映画「インシディアス 最後の鍵」恐ろしくも美しい少女時代 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

▼今週発売の新作ダイジェスト

 

   

本日発売■4K+Blu-ray:パシフィック・リム:アップライジング

本日発売■Blu-ray:パシフィック・リム:アップライジング

10月12日発売■PS4:PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB

10月12日発売■PS4:PlayStation 4 Pro グレイシャー・ホワイト 1TB

10月12日発売■PS4:コール オブ デューティ ブラックオプス 4

10月13日公開■ムビチケ:アンダー・ザ・シルバーレイク

10月13日公開■ムビチケ:日日是好日


▼映画「インシディアス 最後の鍵」恐ろしくも美しい少女時代

 

 

発売中■Blu-ray:インシディアス 最後の鍵

配信中■Amazonビデオ:インシディアス 最後の鍵 字幕版吹替版

 

「パラノーマル・アクティビティ/呪いの印」のアダム・ロビテルが監督を務め、

「ソウ」シリーズのリー・ワネルが脚本、「ゲット・アウト」のトビー・オリヴァーが撮影、

「パラノーマル」「インシディアス」シリーズを手掛けるオーレン・ペリと、

今やホラー映画界No.1ヒットメーカーになったジェームズ・ワンが製作を担当した

「インシディアス 最後の鍵」がBlu-rayで発売中(Amazonビデオ他でレンタル配信も)。

日本では劇場公開されないままストレートでBlu-rayの発売となったが

北米ではシリーズ歴代2位の興行収入で初登場2位にランクインしたヒット作。

 

「インシディアス」「第2章」で超常現象に襲われた夫妻とその長男を助けてきた

霊媒師エリーズ(リン・シェイ)の少女時代が今作のメイン。

エリーズは今やシリーズの顔なのだが、シリーズを全てご覧になっている方は

ご存知の通り、彼女の「その後」を描くことは困難なため

どうしても時間軸を昔に移すしかない。

しかし苦肉の作としてひねり出されたような無理矢理感はなく

エリーズの過去のトラウマを描き、(一応)解決することで

「1」「2」と本作が1本の糸で綺麗に繋がった。

消去法から生まれた作品だったとしても

エピソード4としてはこれ以上望めない理想的な展開であり、

ジェームズ・ワンの手掛けるホラーには欠かせない家族愛の要素は

シリーズ中で最も色濃く出ているような気がする。

 

序盤は「こいつが悪い」、中盤で「お、真犯人はこっちか」、

終盤で「おお、こいつだったのか」と、次々に観客の予想を裏切ってくる脚本は

「ソウ」「デッドサイレンス」などでどんでん返しを得意としてきた

リー・ワネルならではの鮮やかさ。

役者としてもエリーズとコンビを組むスペックスで和ませてくれるし、

「インシディアス」はリン・シェイとリー・ワネルが居なくては成り立たない。

強いて言うなら、相変わらずダース・モールに似た悪魔や

霊体というより怪獣っぽくなってしまった某など、

悪魔側のデザインが今一歩洗練されていないところぐらいか。

何故これが劇場公開されずストレート扱いになってしまったのか解せない。

同じジェームズ・ワンの制作で先日紹介した「死霊館のシスター」と比較しても

決して引けを取らない良作なのに。

 

ちなみに、特典映像には未公開シーンや差し替えられた別エンディングもあり。

別エンディングは止めて正解のクオリティだが

未公開シーンは本編をより深く知る為には有益なシーンが多く

面倒でも全て見ておくことをお薦め。

 

映画「インシディアス 最後の鍵」は現在Blu-ray発売中


▼「インシディアス」シリーズ

 

配信中■Amazonビデオ:インシディアス 序章 字幕版

 

「序章」はスピンオフとして独立しているので、今回は「1」「2」を振り返る。

 

配信中■Amazonビデオ:インシディアス 字幕版


原因不明の昏睡状態に陥った息子を救うため、両親があれこれ手を尽くす物語。
「パラノーマル・アクティビティ」の予算を増やして
「この家に何か居る」の「何か」について、もう少し掘り下げたような作品。
家族を苦しめる存在のビジュアルが「デッド・サイレンス」に似ていて
ジェームズ・ワン&リー・ワネルの考える恐怖の土台が、
「人形」と「笑顔」にあるのではと思わせる。
ゴーストバスターズがやってくる後半から
ストーリーがやけくそ気味になっていってそれはそれで愉快なのだが
どうせ遊ぶならサム・ライミの「スペル」ぐらい遊んで欲しかった。
伸び盛りの若手同士がタッグを組んだ割には保守的で、ホラーとしては薄味。

詳しいストーリー(ネタバレ)は続く「2章」の説明にて。

 

 

配信中■Amazonビデオ:インシディアス 第2章 字幕版

 

わずか500万ドルの製作費で累計興収1億ドルを突破する
大ヒットになった「インシディアス」の第2弾。
主人公ジョシュのパトリック・ウィルソン以下、ローズ・バーン、
タイ・シンプキンス、リン・シェイ、バーバラ・ハーシーら

主要登場人物は全て前作から引き継がれている。

 

前作のエンディング直後から始まるので軽く「第1章」をおさらいしておこう。
幸せに暮らすジョシュとルネ夫妻の愛息ダルトンが
ある日突然原因不明の昏睡状態に陥ってしまう。
病院で検査を受けても異常は見つからず、夫妻は病気以外の可能性を探り始める。
家に邪悪な気配を感じていた夫妻は引っ越しをするが
引っ越した先でも怪奇現象が起こり始め、ジョシュの母ロレインの知人で
女性霊媒師のエリーズに事態の解決を依頼する。

前作のエンディングの数秒後からスタートする本作は
事件の発端になっている1986年、つまり幼いジョシュがエリーズによって
記憶を消してもらった日の出来事と現代の出来事を交互に描いている。
現在と過去を同時進行させることで、息子の代まで続く呪いの連鎖の全貌が
明らかになってゆく仕組みで、これがかなり上手くまとまっていて驚き。

「ソウ」にしろ「パラノーマル・アクティビティ」にしろ
タナボタ的なヒットで続編製作が決まった映画の多くは
後付けされた要素(人物、エピソード)が時系列と噛み合なかったり
世界観から逸脱したりするものなのだが、本作はそういった齟齬が一切ない。
GOサインが出るかどうかは別として、最初から二部作を想定していたのだろう。
「1」でやや説明不足と思われた部分まできちんと回収して
父親と息子を悩ませてきた「黒い花嫁衣装を纏った老婆」の真相に迫っている。
現在のジョシュが幼い頃の自分に会いにゆくシーンが特に秀逸で
過去の自分に協力を仰ぐ場面の繋がりはタイムリープものとしてもなかなかのクオリティ。

家族に限らず、誰かが誰かを想う気持ちこそが
闇の世界に対抗しうる最強の手段である、というテーマは
本作でも大きくクローズ・アップされていて
ジェームズ・ワン監督の手掛けるホラーに欠かせない要素のひとつ。
「死霊館」では母性が強く出ていたが
本作で強く打ち出されているのは、父親と息子の愛情。
それと、忘れてはならないのが「善意ある他人の存在」である。
前作から登場した凸凹コンビのゴーストバスターズや
死んだ後も力になってくれる霊媒師のエリーズといった肉親以外の存在が
父子を再会させるために活躍してくれる。
母性(ルネの存在)が霞んでしまうのはちょっといただけないが
そこは夫婦愛を強調するエピソードが盛り込まれているので良しとしよう。

前作のウリでもあったアトラクション要素はぐっと控えめになり
家族の歴史と愛情を重点的に描いた本作は、「死霊館」で完成形を見た
ジェームズ・ワンのスタイルをさらに確固たるものにしたと言えるだろう。
前作の予習&復習は必須ではあるが、その手順を踏んでも見る価値はある。


▼iOS「ドラガリアロスト」日記

 

 

配信中■iOS:ドラガリアロスト

配信中■iOS:白猫プロジェクト

 

【関連記事】iOS「ドラガリアロスト」任天堂とコロプラの新たな火種となるか

 

無料チケットを含めて10連を4回ほど回したが★5キャラは1体のみ。

ドラゴンや護符まで全てを同じガチャに混ぜ込んでいるため

当然引く確率は低くなってしまう。

「白猫」で言うなら「キャラガチャ」と「武器ガチャ」が混ざっているようなもので

そりゃあ簡単には出ないだろうとしか思わない。

おまけに難易度は高い、戦闘はポチポチ連打しなくれはならないので

押しっぱなしで爽快感の味わえる「白猫」と比べるでもない、

とどめはオンライン協力戦をプレイする際のマッチングの異常なまでの長さ

「白猫」のタイムチャレンジならば下手をすれば4、5回分ぐらい待たされる。

こんなに待たされるならもう辞めようかと思えるレベル。

デイリーボーナスをもらいたくてもスタミナが少な過ぎて

泣く泣くプレゼント対象を絞らねばならず、今のところ不満は非常に多い。


▼Kindleセール情報まとめ

 

<本日終了のセール>

 

【10月11日終了】★Kindle:50%OFF&1巻無料 ニコニコカドカワフェア2018

【10月11日終了】★Kindle:日本経済新聞出版 50%ポイント還元

【10月11日終了】★Kindle:最大50%OFF SNS発の人気著者作品フェア

 

<継続開催中のセール>

 

【10月18日終了】★Kindle:30%OFF 秋の夜長に 珠玉の文学作品フェア

【10月18日終了】★Kindle:30~40%OFF ビジネスモチベーションアップフェア

【10月18日終了】★Kindle:30%OFF以上 妻にはナイショで読みたいオトコの実用書

【10月19日終了】★Kindle:59%以上 オール199円大セール!

【10月25日終了】★Kindle:80%OFF 秋の園芸本フェア

【10月31日終了】★Kindle:20%〜70%OFF 60歳からの人生戦略フェア~仕事・健康

【11月01日終了】★Kindle:300円均一 第一印象がUPするフェア



sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス