サラリーマンの俺が変わる(最終回) |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちは、シニアTです。
 やっと、最終回にたどり着きました。
 最初から読んだ人、いるのかな?
 

 前回「自分を信じればそれが俺の希望じゃん」と書きました。
 実際、私にとっては、そのとおりです。

 しかし、例えば、小さな子供が自分を信じて勝手に行動したら、大きな動物に食べられてしまいます。
 この私が自分を信じれば概ねOKなのは、希薄だったとはいえ、長いサラリーマン時代の経験があるからです。

 人類は通常、いきなり自分を信じて行動してはいけません。
 だから、安全と信じられる範囲や事柄が確定できない限り、おとなしく不活発でいるよう、遺伝子にプログラムされているはずです。

少数の子供達と、多くのサラリーマン。
 同じプログラムが発動しているのかもしれません。
 ...

「とすればだ、ここは素直に、エリクソン先生のいう通り、やってみるか。
 希望、意思、目的...発達段階全8段。その最初の希望を得るには、基本的信頼が必要だ。
 そうやって、少しずつ、一人ずつ、段階を上げ活動範囲を広げていく。最初は狭くていい。いや狭いことが重要だ。
 ただの言葉の羅列かもしれない。だけどもし、メンバ全員が固有のアイデティティーを発動しはじめたら、チームは最強さ。」 
 ...

 そんなことを、昔、少しでも考えていたらなぁ、と今思います。
 一言でいえば、「後悔」ですよ。

 とはいえ、幸い、今も、シニアTとして現役です。
 もしかして、これは、新サラリーマン俺君の「希望」なのかも。


 写真は、先週の某日某所です。