MAGNUM52 第6試合 髙橋亨汰 VS ウ・スンボム | 新日本キックボクシング協会
新型コロナウイルスに関する情報について

新日本キックボクシング協会

国が認める唯一のキックボクシング団体

MAGNUM52 第6試合 日韓国際戦61.5kg契約

髙橋亨汰(伊原道場本部)
VS
ウ・スンボム(韓国)

勝者 髙橋亨汰 2R2分30秒 TKO

 

1R開始早々にハイキックを繰り出すウ。しかし、しっかりとハイを見てかわす高橋。

ジャブを中心に組み立て、冷静に攻める高橋にたいして、アグレッシブに前にでていくウ。その闘争心がたたったのか、高橋のローキックがカウンター気味にローブローとなり、悶絶してしまう。

強烈な当たりにしばらく立ち上がれずに、椅子が用意されるほど…。

なんとか、気合いを入れて立ち上がるウだが、やはり動けず、しばらくは用意された椅子に座って休む。そんなウの様子に、知らず知らずに会場から笑いが上がる。

そんな中、ようやく立ち上がったウに、会場から大きな拍手が降り注ぐ中で試合再開。

高橋のハイにたいして、ウは上段前蹴りで逆襲。そこから、激しいパンチの応酬が続く。

接近戦になり、組み合いから膝をいれるウを、高橋がコントロールして離れる。組み合って膝を出したいウにたいして、クレバーにコントロールして交わす高橋。

全力でパンチを繰り出していくウにたいして、高橋はハイで牽制してローへと繋ぐなど、蹴りを中心にプレッシャーをかけていく。高橋のミドルが入ったところで、1R終了。

2R、高橋がジャブからミドルをクリ―ヒット、さらに追い打ちにミドル、ハイと繋ぎウをよろめかせる。

なんとか強打をいれたい様子が見えるウだが、逆に振り回したパンチにカウンター気味で膝をいれられダウン!

起き上がったところを、さらに高橋のパンチからの肘で再度ダウンを奪われる。意地でバックハンドブローを見せるが、高橋にかわされ、そこから高橋がラッシュで一気に押し込み、3ダウン。

王者らしく、常にクレバーな戦いをした高橋のTKO勝利となった。

しかしながら、強烈なローブローにもめげずに常にアグレッシブな姿勢を崩さなかったウには、伊原代表から敢闘賞が贈られた。


今回、勝利を収めた髙橋亨汰が、3月8日のTITANS x REBELS 1stにも引き続き登場!

対戦相手の強豪選手は近日発表予定! 他にも注目の対戦が目白押しの対戦カードは以下をチェック!

詳しくはコチラから