【レポ】吉野家 『牛キムチクッパ』ブロガー限定試食会(1)食材へのこだわり | *スノーフレーク*のブログ

*スノーフレーク*のブログ

美味しいモノ、新商品情報、あるいはおまけ等                   好奇心旺盛な*スノーフレーク*が、                       気になったあれこれを書き連ねています。


テーマ:
snow-frakeのブログ

明日(11/1)より「吉野家」さんが発売を開始する「牛キムチクッパ」。

先日「ブロぐるめ!」さんのご招待で参加した「吉野家 戦略新商品第2弾「牛キムチクッパ」ブロガー限定試食会」のレポです。

***

会場となったのは、JR赤羽駅近くにある「吉野家」さんの本社。
snow-frakeのブログ

会場には、店員さんの制服や、「牛キムチクッパ」歴代の食器、そして創業111年を記念した丼などが展示されていました。

snow-frakeのブログ

そうしてブロガー限定試食会開始。

snow-frakeのブログ

snow-frakeのブログ

まずは、出射孝次郎「吉野家」副社長からのご挨拶の後、菅原商品開発部部長より、「吉野家」の牛肉等食材へのこだわりや、今回新発売となる「牛キムチクッパ」について等非常に興味深いお話をうかがいました。


snow-frakeのブログ

【北米産牛肉へのこだわり】

snow-frakeのブログ

吉野家」さんが「北米産の牛肉」にこだわるその理由は、“産地”というより、“肥育法”(=肉質)にあり、その結果として「北米産の牛肉」を選択しているということでした。

具体的にどのように牛肉が違うのかというと、穀物で肥育された場合、ほどよく脂身が入っており、「吉野家」さんの牛丼にあった肉質となるそうです。一方、オーストラリアでは牧草肥育だそうですが、その場合ステーキや焼肉などに適した肉質となるのだそうです。


【その他食材へのこだわり】
牛肉だけでなく、その他の食材についても「吉野家」さんとしてのこだわりがあるそうです。

<米>
snow-frakeのブログ

産地に何度も出向き、具材に絡み合う粒張りであるかどうか、さらにはたんぱく質・アミロース、水分の適度なバランスについて、「吉野家」さんの基準があるのだそうです。


<キムチ>

吉野家」さんの外販キムチは、2年連続モンドセレクション金賞を受賞(2009~2010年)した商品なのだとか。

snow-frakeのブログ

「吉野家白菜キムチ」は、数種類の野菜と2種類の塩辛をブレンドし、独自の甘みと旨みに仕上げたものだそうです。そして、店舗で販売しているキムチは家庭用としても商品化しされており、2年連続モンドセレクション金賞を受賞(2009~2010年)しているそうです。

$snow-frakeのブログ

国産の黄芯系の白菜を使用し、唐辛子は甘さと辛さのバランスが良い韓国産を使用しているそうです。
実際試食してみましたが、白菜のシャキシャキ感が残った状態で、辛さも口がヒリヒリする程辛い訳ではなく、浅漬け感覚で美味しくいただくことが出来ました。


こうして様々な食材についてこだわりを持っているということがとてもよくわかりました。


***

<「牛キムチクッパ」に関する過去記事>
11/1より販売開始『牛キムチクッパ』/吉野家


*スノーフレーク*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス