京都通ではないですが・・・ |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちは。

ブログ担当 京都通 と言われましたが
通ではありません(笑)

ただ京都には子供の頃からの憧れ、また読み方が難しい地名がたくさんあり、その地名はその背景にあるいわれが面白くて魅力です。

いつも移動には嵐電という四条大宮から嵐山を結ぶ電車を利用します。神社

その途中、北野線に乗り換える駅が「帷子ノ辻」
みなさん読めますか?

「かたびらのつじ」と読みます。

その読み方には伝説があります。

平安の初期、嵯峨天皇の皇后がまれにみる
美貌の持ち主で、言い寄る人が後を絶たなかったそうです。
その状況に対し皇后は
永遠なるものはひとつもない「諸行無常」の真理を身をもって示し
自ら死に望み、亡骸はどこかの辻に打ち捨てよと。

亡骸はやがて朽ち果て動物のえさになり、見るも無残が姿に。
人々がそれをみて世の無常をこころに刻み僧侶は修行に打ち込んだとのこと。
捨てられた辻と死に装束にちなんでの地名です。

ほかにも京都の地名はいろいろな背景があります。
{天使突抜町」→「てんしつきぬけちょう」

これはまた次回で。

どの区間乗っても220円の嵐電。