以前の記事で、フォニックスは

語彙力がある程度ついてから始めると

スムースだと書きました。

 

(詳しくは『3歳のバイリンガル育児: 発話がある場合②』を参照ください)

 

 

 

「ある程度」というのは、

基礎単語(犬猫パンにんじんりんご車トラックチューリップ晴れえーんニコニコムキーといったようなもの)を大体 英語で分かっているくらい。

 

 

娘の場合は、3歳になる前から

アルファベットの音を入れ始めましたが、

 

それはたまたま娘が

文字に敏感な性格で 

「読むこと」に興味を示したからキョロキョロ

 

関心を示していなかったら、

文字の導入は もう少し

遅らせていたかもしれません。

 

 

なので、お子様の性格や 

文字への関心度を見ながら

音を意識し始めるといいのかな 

と思いますニコニコ

 

 

フォニックスには 大きく2種類あります。

 

アナリティック・フォニックスと

シンセティック・フォニックス。

 

 

また別記事で2つの方法について

書いてみたいと思いますが、

 

今回はメソッドにこだわらず

両方を少しずつ取り入れた

やり方を紹介します。

 

 

丸レッドフォニックスの歌でアルファベットの音に親しむ

 

これはアナリティック・フォニックスのやり方です。

 

シンセティック・フォニックスでは、子どもが混乱してしまうことから、アルファベットの名前(エー・ビー・シー)は後になってから教えるようです。

 

 

YouTubeで"Phonics Song"で

検索すると色々出てきますが

 

わたしは途中から

自分で勝手にアレンジして

いつでも どこでも娘と歌っていました音譜

 

 

 

 

丸レッド色んな物の 最初の音を意識する

 

これもアナリティック・フォニックスのやり方ですね音譜

 

フォニックスの歌に慣れたら、

今度は、身の周りの物を使って、

その最初の音(beginning sounds)に

意識を向けます。

 

例えば、バスを指差して、

"B, B, Bus. What letter does it start with?"

(B、B、バス。何の音で始まる?)

 

と言った感じ。

 

 

 

丸レッド ブレンディングを取り入れた遊びをする

 

これはシンセティック・フォニックスのやり方ですが、

 

「大体のアルファベットの音が入ったなおねがい

 

と思ったら、取り入れるといいかなと思います。

 

例えば、上のバスの例で言うと、

 

 

"B---U---S. What did I say?"

(B---U---S. なんて言った?)

 

という風に、目にしたものや 周りにあるものでゲーム感覚で聞きます。

 

これで子どもが

 

"B--U--S"とリピートするだけだったら、まだブレンディングできてないサイン真顔

 

"Bus!"と言えれば、ブレンディング出来たサインニコ

 

 

 

こんな風にフォニックスを

本格的に取り入れるまでは

教材を使わなくても身の回りのもので

アルファベットの音を意識させることができます照れ

 

また、本格的にフォニックスに入るまでは

 

 

アナリティック・フォニックスにするか

シンセティック・フォニックスにするかは

そこまで深くこだわらなくても良いのかな と。

 

それよりも子どもが 

アルファベットの音に気付いたり

 

文字に興味を持ったり

 

その状態にもっていけるよう

環境を整えることが大切だと思いますニコニコ

 

 

フォニックスは、そこのカリキュラムにも

よりますが、英会話スクールで

体系立てて効率的に学ぶことができます。

 

 

 

お母さん自身がその方法を知りたい場合は、

こんな心強い存在もあります。

 

On Mom's Lap ママだからこそ出来る!自力読み準備ワークショップ

 

 

わたしも娘が3歳になってすぐの頃に参加しましたが 

 

「フォニックスとは何か」

「家庭でどのように進めたらいいのか」

 

子どもの性格や状況を踏まえて、

その子に合ったやり方を見つけられる、

そんなワークショップです音譜

 

 

 

 

 

 初めましての方はこちらもどうぞ♪

花 自己紹介

花 プロフィール

花 娘のバイリンガル育児の記録