【レポ】吉野家 『牛キムチクッパ』ブロガー限定試食会(2)牛キムチクッパ開発物語 | *スノーフレーク*のブログ

*スノーフレーク*のブログ

美味しいモノ、新商品情報、あるいはおまけ等                   好奇心旺盛な*スノーフレーク*が、                       気になったあれこれを書き連ねています。


テーマ:
snow-frakeのブログ

明日(11/1)より「吉野家」さんが発売を開始する「牛キムチクッパ」。

先日「ブロぐるめ!」さんのご招待で参加した「吉野家 戦略新商品第2弾「牛キムチクッパ」ブロガー限定試食会」のレポ第2弾。

今回は「牛キムチクッパ」の開発について。

***

今回「吉野家 戦略新商品第2弾」として、何故「吉野家」さんがキムチクッパを選択したのか。
これについて疑問に思われた方も多いかと思います。
かくいう私も最初驚きました。


snow-frakeのブログ

まずは、2004年にさかのぼるのだそうです。

snow-frakeのブログ

2004年、BSE問題等で牛丼の販売休止期間中、核商品として販売されたのが「豚丼」。
そして、その「豚丼」の品質改良と並行してサイドメニュー「キムチ」の開発が行われていたのだそうです。

snow-frakeのブログ

その後、2009年になり初めて「牛チゲ鍋定食」が580円で実験販売開始されたそうです。
この「牛チゲ鍋定食」は味はとても良かったのだそうですが、お値段が580円と高めの設定だったため売れ行きとしては芳しくなかったのだとか。
しかし、その美味しさを是非商品化したいということで、2010年5月に鉄ナベに入った「牛チゲ鍋雑炊」が実験販売され、こちらは支持を得ることが出来たそうです。


snow-frakeのブログ

そうしてさらに“味・量目”のブラッシュアップを繰り返して出来たのが「牛キムチクッパ」280円。
そして、器を変更するなどして完成した2代目「牛キムチクッパ」が、今回11/1より発売開始となる「牛キムチクッパ」なのだそうです。


では、「牛キムチクッパ」のこだわりの内容については、レポ第3弾にて。


***

<「牛キムチクッパ」に関する過去記事>
11/1より販売開始『牛キムチクッパ』/吉野家

*【レポ】吉野家 『牛キムチクッパ』ブロガー限定試食会
 (1)食材へのこだわり

*スノーフレーク*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス