投稿写真

上昇気流が出るコンディションでは、初心者は飛べないことがあります。

そんな時は上手な人のフライトを眺めてみましょう。

上昇している人、下降している人
上昇気流に乗って旋回をしている人
旋回も小さくクルクルと回している人や、ゆっくり大きく回している人がいます。

「あの人は上手に上がっていくなぁ。」
「あの人はあまり上がることができないなぁ。」

そんなことを考えながら空を眺めてみましょう。


これを続けていると、上手な人とそうでない人の差が分かるようになってきます。

上手な人は上昇気流があるところに次から次へと寄っていきます。

そうでない人は、上昇気流があるところがよく分かっていません。
また上昇気流があったとしてもうまく乗ることができません。

このように飛んでいる人を観察することは、後々の自分フライトにとても役に立ってきます。


この観察能力が向上すると、自分が飛んでいる時に空域の判断がすぐにできるようになります。

上がっているグライダーと下がっているグライダー、あなただったらどちらに近づいて行きますか?

もちろん上がっているパラグライダーに近づいてきますよね。上がっているパラグライダーのところに上昇気流はあるはずです。

とても簡単そうなことですが、これが飛び始めはなかなか難しいのです。


飛びに慣れていないと、周りの状況を観察することができません。

先ほど言ったような「他のグライダーが上がっている?下がっている?」という観察もすることができないのです。
僕は経験が浅い頃、「今日は雲を見て飛ぼう!」とテイクオフで目標を立てるのですが、ランディングしたら「あれ?全く雲を見てなかった。。」と反省したことが何回もありました。
飛んでいないときにこの観察力を鍛えることによって、自分がフライトしてる時により早く周りが見えるようになります。
ぜひ初心者の皆さんはこのトレーニングを取り入れてみてください。
そしてインストラクターに状況を解説してもらうと、更に理解が深まります。
ソラトピアにはテイクオフにもランディングにもインストラクターがいますので、積極的に質問してくださいね!


AD
投稿写真

Q. ライズアップの時、Aライザーはいつ離す?

A. グライダーが真上に来た時です。

とはいえ、最近の初級機はAライザーを持たなくてもライズアップ出来てしまいます。

早めに離してしまっても大丈夫です。

その代わり、真上を通過させるまでAライザーを持っていたらダメですね。

真上を通過し、自分より前にグライダーが出てしまうと潰れてしまいます。
自分より前にグライダーが出るときは、Aライザーを離し、ブレークコードを引いてグライダーを減速させなくてはいけません。

大切なのは【真上の感覚を身につける事】です。

グライダーが真上にあれば、スーッときれいに離陸出来ます。

グライダーが真上に無ければ、離陸時の揺れが大きくなり、離陸失敗する可能性も高くなります。

初心者は何回もライズアップを繰り返し、【真上の感覚】を身につけましょう。


AD

地平線を見て飛ぼう

テーマ:
投稿写真

投稿写真

投稿写真

地平線を見て飛ぼう


スポーツをする上で重要なのが目線です。

スキー・スノーボード、自転車、サーフィンなど、バランス系のスポーツでは、『あまり足もとを見ないように』と指導されます。


人間の平衡感覚は、周りの景色を見て調整されています。

トリックアートや忍者屋敷などにある「傾いた部屋」に入ると、平衡感覚が狂います。気分が悪くなる人もいるくらいです。


初心者は自分の足もとを見て飛んでいる事が多いです。

自分の位置を把握しようとして、何の上を飛んでいるかを確認したいからです。
(自分もそうでした(^_^;))


しかし下を見ながら飛ぶと、飛んでいる方向も分からなくなり、平衡感覚も狂い、良いことはありません。


基本的には進行方向の遠くを見て飛ぶようにしましょう。
旋回をするときは地平線を見ることで、曲がった角度を確認しやすくなります。


もちろん、たまに下を見て位置を確認したり、周囲警戒をすることは必要です。

また、対地高度100m以下では地平線はあまり見えないので、ランディング周辺の森や建物を見るようになります。


「自分がどこを飛んでいるのか。」を早く理解することは、「空間認識能力」を高めるということです。


目線の置き方のコツを掴んで、空間認識能力を高めていきましょう。

#パラグライダー#ソラトピア#パラグライダースクール#初心者#レッスン


AD

抑える [ おさえる ] とは

テーマ:
投稿写真

抑える [ おさえる ]


使用頻度の高いパラグライダー用語ですが、意味はなかなか分かりにくいものがあります。


時にグライダーが頭上より前に出る事があります。


ライズアップで勢いをつけすぎた時や、フライト中に大きなピッチの変化があった時です。


※ピッチとは前後方向の揺れのこと


グライダーが自分より前に出すぎると、潰れてしまいます。
潰れなかったとしても、不安定になります。


そうならないようブレークコードを引いて、グライダーをあまり前に出さないようにしなければなりません。


では、どれくらいブレークコードを引くのか?


それはグライダーの勢いによって変わってきます。


ブレークコードを30cmくらい引けばいい時もあるし、フルブレークまで引かなければならない時もあります。




僕はこれに車間距離のイメージを持っています。


車間距離を一定に保って運転していたとします。


前の車が減速したときは、当然自分も減速します。


もし前の車が急ブレーキをかけた場合、自分も急ブレーキをかけないと追突してしまいます。


追突 = グライダーの潰れ です。


そうならないようにコントロールしなきゃいけませんね。




と言うわけで、


ブレークコードを引く量はケースバイケースなのですが、出てくる指示は「抑えて!」の一言です。


この「抑えて!」は前述したように、


「グライダーの勢いに合わせて適量ブレークコードを引いて、自分より前に出過ぎないように抑制して!」


という意味になります。


とても便利な言葉ですねー 笑


まぁ具体的な指示をする時間はないから仕方ないんですけどね。




適量ってどれくらい?という話になりますが、それはカラダで覚えるしかありません。


グラハンやピッチングの練習を沢山してくださいね!




※ 注意点 ※


パラグライダーはスピードが遅くなり過ぎると、失速という状態になります。


抑えた後ブレークコードを引きっぱなしにしていると、それはそれで良くない事があります。


インストラクターにしっかり説明してもらって練習に取り組んでくださいね。

ソラトピアつくばパラグライダースクール
とのづか


見たままキープは間違い⁈!

テーマ:
投稿写真

グライダーを見たままキープは間違い。

キープ時に頭上のグライダーを見るのは、「バランスをとるため」ではありません。
グライダーがきちんと広がっているかを確認するためです。

初心者は上を向いたままキープを続けようとする人が多いですが、間違いです。
上を向いた状態では、バランスをとることは難しいからです。

試しに、いま真上を見てみてください。
どこが真上か基準がないので、自分が真上だと思っていても、ちょっとズレた角度を見ていることがほとんどです。
動きながらだったら、なおさら。
グライダーを視界に入れようと必死になり、海老反りしてしまう人もいます。

人間は周りの景色を基準に水平方向を認識し、平衡感覚を補正しています。
ですので、バランスをとるときは遠くを見るようにしましょう。

目線を上げずライズアップ、グライダーが頭上に来たのを感じたら、ブレークを引き、目線を上げ、グライダーの広がりを確認。
広がっていることの確認は1秒程度で十分です。
広がりを確認できたら、目線を進行方向に戻してキープします。

余談ですが、頭上をずーっとみてキープしている方は、口が開いていることが多いです。ちょっとカッコ悪いですね。
いいキープができると、余裕のあるテイクオフになります。スロープで飛ばずに、なるべく長くキープし続ける練習をするといいですよ。