夫婦の本音コミュニケーション!LPが同じだと仲良しでいられる? | 潜在数秘術協会のブログ

潜在数秘術協会のブログ

潜在数秘術協会からのお知らせや情報などをお伝えします。

こんにちは。潜在数秘術®協会の一ノ瀬です。
 
 
夫と私は、LP(ライフパスナンバー)が同じ、
LP7同士の夫婦です。
 
 
 
 
基本的な価値観や思考パターンが似ているので、
そんなに衝突することは多くないのですが、
 
ときどき、ちょっとしたスレ違いから、
夫婦げんかに発展することがあります。
 
 
 
 
たとえば、夫は、テレビ番組に夢中になったり、
スマホゲームに没頭したりするタイプ。
 
いったん没頭してしまうと、
周りの声が、なかなか彼の耳には届きません。

近くで話しかけてもスルーされることが良くある( ̄ー ̄)
(なんで聞こえないんだ!!??笑)
 
 

 

まあ、いいや…と諦めて、その場を離れようとすると、
今度は、「隣にいてよ」なんて言い出す。
 
 
はあ?放っておいてほしいの?一緒にいたいの?
どっちやねーーーーーんっ!!!
 
 
 
 
 
LPが同じだから仲良くいられるかというと、そうでもないんですね。
 
なぜなら、コミュニケーションにおいては、
ソウルナンバーも大きく関わっているから。
 
 
 
ソウルナンバーから見えてくるのは、こんなこと。
サゲサゲ↓サゲサゲ↓サゲサゲ↓
心が望んでいること
心地よいと思う瞬間
心地よいあり方

 

 
つまり、その人がコミュニケーションにおいて“望むこと”が見えてきます。
 
 
 
 
夫と私のコミュニケーションにおける望みを分析してみると・・・
 
 
夫のソウルナンバーは11
 
会話で盛り上がるよりも、
互いに自然体で、そこにいることを好むタイプ。
 
リラックスすればするほど、言葉数が減ってしまうことも。
 
 
 
私のソウルナンバーは33
 
身近な人には、わがまま全開。

気を許せば許すほど、子どもっぽさや、
‟かまってちゃん”が顔を出し、おしゃべりに・・・
 
 
 
ふたりでいるときには、
めっちゃ喋りたいわたしと、ボーっとリラックスしていたい夫。
 
心地いいと感じるコミュニケーションに、
見事なスレ違いがあることがわかりますね。笑
 
 
 
 
 
以前は、

 
「もうテレビばっかり見ないでよ!」
「ゲームに夢中にならないでよ!」

 
そうやって、夫の行動をダメ出ししていた私。
 
ソウルナンバーを知ったことで、
少しずつ、彼の心地よい時間も尊重できるようになってきました。


 
テレビやゲームに夢中になっているときには、
むやみやたらに話しかけないようにする!(笑)
 
私は、隣で、本を読んだり、パソコンを広げたり。
 
そばにいながらも、私は私で、
好きなように過ごすようにしています。
 
 
 
 
でも、S33の私は、
かまってほしい!というときもあるのでね。
 
ときには、「話を聞いてほしいな」と前置きしたうえで、
機関銃のようにしゃべることもあります。
 
 
 
 
目に見えないからこそ、なかなかわからないパートナーの本音。
 
相手の数字を知ると、
相手がほんとうに望んでいることが予測できるようになります。
 
みなさんもLPだけでなく、相手のソウルナンバーもチェックしてみてくださいね。
 
 

 

 

■潜在数秘術®初級動画セミナー

 

自宅でマイペースに潜在意識と数秘術を学べる!
潜在意識の4層について学ぶことができ、資料も豊富についてくる動画教材です。
 

丸レッド潜在数秘術®初級動画セミナーはこちらから