SPC旅行通信    編集後記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-06-02 02:36:26

久しぶりの山代温泉(2018年6月1日 VOL 793)

テーマ:ブログ

久しぶりに北陸の山代温泉に行ってきました。最近、加賀温泉郷は
さびれていると聞きましたが、山代温泉を見ていると、星野リゾート
「界 加賀」に代表される高級ホテルと湯快リゾートや大江戸温泉物
語に代表される格安路線の二極化が謙虚になっているなと感じました。
中途半端なところは淘汰されてなくなっていくのかなと思いました。

何回か山代温泉には添乗で行ったことがあったのですが、いつも
巨大ホテルの中で過ごしてしまうため温泉街を歩いたことが
ありませんでしたが、今回は夜の山代温泉を散歩してみました。
二つの公衆浴場「総湯」と「古総湯」がある中心街の「湯の曲輪
(ゆのがわ)」地区は建物がライトアップされていて風情があります。

バブルの頃に大勢の団体客が訪れて、毎晩、ドンちゃん騒ぎをしていた
イメージが残る加賀温泉郷ですが、落ち着いてきた山代温泉も魅力が
ありますので是非、訪れてみてください。

2018-05-19 13:20:43

広島と呉(2018年5月18日 VOL 791)

テーマ:ブログ

四国・松山に行く機会があり、時間があったので広島から呉経由で
高速船で松山に行くことにしました。

初めて、広島の原爆ドームと平和記念資料館に行ってきました。
戦争の悲惨さを身近で感じました。オバマ元大統領の折鶴も
見てきました。平和について考えさせられ、勉強になりました。

 

 

広島からJRで呉に移動するとそこは元軍港(今も?)の町です。
駅から港に行く途中にある大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)を
見学しました。そこは、呉が軍艦の造船や軍需工場、軍港として栄えた
頃の写真や資料、当時世界一だった戦艦「大和」の10分の1の模型も
展示されています。

 



戦争の悲惨さを語る広島からJRで30分ほどのところにある軍需産業で
栄華と繁栄を誇った呉が対照的でした。(大和ミュージアムでは敗戦後
に呉がタンカーなどの造船業の町として復興している展示もあります。)

 

 

2018-05-12 00:50:01

弘前城さくらまつり(2018年5月11日 VOL 790)

テーマ:ブログ

皆さん、GWはどのように過ごされましたか?
私は、弘前城さくらまつりから奥入瀬渓谷、十和田湖遊覧、
八幡平アスピーテラインの雪の回廊と北東北を旅してきました。

弘前の桜は、暖春の影響ですでに散り始めていましたが、
桜吹雪の中、散った桜がお城のお濠一面を埋め尽くす花筏が
絶景でした。そして冬の間閉ざされていた道路、八幡平アス
ピーテラインを除雪した後に見られる高さ数mにもなる雪の壁の
中をバスで通り抜ける景色もすばらしかったです。
(今年は暖春の影響で雪の壁が少し低かったようです。)

 

弘前城のお濠のさくらの花筏

2018-04-07 16:41:22

天下の奇祭「大瀬まつり」(2018年4月6日 VOL 786)

テーマ:ブログ

4月4日に静岡県沼津市の内浦漁港で天下の奇祭「大瀬まつり」の
船上で繰り広げられる「勇み踊り」を見る機会がありました。


このお祭りのクライマックスは、大瀬神社をお参りした漁船が
内浦漁港の戻ってくる際におしろいを塗って、派手な長襦袢で
女装した漁師(今では市役所職員や消防団なども参加とか)が
漁船上で独特な言い回しの「勇み踊り」を披露するところです。


天気がよければ、船に飾られた大漁旗も見ごたえがあります。
また内浦漁港では、新鮮な地場産品の野菜や果物、干物などの
直売や太鼓演奏や阿波踊りなども行われていて飽きません。


もし機会があれば来年の早春の伊豆半島へ出掛けてみて下さい。
やっぱり文字で説明するより動画が一番なので載せてみました。

 

天下の奇祭「大瀬まつり」(動画)

2018-02-10 02:30:09

高野山と熊野古道(2018年2月9日 VOL 778)

テーマ:ブログ

久しぶりに国内添乗に行ってきました。
今回は日本の文化や歴史を学ぶ留学生と一緒に高野山や熊野古道を
巡る1泊2日のコースです。雪深い高野山では雪を見たことのない
東南アジアからの留学生が歓声を上げていました。

那智の滝がある熊野那智大社へ続く熊野古道の終着点の大門坂を
留学生とともに3時間掛けて坂を上り、神社仏閣を巡りながら勉強しました。
留学生の日本語がペラペラなのにもビックリしましたが、それよりも
私が知りえない日本の歴史や文化を知っていることにさらにビックリです。

今まで社員旅行の添乗などで紀伊勝浦の温泉に泊まった団体を那智の滝に
案内したことはありましたが、バスで滝の近くまで行って、滝だけを
さっと見て30分くらいで立ち去っていましたが、今回は昔の人が歩いた道を
歩いて、坂を上って、苦労しながら滝にたどり着くと今までと違った感動が
ありました。平安時代に天皇や上皇が京の都からいくつもの山を越えて、
滝を神として崇めてお参りにわざわざ来ていたことがわかりました。
お勧めします!世界遺産の高野山や熊野古道に行かれることを!!

 


高野山 根本大堂

 


熊野古道 大門坂

 


那智の滝

 


鬼ヶ城

2018-01-13 14:41:45

年賀はがきに隠し文字?(2018年1月12日 VOL 774)

テーマ:ブログ

年賀はがきに隠し文字が入っている事を知ってましたか?

ちょっと社内で話題になり、一生懸命スマホの望遠機能を使って
撮影してやっと見ることができました。

「戌の富士山」という消印部分の犬の足跡に極細の字で「FUJI」
下の部分にマイクロ文字で「あけまして」「おめでとうございます」
と印刷されています。どうも毎年、隠し文字はやっているようで
来年の亥年は、どこにどんな文字を隠してくれるのでしょうか?

 

日本郵便の公式サイトにも隠し文字の記載があります。
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0831_02_04.pdf

 

2017-10-23 20:16:39

お茶会へ行ってきた!(2017年10月20日 VOL 762)

テーマ:ブログ

がらにもなく豊臣秀吉ゆかりの京都東山の高台寺で開かれた
「お茶会」に行ってきました。


作法などは知る由もないのですが、知人に教えてもらって
扇子と懐紙(100均で購入)は持参しました。

さて大広間に入ってお茶会が始まりました。女性の皆さんは、
高そうな着物を着てられます。表か裏千家のお師匠さん
みないな方がおもしろ、おかしくしゃべってくれて場が和みます。


まずお菓子(今回は亥の子餅)が全員に配られ、ひざの前に
置いた懐紙に乗せて、菓子切りで食べるのですが、お餅なので
ひっついて、うまく食べれません。それを見かねたお師匠さんが
「今日はお餅なので、直接、手で摘まんでパクッと食べましょう」
と言ってくれてから、楽に食べれました。

さてお碗に入ったお茶が運ばれてきました。作法は隣の人の見よう
見まねで何とかごまかしました。そこでお師匠さんが「どなたかの
お碗は、秀吉公が使ったものです。」とか「そのお碗は、国宝です
。」とか、言って場を盛り上げます。「そのお碗は、ベッカム選手
が気に入って使いました。」は、どうも本当の話のようです。

その後、お香の部屋に移動して、組香というお香をあてるお遊びを
して解散となりました。私にとっては貴重なお茶会体験でした。

2017-10-14 02:35:29

キンモクセイの頃(2017年10月13日 VOL 761)

テーマ:ブログ

キンモクセイの芳しい匂いがどこからともなく流れてきます。
この匂いが好きであたりを見回してキンモクセイを見つけて
匂いを嗅ぎに近づきます。ちょうど今の時期が匂い頃です。

樹木は、花や実、葉(紅葉)など視覚的な話題が多いですが
キンモクセイは、花自体はそんなに美しくないので嗅覚的な
樹木です。

樹木で臭いといえば、いちょうの実も踏み潰されたら強烈な
鼻が曲がるような臭いがします。この臭いも今が旬で毎日、
御堂筋のいちょう並木の歩道を歩くと強烈に臭ってきます。

このいちょうの実ですが、食用にすると美味なので不思議です。
フライパンで炒っても美味しいし、茶碗蒸しや土瓶蒸しに入れ
ると高級食材に早変わりです。


2017-10-07 11:36:46

枝豆収穫体験(2017年10月6日 VOL 760)

テーマ:ブログ

大豆問屋さん主催の枝豆(えだまめ)収穫体験に参加してきました。
大豆問屋さん所有の広大な大豆農場に枝豆があたり一面に実ってます。

枝豆と大豆の違いを知っていますか?
実は、枝豆と大豆は収穫時期が違うだけで、同じものです。
つまり枝豆は、大豆になる前に早めに収穫されたものです。
枝豆の状態で収穫せずにそのまま放っておくと大豆になります。

その農場の枝豆をひとり10株くらい土から引き抜いていただいて
帰りました。20人くらいで参加しましたが農場のほんの一部です。
残った広大な枝豆畑は、そのまま大豆畑になって収穫を迎えます。

早速、自宅で豆をちぎって塩茹でにしてビールのおつまみにしました。
さすがに収穫したての旬の枝豆はプリプリしてて最高の味でした!
 


2017-09-30 10:18:52

大阪駅前ビルは居酒屋激戦区(2017年09月29日 VOL 759)

テーマ:ブログ

大阪のローカルネタです。会社の近くに大阪駅前ビルという
大規模なオフィスビルが第1~第4まで4棟並んで建っています。

その通称・駅ビルは上層階はオフィスとして利用されていますが
地下1階・2階には「会社帰りに一杯♪」のサラリーマンをターゲ
ットにした飲食店がたくさんあり、お客さん獲得のため互いに値
段やサービスで熾烈な競争をしています。<生中(平日)180円/
ビール大瓶380円など>

その中でも弊社の最近のお気に入りは「ローマ軒」というお店です。
なんとサッポロ黒ラベルが30分・500円で飲み放題!(+お通し380円)

システムは簡単で、2~3人毎に共有のビールサーバーが置かれており
時間内は自分で好きなだけ勝手に注いで飲むスタイル。ビールを注文
する手間も運ばれてくる待ち時間もないので、ずーーーっと飲み続け
られます。ちなみに弊社のノルマ(?)は30分で1人5杯です!(笑)
各々の料理も安いので1人1,500円くらいでビールも手伝って満腹です。

ローマ軒は大阪を中心に数店舗あり、ワイン飲み放題の店もあるので
気になる方は下記URLをチェックしてみて下さい。
http://yakispa-romaken.com/shop/

大阪在住の方もそうで無い方も大阪らしい激安居酒屋を堪能したい方は
是非「大阪駅前ビル」の地下街を訪れてみて下さいね!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス