MAGNUM52 第5試合 リカルド・ブラボ VS チェ・ジェウク | 新日本キックボクシング協会
新型コロナウイルスに関する情報について

新日本キックボクシング協会

国が認める唯一のキックボクシング団体

MAGNUM52 第5試合 国際戦67kg契約

リカルド・ブラボ(伊原道場本部)
VS
チェ・ジェウク(韓国)

勝者 リカルド・ブラボ 2R1分14秒 TKO

 

 

1R、ゴングと同時に中央での激しい打ち合い。お互い足を止めての激しい攻防がはじまる。そんな中で、リカルドのボディがチェにクリーンヒット!

まけじと、チェもラッシュをかけ、リカルドの攻撃をかわしてロープ際に押し込んで組み合いに。

リカルドは、素早いパンチコンビネーションを繰り出すが、チェがしっかりと対応し、再び押し込んでいくが、ここでリカルドの肘が入り、チェの顔をカット。

一時試合ストップとなりドクターチェックが入る。

試合再開と同時に、至近距離でローからパンチコンビネーションに繋げるリカルドにたいして、変わらずパンチをふりまわしてつっこんでいくチェ。うまくカウンター気味にパンチが入り、リカルドがスリップ。

戦いはヒートアップし、お互い大振りの激しいパンチから組み合い。

離れてから、跳び膝蹴りを繰り出すリカルドにたいして、大振りのパンチで迎撃に入ったチェだが、うまくあたらず勢い余って転倒。

闘争心を失わないチェの攻撃がローブローとなり、またしても試合が一時中断。

再開と同時に激しい打ち合いとなり、バックハンドブローが交差する。

リカルドがハイを繰り出したところで1Rが終了。

2R、リカルドのコンビネーションパンチをかいくぐって、カウンター気味にチェがパンチをいれていく。

それにたいしてリカルドは飛び膝蹴りで一気に距離をつめて、組み合いへ。

お互いに激しい打ち合い。チェのガードの上からひたすらパンチをうちこみ、コーナーに追い詰めていくリカルド。

逃れようとバックハンドブローをチェが出したところで、バランスを崩してスリップ。

リカルドにたいして突っ込むチェだが、再度、体勢を崩してスリップ。そのタイミングでリカルドの膝蹴りがヒットしたのか、再度出血が見られドクターチェック。

そのまま、ドクターストップとなり、TKOでリカルドが勝利を得た。

 

 

今回、勝利を収めたリカルドが、3月8日のTITANS x REBELS 1stにも登場!

 

今回は吉田英司(クロスポイント吉祥寺)と対戦予定。

他にも注目の対戦が目白押し!

 

詳しくはコチラから