既に8年前のインタビュー故に、些か古く感ずる箇所もあれど、この超ロングインタビューにて当時の事あれこれ語りし故、併せて御拝読頂ければ、各曲の背景なんぞも幾許か伺い得るかもと思う次第。

 

Bandcampページに於ける「Weekly Kawabata」一応毎週水曜に更新せんと思えば、旧譜のみならず録り下ろし新作も亦、然れば引き続き何卒御贔屓に御願い奉り候。

 

 

AMT公式Bandcampも、未発表ライヴ音源等含め18作品を公開中なれば、是非にチェック頂きたし。

 

 

Bandcampアプリ入手はこちらから。
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>