推敲の余地… | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 平成29年度『NHK中四国ラジオドラマ脚本コンクール』の審査結果が発表されました。


中四国ラジオドラマ脚本コンクールの審査結果 【NHK松山局】


入選 『ボクの、いじわるでえらそうなヒール』  菊池百恵
佳作 『母の島唄』               江口香奈子


そのほか最終選考作品
   『愛の夢なら』              黒瀬ゆか
   『耳をすまして、よろこびの歌を』     瀬津 広
   『ぼっけェおもれェ』           高橋良育
   『キッチン火曜日』            杉原美紀
   『どうぞ勝手に輝いて』          坂下泰義
   『赤い花 白い花』            阿部奏子


交心空間では、私の総評を掲載します。受賞作品の評論は後日掲載します。


*--------------------------------------*
【総評】
 応募総数63作品は別にして、最終選考に残った数が例年の10~12作品に比べて8作品と
は“不作の年”といっていいでしょう。
 まず全体として“表面的”といえます。特に人物像に関しては、何らかの問題点が設定
されているものの、意外にも簡単に、しかも説明的に吐露してしまう展開が多く見られま
す。もちろん作者は“ドラマとして話を進めていかなければいけない”という使命はあり
ますが、会話の相手が出逢って間もない人物(擬人化も含む)であったり、身内であって
も唐突にそのシーンだけを描いていたり、回想やモノローグで淡々と伝えたりで、「そこ
まで話すか」と疑問を抱いてしまいます。もっとシーン構成をして台詞を精査すれば、よ
り多くかつ意義ある情報(内容)が伝えられます。いずれの作品にもその可能性を多分に
含んでいます。もっと奥深い人物像で魅了してほしかったです。
 次にストーリー展開が“類型的”で新鮮味が感じられません。地方を題材にした脚本コ
ンクールで特徴のひとつといえる“問題を抱えた人物が、都会(東京・大阪など)から地
方(中四国)を訪れ、その地の人々とふれあい、その地の特性を見たり触れたりすること
で、問題解決に繋がる何らかの新たな感情を抱き帰っていく”という構図が、『愛の夢な
ら』『赤い花 白い花』を除いた6作品もありました。作者にその意識があるかないかは
わかりません。パターンに当てはめたにしても、一ひねり二ひねりぐらいあれば際立って
くるのに、検討不足としか言わざるを得ません。
 斬新さにチャレンジしたのでしょうか、“非現実性”をモチーフにした作品が4つあり
ました。『愛の夢なら』『耳をすまして、よろこびの歌を』『ボクの、いじわるでえらそ
うなヒール』『キッチン火曜日(一部)』です。意欲は評価したいと思います。しかしな
がら“非現実界の中のリアリティ”を感じません。非現実だから“どんな設定や展開でも
まかり通る”と考えるのは都合が良すぎます。中には「夢オチ」と受け取れる作品や「な
ぜかわからないが」と間接的にぼかした作品もありました。


 結果、入選『ボクの、いじわるでえらそうなヒール』、佳作『母の島唄』と決まりまし
たが、推敲の余地を多々残した状態での受賞だと今も感じています。



坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス