サックス・創意工夫|ジャズ・下学上達

サックス・創意工夫|ジャズ・下学上達

ジャズやサックスについて
疑問に思ったことを調べたり
自分なりに考えたことをまとめたり

▼過去の記事からジャズやサックスの教則本や理論書に関するものです▼


 メモ 「Daily Warm-Up Exercises For Saxophone/Jackie Mclean」 ~12キーでスケール練習

 メモ 「シングルリード調整法/傳田文夫」 ~リードが持つ性能を最大限に引き出すには?

 メモ 「ザ・ジャズ・セオリー/ マーク・レヴィン」 ~何をどう練習すべきか?考えるヒント満載!

 メモ 「ジャズボイスの研究/大山日出男」 ~重要なのは“何を吹くか”より“いかに吹くか”

メモ「サクソフォン・マニュアル/スティーブン・ハワード」 ~サクソフォンを徹底解剖!



 本 「ジャズ・サックスのアドリブソロ・コピー楽譜」

ジャズ・サックス奏者のアドリブ・ソロのコピー楽譜をミュージシャンごとに整理したサイトです。


 本 「ジャズと映画」DVDとサントラCD

ジャズが使われている映画のDVDとサントラ(サウンドトラック)のCDをまとめてみました。



  にほんブログ村 クラシックブログ サックスへ   ブログランキングならblogram

トランペット奏者ドナルド・バードに

"Marney"という作曲があります。

 

サックス奏者ジャッキー・マクリーンの1963年録音

"Vertigo/ Jackie McLean"に収録されています。

 

ライナーノーツでマイケル・カスクーナは

"複雑な障害物競走のような曲"と評しています。

 

暖かいドナルド・バードと鋭角的なジャッキー・マクリーンの

音色の対比が鮮やかです。

 

 

ヴァーティゴ ヴァーティゴ
 
Amazon

 

作曲者ドナルド・バード自身より約5か月前に

サックス奏者キャノンボール・アダレイが1962年録音

"Jazz Workshop Revisited/ Cannonball Adderley"で演奏しています。

 

キャノンボールがドナルドの曲を演奏するのは

少し意外な気もしますが

同時代の人気ジャズ・ミュージシャンどうしですから

友好関係は当然あったことでしょう。

 

ジャッキー・マクリーンのヴァージョンよりもややテンポが遅く

どことなく東洋的な雰囲気が感じられます。

 

 

Jazz Workshop Revisited Jazz Workshop Revisited
1,487円
Amazon

 

 

 

先日1966年録音の未発表アルバム

"High Frequency/ Jackie McLean"について記事にしたので

 

かつて一緒にカップリングされた1965年録音

"Jacknife/ Jackie McLean"についても書きます。

 

YouTubeに投稿された音源の1~5曲目が

"Jacknife/ Jackie McLean"です。

 

リー・モーガンとチャールズ・トリヴァーの

二人のトランペット奏者が曲によって交代で参加し

1曲では二人が共演してセクステットになっています。

 

この時期のジャッキー・マクリーンの音楽は

とにかくテンションが高いです。

 

ジョン・コルトレーンやオーネット・コールマンなど

革新的な音楽を創造し続けていたミュージシャンたちと

同じレベルに達していると思います。

 

ジャック・デジョネットのドラムスがバンドを鼓舞します。

 

これほどクオリティの高い録音が未発表だったのですから

ブルーノートはつくづくぜいたくなレーベルです。

 

Jacknife Jacknife
13,946円
Amazon

 

いまだにCD化されていない音源は
まだまだあるものです。

サックス奏者ジャッキー・マクリーンの1966年録音
"High Frequency/ Jackie McLean"は
ワンホーン・カルテットによる演奏で

フリージャズ的なアプローチの曲や
モーダルなボサノヴァ、幻想的なバラードなど
ジャッキーの音楽の多面性を示す
きわめてテンションの高いアルバムです。

1970年代にLPレコードで、ともに未発表だった
1965年録音"Jacknife/ Jackie McLean"の
カップリングの2枚目として発売されました。

YouTubeにその音源が投稿されていました。
6曲目(42分15秒)以降が"High Frequency/ Jackie McLean"です。
https://youtu.be/RjHJOKOFlpI?t=2485

YouTubeの投稿者が使っている画像は
2002年にCD化された"Jacknife/ Jackie McLean"単独のもので
"High Frequency/ Jackie McLean"は収録されていません。

ぜひともCD化してほしい1枚です。