2018年5月4週発売の新作、Blu-ray「グレイテスト・ショーマン」発売 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


★Amazonクーポン一覧はこちら

 

Amazonの全取り扱い品目から、クーポンを利用することで

追加値下げを受けられる商品の一覧ページがオープン。

かなり多岐に渡って用意されているので、

良く利用している商品が含まれている可能性大。お買い物の前に覗いてみるべし。


▼先週を振り返る

 

7月1日発送■ETC:ニンテンドークラシックミニ FC Amazon限定特典付き

7月7日発売■ETC:ニンテンドークラシックミニ FC 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン

7月7日発売■ETC:ニンテンドークラシックミニ FC 少年ジャンプ50周年Ver. ACアダプター付き

<セブンネット>

7月7日発売■ETC:クラニンミニFC 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン

7月7日発売■ETC:クラニンミニFC 無印版+週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン

7月7日発売■ETC:クラニンミニ 無印版 & ジャンプ50周年 & SFC

 

先週は「ニンテンドークラシックミニ」一色だった。

ジャンプバージョンだけかと思いきや、意外にも無印版もお持ちでない方が

まだかなりいらっしゃったようで、レトロゲーム熱の盛り上がりを実感した。


▼週末恒例 Amazonビデオナイト開催中

 

 

 

週末限定100円■Amazonビデオ:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章

週末限定100円■Amazonビデオ:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章

週末限定100円■Amazonビデオ:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章

週末限定100円■Amazonビデオ:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章

 

最近毎週末ごとに開催されている100円レンタルセールに

今週は「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」がラインナップされている。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」をベースにしたリメイク作で

ジジィファンとしては見逃せない作品。未見の方も400円(100円x4本)で

一気に4話まで追いつくことが出来るので、この機会に是非。

   

週末限定100円■Amazonビデオ:ドリーム

週末限定100円■Amazonビデオ:ザ・コンサルタント

週末限定100円■Amazonビデオ:僕のワンダフル・ライフ

週末限定100円■Amazonビデオ:ラ・ラ・ランド

週末限定100円■Amazonビデオ:猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

 

【紹介記事】力強さと、したたかさ。映画「ドリーム」

 

洋画で私の大推薦は「ドリーム」と「ザ・コンサルタント」。

「ドリーム」は過去記事をご覧いただくとして

「ザ・コンサルタント」を簡単に紹介しておこう。

表の顔は優秀な会計士、裏の顔は凄腕の殺し屋という
シリアス版「キングスマン」的なダークヒーローを主人公にしたクライム・サスペンス。
ベン・アフレック版「ジェイソン・ボーン」と言われていたりもするが、
主人公の抱えている苦悩や孤独といった面は
ジェームズ・ボンドやジェイソン・ボーンには無いオリジナル要素。
ハンディを背負いながら闘うベン・アフレックが想像以上のハマり役で
私的にはボーンシリーズよりも好みだったりする。


▼今週発売の書籍

 

  

5月22日発売■Book:Momoiro Clover Z 10th Anniversary Book I CHAOS

5月22日発売■Book:Momoiro Clover Z 10th Anniversary Book II COSMOS

5月24日発売■Book:電撃PlayStation 増刊 ペルソナマガジン #2018 DANCING!

 

なんとももクロが10周年なのか。

最近のアイドルは皆長寿でファンは嬉しいだろうが

三十路を超えてからの身の振り方をどうするかなど苦労も多かろう。

 

★Amazon 来週リリースの注目作品の売れ筋ランキング(書籍全般)

 


▼Kindleセール情報

 

  

【5月24日終了】★Kindle:【50~70%OFF】戦隊ヒーロー超全集フェア

【5月24日終了】★Kindle:【まとめ買い20%OFF】アクション・バトルマンガフェア

【5月24日終了】★Kindle:【200円均一】今年の夏に役立つ実用書フェア

【5月24日終了】★Kindle:【50%OFF以上】語学・資格検定フェア

【5月24日終了】★Kindle:【75%OFF】KADOKAWA Kindle限定 75%OFFセール

【5月31日終了】★Kindle:【30%OFF】幻冬舎 新時代のキャリア戦略フェア

【5月31日終了】★Kindle:【50%OFF以上】高額書籍フェア

【5月31日終了】★Kindle:【30%OFF】「こころの不調」が治る本特集

【5月31日終了】★Kindle:【30%OFF】「群像」新人賞出身作家フェア

 

17日で終了したセールと入れ替わりで新しいセールがいくつか開始。

「戦隊ヒーロー超全集フェア」と銘打たれているが

実は「ゴジラ」から「ウルトラマン」まで特撮全般が対象のセールには

世代的にドンピシャな作品が多く、眺めているだけでも楽しい。お薦め。


▼今週末公開の新作映画

 

   

5月25日公開■Movie:友罪 ムビチケ

5月25日公開■Movie:恋は雨上がりのように

5月25日公開■Movie:犬ヶ島

5月25日公開■Movie:妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII ムビチケ

5月25日公開■Movie:ゲティ家の身代金 ムビチケ

5月25日公開■Movie:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇

5月25日公開■Movie:コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)

5月26日公開■Movie:ファントム・スレッド

5月26日公開■Movie:海を駆ける ムビチケ

 

今週の新作映画は大ヒットしそうなタイトルこそ少ないものの

それぞれに見どころのある良作(の予感のする映画)が揃っている。

本数も多いので、また後日別記事で紹介予定。


▼今週発売のBlu-ray

 

5月23日発売■Blu-ray:グレイテスト・ショーマン

5月23日発売■Blu-ray:グレイテスト・ショーマン 4K ULTRA HD

 

エンターテイメントの世界で一旗揚げるため

誰も観たことのないショーを次々と生み出していった

伝説の興行師P・T・バーナムの人生を

「ラ・ラ・ランド」作曲陣の楽曲と共に描くミュージカル

「グレイテスト・ショーマン」が今週発売。

主演は「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマン。

共演は「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロン、

ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤなど。

監督はVFX系出身で本作が長編デビューとなるマイケル・グレイシー。

 

映画「グレイテスト・ショーマン」軟派以上・硬派未満のライトミュージカルより抜粋

 

まだショーが一部の金持ちだけの娯楽であった頃、

庶民も楽しめる”出し物”を生み出したバーナムのサクセスストーリーだが、

「ドリームガールズ」のような挫折や苦労はあまり描かれず

トントン拍子に階段を駆け上がっていくテンポの良さが持ち味。

後半に大きな挫折はあるもののやはり深刻度は浅く

借金を背負って始めた箱があっさり大入り満員になったり

マイノリティ達を説得してチームを編成するまでの下積み部分は豪快に省かれている。

そういった意味で本作は、本格派ミュージカルというより

「バーレスク」のように軽さを楽しむタイプと言えるだろう。

 

「ラ・ラ・ランド」の作家が手掛ける楽曲では

見世物小屋スレスレの出演者の心情を表した「THIS IS ME」が出色で

大スターであるジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)が披露する

美しいバラード「Never Enough」も捨て難い。

近年は敢えて自らのイメージを汚しにかかっているのかと思っていた

ザック・エフロンが久々に正統派のミュージカルで

美しいボーカルを披露してくれたのが嬉しかった。

軟派以上・硬派未満のライトミュージカル好きならばかなりお薦め。


5月23日発売■Blu-ray:ジオストーム

 

予告編を観た瞬間にバカゲーならぬバカ映画の香りがしていて

見てもやっぱりバカ映画だった「ジオストーム」も今週発売。
気象コントロールシステムの暴走により
世界が未曾有の大混乱に陥る、この手の映画には定番のお話。
 

タイミング的に字幕が無かったので珍しく吹き替えで鑑賞したのだが
吹き替えキャストについての予備知識が全く無かったために
まさかブルゾンちえみが出ているとは思っておらず
観始めてからずっとアビー・コーニッシュが何か話す度に
「だめウーマン」「待つの」「35億」と言わないかヒヤヒヤした。
ジェラルド・バトラーの上川隆也は百歩譲るとしても
ジム・スタージェスの山本耕史が酷く、
エンドロールでキャストを確認するまでずっとAMEMIYAだと思っていた。

内容は予想した通りのB級ディザスター大作だったのでそこそこ楽しかった。
にしても、最先端の研究者が開発したシステムが
簡単にウィルスに感染するのにも驚いたが、対処法がまさかの本体再起動で、
「再起動すればウィルスは全て除去できる!」っていいのかこんな脚本で。
そういう諸々の部分を「B級らしい」で好意的に解釈できるならお薦め。


   

5月25日発売■Blu-ray:歩いても 歩いても

5月25日発売■Blu-ray:空気人形

5月25日発売■Blu-ray:誰も知らない

5月25日発売■Blu-ray:花よりもなほ

5月25日発売■Blu-ray:DISTANCE(ディスタンス)

5月25日発売■Blu-ray:幻の光

5月25日発売■Blu-ray:ワンダフルライフ

 

洋邦含めて私が好きな映画監督のベスト5には入る

是枝裕和監督の過去作品が一斉にBlu-ray化。

DVDのみでリリースされていた作品が同日リリースとなる。

ちなみに私は全作品DVDで所有している。

 

本当は全てお薦めなのだが、敢えて絞るなら画像付きの4作品。

「歩いても歩いても」「空気人形」「誰も知らない」は

当BLOGでは散々紹介してきたのでウンザリしている方もいるかも知れない。

「花よりもなほ」は、最初のインパクトよりもリピート鑑賞で

じわじわと味が染み出してくる是枝監督のラインナップにおいては異色の時代劇。

岡田准一は本当はこのぐらいの役どころがぴったりなのだが、

「永遠の0」やら「海賊と呼ばれた男」やら「関ヶ原」やら、

妙にスケールのデカい役柄ばかりあてがわれて不憫。


▼今週発売のゲーム

 

 

5月24日発売■PS4:Detroit: Become Human

5月24日発売■PS4:DARK SOULS REMASTERED

 

 

5月24日発売■PS4:ペルソナダンシング オールスター・トリプルパック

5月24日発売■PSV:ペルソナダンシング オールスター・トリプルパック

5月24日発売■PS4:ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

5月24日発売■PSV:ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

 

5月24日発売■NSw:ロックマン クラシックス コレクション 1+2


▼今週発売の新譜

 

5月23日発売■CD:アダムとイヴの林檎

 

スピッツの草野マサムネから宇多田ヒカルまで、

多彩なアーティストが参加した椎名林檎のトリビュートアルバム。

 

・草野マサムネ「正しい街」
・宇多田ヒカル&小袋成彬「丸ノ内サディスティック」 
・レキシ「幸福論」
・MIKA「シドと白昼夢」 
・藤原さくら「茜さす帰路照らされど・・」
・田島貴男「都合のいい身体」 
・木村カエラ「ここでキスして。」 
・三浦大知「すべりだい」 
・RHYMESTER「本能」 
・AI「罪と罰」 
・井上陽水「カーネーション」 
・私立恵比寿中学「自由へ道連れ」
・LiSA「NIPPON」 
・松たか子「ありきたりな女」 

YouTubeには収録曲のサンプル視聴が用意されていて

大半聞いたのだが、例えば宇多田ヒカルのトリビュートに収録された

井上陽水の「SAKURAドロップス」や

浜崎あゆみの「Movin' on without you」のような

「これは思わぬ掘り出し物だ」と思えるような

大胆なアレンジをした作品はなく、

適材適所に収まった優等生的なアルバムという印象が強い。

それだけ林檎本人のオリジナリティが強烈ということなのだろうが。

 

 

ニューアルバムも控える宇多田ヒカルは自身のトリビュート盤に

椎名林檎が参加していたお返しか、代表曲の「丸ノ内サディスティック」を

お気に入りの小袋成彬と仲良く参加。うーん、これ小袋必要だったのだろうか。

 

6月27日発売■CD:初恋 / 宇多田ヒカル


<早期購入者特典付き>

5月23日発売■CD+DVD:ribbon -30th Anniversary Edition- 限定盤 / 渡辺美里

5月23日発売■CD:rribbon -30th Anniversary Edition- / 渡辺美里

<特典なし>

5月23日発売■CD+DVD:rribbon -30th Anniversary Edition- 限定盤 / 渡辺美里

5月23日発売■CD:rribbon -30th Anniversary Edition- / 渡辺美里

 

1988年5月28日にリリースされた渡辺美里の名盤「ribbon」の30周年記念盤が発売。

商品説明にはミリオン突破と書かれているがオリコンデータは74.8万枚。

実際には再販盤なども含めて超えているのかも知れない。

「恋したっていいじゃない」「センチメンタルカンガルー」「悲しいね」

「10years」など、渡辺美里のベストアルバムかと思うほどの楽曲が

ずらりと並んだアルバムで、私の中ではこの「ribbon」が美里のベストだと思っている。

シングルではないが収録曲の「さくらの花の咲くころに」が大好きで

今でも春になると聞いている。美里と二人三脚でスターダムになった小室ではなく、

同じTMNの木根尚登が作曲しているというのもミソ。

最新リマスターにシングルのカップリングも追加収録し、

初回盤には当時の映像を収めたDVD付き。これは欲しい。


5月23日発売■CD:ゼノブレイド2 OST Amazon限定ポストカード付き

5月23日発売■CD:ゼノブレイド2 OST


▼西城秀樹の訃報を聞いて

 

 

発売中■CD:GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹

発売中■CD:秀樹カンゲキ!!MIX!!西城秀樹ノンストップヒッツ!!

 

西城秀樹が亡くなった。

特にファンだったわけではない。

でも良く知っているスターだった。

越路吹雪や石原裕次郎や美空ひばりが若くして亡くなった時の

母親のショックが少しだけ理解できたような気がする。

もっと若く亡くなった方はいるが、

今敏監督や大瀧詠一はあまり表に出てこないタイプの”職人”だったし、

スティーブ・ジョブズは海を超えたモニタの向こうにいる生きた偉人だった。

西城秀樹は、そういった遠い存在ではなく

小さい頃にテレビを付ければそこに居た、幼い私でも親近感を感じる存在だったのだ。

アーティストやクリエイターとは違う、『アイドル』という職業の凄みを

亡くなって改めて思い知らされた気がする。

 

「ブーメランブーメラン♪」と言いながら本当にブーメランを投げたこともあるし、

「傷だらけのローラ」やハウスバーモントカレーの歌は

当時の子供達が真似をするベスト3に入る人気ぶりだった。

絶唱するアイドルとして新御三家の中でもひと際目立っていた西城秀樹は

高須クリニックの全面協力を得て若さを維持する郷ひろみとは違い、

ごく自然に年齢なりの老いをメディアに晒しながら、ゆっくりと歳をとっていった。

二度の脳梗塞に倒れながら、希望を捨てずに笑顔を振りまいていた彼のプロ意識が

今回の訃報の衝撃や哀しみを強くした面はある。

 

少し前に、中尾彬が「ライバルはいますか」と聞かれて

さらりとした調子で「みんな死んじゃったからねぇ」と応えていた。

あんな風に強く生きられればいいのだが

多くの方は同年代が減っていく寂しさによって老いを自覚し、弱っていくのだろう。

西城秀樹の死は、私の中のスイッチをひとつ押したような気がする。

「これからお前が親しんできた人達が続々いなくなるんだぞ」と言われたようで

「有名人の訃報」では割り切れないほどの想いが溢れ自分でも驚いている。

 

嘘のような偶然だが、最近新御三家の曲を聴くことが多かった。

上で紹介したノンストップが特にお気に入りで、

短時間であの頃に行って帰ってこれるジェットコースターのような楽しいアルバムだ。

亡くなる少し前にも楽しく聴いていたのだが、なぜか今聴くと違って聴こえる。

 

ご冥福をお祈りいたします。



sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス