忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


▼今週発売の新作ダイジェスト

 

  

<ゲーム関連>

06月27日発売■PS4:SAMURAI SPIRITS サムライスピリッツ

06月27日発売■ETC:NEOGEO mini サムライスピリッツ限定版セット ナコルル

06月27日発売■ETC:NEOGEO mini サムライスピリッツ限定版セット 覇王丸

06月27日発売■ETC:NEOGEO mini サムライスピリッツ限定版セット 橘 右京

06月27日発売■NSw:Nintendo Switch 本体 ネオン プリペイド番号3000円分付き

06月27日発売■NSw:Nintendo Switch 本体 グレー プリペイド番号3000円分付き

06月28日発売■NSw:スーパーマリオメーカー 2

06月28日発売■NSw:スーパーマリオメーカー 2|オンラインコード版

06月28日発売■NSw:スーパーマリオメーカー 2 関連商品一覧

06月28日発売■NSw:実況パワフルプロ野球

<映像・書籍その他>

06月24日発売■書籍:SEIZO ROMANCE わたせせいぞうイラストレーションズ

06月25日発売■書籍:サザンオールスターズ公式データブック1978-2019

06月26日発売■Blu-ray:Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 特典付き

06月26日発売■Blu-ray:Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018

06月26日発売■Blu-ray:Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

06月28日発売■書籍:妖怪人間ベム COMPLETE DVD BOOK vol.1

06月28日発売■書籍:公式ビジュアルストーリーBook 海獣の子供

06月28日公開■ムビチケ(Eメール):スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

06月29日発売■ETC:スパイダーマン Tシャツ ファー・フロム・ホーム

06月28日公開■ムビチケ(Eメール):ハッピー・デス・デイ

06月28日公開■ムビチケ(Eメール):凪待ち


▼7月15日・16日、Amazon プライムデーが今年も開催決定

 

 

07月15日・16日開催★Amazon プライムデー prime day

 

最近は月イチでタイムセール祭りが開催されているので

昔ほどのお祭り感はないものの、年に一度きりのプライムデーは

通常のタイムセールとは比較にならない値引率の商品が多く要注目。

カレンダーに印を付けておかなくては。


▼映画「アラジン」躍動感溢れるパレード映画

 

公開中■映画:アラジン

 

ディズニーの第2黄金期を代表する名作アニメ「アラジン」の実写版が大ヒット中。

公開から3週連続1位をキープし、興収は既に50億円を突破している。

50億突破までの早さは累計255億円を叩きだした「アナと雪の女王」と

ほぼ同じペースということで、「美女と野獣」に続く100億円突破はほぼ確実と言えそう。

 

「ホール・ニュー・ワールド」などお馴染みの名曲の数々に乗って描かれる

身分違いの恋はやはりいつ見ても楽しい。

アラジンにはメナ・マスード、ジャスミンにはナオミ・スコット。

陰の主役とも言えるランプの魔人ジーニーにはウィル・スミスが扮する。

監督は「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」のガイ・リッチー。

日本語吹替は中村倫也と木下晴香。

 

発売中■Blu-ray:アラジン ダイヤモンド・コレクション MovieNEX

発売中■Blu-ray:美女と野獣 MovieNEX

 

舞台セットから衣装まで隅々にまで美意識と格調が高く、

パフォーマンス部分も昔ながらのミュージカルを下敷きにして作られている

「美女と野獣」とは大きく異なり、こちらは何よりもテンポの良さと楽しさが身上。

ウィル・スミス演じるジーニーの呆れるほどに自由な振る舞いに乗って

キャストもスタッフも「楽しもうぜ」のかけ声で映画がまとまっている(ように見える)

街中を駆け回る冒頭のシーンは、「シャーロック・ホームズ」を彷彿させる

スピード感とカメラワークになっていて、

「あのガイ・リッチーがディズニーを撮るのか」という期待半分・不安半分の想いは

映画開始から1分であっさり魔法のように消えていった。

良く考えてみれば「シャーロック・ホームズ」のメインテーマも

「アラジン」に通じる雰囲気なので、オファーを受けた時点で

やれる自信があったのかも知れない。

 

本作で披露されるパフォーマンスは正統派のミュージカル形式ではなく、

東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどで楽しめる

パレードのノリにとても近い。

スクリーン狭しと跳ね回るキャラクター達は

そのまま貞子のようにこちら側に飛び出してきそうな躍動感に溢れていて

2時間続くパレード(ショー)に参加しているような錯覚を覚える。

 

配信中■Amazonプライム:ガイリッチー 関連作品一覧

発売中■Blu-ray:ガイリッチー 関連作品一覧

 

オチは誰もが知っている。

それでも文句なしに楽しめる。

「アラジン」の世界をガイ・リッチーに任せてみようと

最初に言ったのが誰なのかは知らないが、監督の人選は大正解。

コアなファンから支持を集める監督から大きく抜け出して、

巨匠の仲間入りを果したのはいちファンとして嬉しい。

ディズニーは今夏「トイ・ストーリー4」「ライオンキング」など

怒濤の新作ラッシュが続くが、本作も必ず劇場で観ておきたい。

 

映画「アラジン」は現在公開中。

 

公開中■映画:アラジン


▼宇多田ヒカル最新ライブ、iTunesでも配信開始

 

配信中■iTunes:Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018

発売中■Blu-ray:Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 特典付き

発売中■Blu-ray:Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018

 

iTunes版も本日より配信開始。価格は3,500円。

iOS端末所持者でいつでも気軽に楽しみたいならお薦め。

ライブは文句なしに良かった。


▼Perfume、52曲入りのベストアルバムを発売

 

09月18日発売■CD+Blu-ray:Perfume The Best "P Cubed" 特典付き完全盤

09月18日発売■CD+Blu-ray:Perfume The Best "P Cubed" 特典付き初回盤

09月18日発売■CD:Perfume The Best "P Cubed" 関連商品一覧

 

今年9月でメジャーデビュー15周年を迎えるPerfumeが

全52曲入りのベストアルバムを発売決定。

CD3枚組+豪華フォトブック+特典映像ディスク付きの完全盤、

CD3枚組+特典映像ディスク付きの初回盤、CDのみの通常盤の3バージョン展開。


▼Kinldeセールまとめ

 

06月27日終了■Kindle:【40%OFF以上】新書フェア(対象:2,309冊)

06月27日終了■Kindle:【50%ポイント還元】幻冬舎フェア(対象:3,792冊)

06月27日終了■Kindle:2019年夏のぴっかぴか小デジ!感謝祭(対象:4,515冊)

06月27日終了■Kindle:カドフェス2019(対象:280冊)

06月27日終了■Kindle:映像化原作本フェア(対象:216冊)

06月27日終了■Kindle:なつミスフェア(対象:74冊)

07月04日終了■Kindle:2019夏のコミックエッセイ全力フェア(対象:500冊)


▼吉本の件

 

現在大騒動に発展している吉本興業の闇営業の件。

闇営業の件、と書いたもののこの問題の本質はそこではなく、

反社会組織との繋がりが吉本内のどこの部分まで侵蝕していたのか、

今後所得隠し=脱税に発展するのかということのはずだが、

話題の中心が巧妙にすり替えられている気がしてならない。

 

私がまだ某店でシェーカーを振っていた頃から

吉本のイベントを裏から担いでいるのが反社会組織だったり、

芸人にやり棄てされたなどといった話題は日常茶飯事であった。

入江に関しても、アメ村でブイブイ言わせていた頃から

瞬く間に怪しい人脈を広げていったと噂になっていたので

今起こっていることは、多くの人が予見していたことだと思う。

 

これまでに怪しい噂を聞いたのは今回謹慎になった芸人だけではないし

マスコミが本気で追及すれば新たな名前が続々挙がってくるはず。

その時に吉本はどうするのか。

入江の首を切って逃げ切りを図ったが失敗し、今度は宮迫やロンブー亮を謹慎処分、

逆牛歩戦術とでも言うか、ジリジリと後ずさりしながら手を打っている現在の対応は

吉本興業本体に延焼しないことだけを考えているようにしか見えない。

 

宮迫はもともとイメージの良さで売っていた芸人ではなかったので

私的には今回のことで何ら彼に対しての認識が変わることはないが、

一番驚いたのはロンブーの亮だった。

彼は吉本興業の中でも藤井隆らと並ぶ数少ない良識人だと思っていたし

実際それ以外には取り立ててウリのない芸人だった。

遊び人の敦を見捨てることなく、いつも横で笑っているのが亮という男だったのだ。

次長課長で言えば井上の、ピースで言えば又吉のポジションだった亮に

敦よりもダーティなイメージが付いてしまったら、もう芸人としては死んだも同然。

契約を解除された入江はまだ人脈を活かした復活の芽がありそうだが

亮は上手く立ち回るタイプでも無さそうなので、今回の件でほぼ終了な気がする。

「おかべろ」は今後どうするつもりなのだろう。もったいない。