SPC旅行通信    編集後記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-03-16 08:02:06

星野リゾート トマム(2019年03月15日 VOL 834)

テーマ:ブログ

今週のSPC旅行通信は、北海道の「星野リゾート トマム」から
お届けしています。久しぶりにスノボーをやったので、体中が
筋肉痛です。でも、さすが北海道!パウダーの雪質は、最高です。

ここトマムも大阪同様、外国人だらけですね~
ほとんどの会話が中国語で、一瞬、異国の地にスキーに来たのかな
と勘違いするくらい多いです。(スキーをしないで、ゴンドラに乗って、
霧氷テラスだけ行って、雪景色を見るだけの観光客も多いです。)

レストランでも店員にまず、中国語で話しかけられるありさまです。
でも、外国人のおかげで平日にもかかわらず、けっこうホテルは
埋まっているようです。(日本人だけならガラガラかもしれません。)

トマムリゾートも夏の集客を計るべく、「雲海テラス」(冬の間は
霧氷テラス)など、いろいろと知恵を絞って、頑張っているようです。

▽星野リゾート トマム https://www.snowtomamu.jp/


2019-02-21 19:37:30

恐るべし鉄道人気!(2019年02月22日 VOL 831)

テーマ:ブログ

先週末にグランフロント大阪で開催されていた
「うめきた鉄道模型フェスタ2019」を見に行って来ました。
というのもこのフェスタのメインイベントの鉄道模型(ジオ
ラマ)の製作や実演に当社社員が参加していたからです。

行ってみてまずビックリしたのは、なんと鉄道マニアが
多いことか!小さな子供からけっこう年配のおじさんまで
さらに若い女性もジオラマを走っている豪華列車を必死で
スマホで撮影していました。

そして阪急電車やJR西日本のレアグッズを販売している
ブースには、長蛇の列ができていました。

恐るべし鉄道人気を実感した1日でした。

そういう私も目線でジオラマを走る「ななつ星」や
「トワイライトエキスプレス」をずーと眺めていました。

 

▽鉄道模型フェスタ2019 グランフロント大阪に行ってきました

 https://www.youtube.com/watch?v=0nZW1OObWDY&feature=youtu.be

 

 

 

 

2019-02-09 14:14:59

姫路城、倉敷、 金比羅さん(2019年02月08日 VOL 829)

テーマ:ブログ

日本の文化や歴史を学ぶ留学生と一緒に世界遺産の姫路城、倉敷、
金比羅さん、鳴門のうず潮を巡る1泊2日のコースの添乗に行って
きました。


途中、そうめん工場見学(揖保の糸)や手打ちうどん作り教室、
藍染体験では日本の伝統的な食べ物や文化に触れて感動していました。



特にダンスを交えた手打ちうどん作り教室や観潮船からの
鳴門のうず潮は、めずらしいようで歓声が上がっていました。



私自身も倉敷の美観地区やアイビースクエアは、学生の時以来で
金比羅さんは、営業で最初に獲得した団体旅行の添乗以来の
30数年ぶりの再訪ということで感慨深いものがありました。


金比羅さんの700数段の石段を登った先から留学生と一緒に眺めた
讃岐富士や瀬戸大橋の風景は、格別でした。


 

2019-01-19 12:35:03

大阪くらしの今昔館(2019年01月18日 VOL 826)

テーマ:ブログ

先日、海外からの留学生を連れて、大阪の天神橋六丁目にある
住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」を見学して来ました。

この施設は、ビルの中に江戸時代後期の「大坂」を完全に復元した
町並みを作り、散策しながら、見学できるところです。見学中も
照明の演出で時間の経過と共に町並みが朝から昼、夜と刻々と
変わっていきます。

小学生の団体の見学なども多かったですが、なにより外国人が
多いのには、ビックリ!たぶん館内でレンタル着物が借りられ
それを着て町並みを散策しながら町並みや部屋の中で自撮り写真を
撮って楽しんでいるようです。イスラム系の方は、スカーフに着物と
いう組み合わせでした。この施設も外国人の間で日本らしさが体験
できる場所としてSNSで拡散されて人気が出たようです。

天神橋六丁目は梅田や難波から少し離れた不便な場所にありますが
それ以上に外国人を引き付ける魅力があるということですね。

▽大阪くらしの今昔館  http://konjyakukan.com/
 

2018-12-15 04:25:28

サントリー山崎蒸溜所(2018年12月14日 VOL 821)

テーマ:ブログ

サントリー山崎蒸溜所をはじめて見学してきました。
九州の同窓生から、現在、品薄でなかなか購入できない「山崎18年」を
サントリー山崎蒸溜所の見学コースにある直売ショップであれば、購入
できると思うので、買ってきてほしいと頼まれて行ってきました。

サントリー山崎蒸溜所は、毎日、通勤途中にJRの車窓から見えるの
ですが、行く機会がなく、初めての体験でわくわくしながら行きました。

そして見学コースの最後にショップに立ち寄りましたが、「山崎18年」を
はじめとする「山崎」シリーズは全部売り切れということで購入できませ
んでした。すさまじいウイスキーブーム到来を感じました。

しょうがないので、テイスティングカウンター(有料)で「山崎」
「山崎12年」「山崎18年」飲み比べセットを注文して、しっかり
味わってから帰りました。

サントリー山崎蒸溜所内にある山崎ウイスキー館
サントリーシングルモルトウイスキー 山崎シリーズ

2018-12-01 08:12:21

恐るべし京都の紅葉シーズン(2018年11月30日 VOL 819)

テーマ:ブログ

京都の紅葉の名所、東福寺に紅葉観光のピークの週末に
行ってきました。目的は、紅葉観賞というより、どんだけ
たくさんの人が見に来ているのかの方が興味がありました。

案の定、観賞ポイントの「通天橋」までは、人ごみで
身動きがとれず、普通に歩けば5分くらいのところを
たどり着くまで30分以上かかりました。

なんとかたどり着きましたが、後ろからどんどん人が
押し寄せて来るので、ちょっと紅葉を見ただけで押し出されて
しまいました。恐るべし京都の紅葉シーズンでした。

2018-11-23 10:26:53

六甲山登山(2018年11月23日 VOL 818)

テーマ:ブログ

先週末、快晴の中、社員一同で六甲山登山を楽しんできました♪
ふもとのJR芦屋駅から延々、岩山にかじりついて登ったり、
小川を横切ったりしながら、休憩を取りながら約4時間かけて
六甲山頂(931m)にたどり着きました。

登頂後は、約2時間で有馬温泉へ降りて、温泉(金泉)に入って
お好み焼き屋さんで反省会(飲み会)を開いて、解散しました。

また次回、どこかの山に挑戦しようと社員一同思案中です!

▽登山情報サイトYAMAP(ヤマップ)に掲載しましたのでぜひご覧ください。
 六甲山 会社の皆で初挑戦(芦屋川口からのゴールデンルート)です!
 https://yamap.co.jp/activity/2726356

 

2018-06-02 02:36:26

久しぶりの山代温泉(2018年6月1日 VOL 793)

テーマ:ブログ

久しぶりに北陸の山代温泉に行ってきました。最近、加賀温泉郷は
さびれていると聞きましたが、山代温泉を見ていると、星野リゾート
「界 加賀」に代表される高級ホテルと湯快リゾートや大江戸温泉物
語に代表される格安路線の二極化が謙虚になっているなと感じました。
中途半端なところは淘汰されてなくなっていくのかなと思いました。

何回か山代温泉には添乗で行ったことがあったのですが、いつも
巨大ホテルの中で過ごしてしまうため温泉街を歩いたことが
ありませんでしたが、今回は夜の山代温泉を散歩してみました。
二つの公衆浴場「総湯」と「古総湯」がある中心街の「湯の曲輪
(ゆのがわ)」地区は建物がライトアップされていて風情があります。

バブルの頃に大勢の団体客が訪れて、毎晩、ドンちゃん騒ぎをしていた
イメージが残る加賀温泉郷ですが、落ち着いてきた山代温泉も魅力が
ありますので是非、訪れてみてください。

2018-05-19 13:20:43

広島と呉(2018年5月18日 VOL 791)

テーマ:ブログ

四国・松山に行く機会があり、時間があったので広島から呉経由で
高速船で松山に行くことにしました。

初めて、広島の原爆ドームと平和記念資料館に行ってきました。
戦争の悲惨さを身近で感じました。オバマ元大統領の折鶴も
見てきました。平和について考えさせられ、勉強になりました。

 

 

広島からJRで呉に移動するとそこは元軍港(今も?)の町です。
駅から港に行く途中にある大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)を
見学しました。そこは、呉が軍艦の造船や軍需工場、軍港として栄えた
頃の写真や資料、当時世界一だった戦艦「大和」の10分の1の模型も
展示されています。

 



戦争の悲惨さを語る広島からJRで30分ほどのところにある軍需産業で
栄華と繁栄を誇った呉が対照的でした。(大和ミュージアムでは敗戦後
に呉がタンカーなどの造船業の町として復興している展示もあります。)

 

 

2018-05-12 00:50:01

弘前城さくらまつり(2018年5月11日 VOL 790)

テーマ:ブログ

皆さん、GWはどのように過ごされましたか?
私は、弘前城さくらまつりから奥入瀬渓谷、十和田湖遊覧、
八幡平アスピーテラインの雪の回廊と北東北を旅してきました。

弘前の桜は、暖春の影響ですでに散り始めていましたが、
桜吹雪の中、散った桜がお城のお濠一面を埋め尽くす花筏が
絶景でした。そして冬の間閉ざされていた道路、八幡平アス
ピーテラインを除雪した後に見られる高さ数mにもなる雪の壁の
中をバスで通り抜ける景色もすばらしかったです。
(今年は暖春の影響で雪の壁が少し低かったようです。)

 

弘前城のお濠のさくらの花筏

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>