アイデンテティー、から |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちは、シニアTです。

  表題の言葉。日本語では自己同一性といいますね。
  これが「ある」とか「ない」とか、使ったり聞いたり、
 皆さんも、すると思います。
 個人だけでなく会社などにも使い、CIといいますね。
 要するに、アデンテティーってありふれた言葉です。

  一方で、エリクソンという名前の先生をご存知ですか?
 僕は、最近まで知りませんでした。
  実は、この先生以前の人類社会には、

    アイデンティーが、無かったんです!
 (正確には、その概念が知られたなかっただけですが。)

 
  「太郎」だって「ニンジン」だって、自分で勝手ににんじん
 名乗るわけないんです。実体のない概念的なものは、
 まず、誰かが思いつかなければなりません。
 
  最初に思いついたエリクソン先生って、すごいなぁって思いますよね。
 なので、その凄い先生が定義した、
   自我発達の8段階。
 これを紹介します。
  生まれてから死に至る、その間の自我発達。
 先生は、8段階に分けました。
   んっ?死ぬまで発達し続けろ?
 流石です先生。先生についていくのは大変ですよ。
  それはおいといて、まずは全8段の最初の3段階。
  生まれてから学童期までの数年間に身に着けるもの。
 これが順番に、
  希望・意思・目的
 と、定義されてます。
 
  超訳すると
  「私がしたいことは、何なんだ?」の基盤
 でしょうかね?
  希望・意思・目的の3点セットが無いと、
 この質問には答えられません。また、答えがあるなら
 それが、意思であり目的であり希望でしょうから。
  もちろん乳児や幼児が、人生の目的について具体的に
 考える分けないですけど...
  ...次回へ続きます。


写真は、一昨日の、おうちすき焼きです。牛丼用の肉で沢山食べたので、幸せだったな。ニコニコ