京都の「ぶぶ漬け」ランチ |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちは。


京都人の気質を表すので語られるのが
用事が済んだあと「ぶぶ漬けでもどうどす?」です。
ぶぶ漬けはお茶漬けの事、遠回しに用事が済んだら帰ってください、を伝えるために使われてました。

そんな「ぶぶ漬け」のランチを八坂神社近くでいただきました。

趣のある店構えに 綺麗に並んだ京の漬物、ごはんには雑魚。
お味噌汁は濃い赤だしで見た目も上品。

漬物ですが品よく、見栄えもよく、味はもちろん美味しくいただきました。



ちなみに京都では

「ごちそうさまでした」の返しは

「よろしゅうおあがり」
よろしゅうおあがりはお粗末様でしたのような意味です。

「ごちそうさまでした」
「よろしゅうおあがり」
「おおきに」
この京ことばに「ほっこり」します(笑)