忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


▼先週を振り返る

03月21日発売■Blu-ray+DVD:「ジャスティス・リーグ」

03月21日発売■Blu-ray:「ジャスティス・リーグ 4K ULTRA HD」

03月21日発売■Blu-ray:「ジャスティス・リーグ 3D + 2D」

 

マーベルに対抗したDCヒーロー結集モノがBlu-ray化決定。
物語は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の後、
スーパーマンが亡くなってしまい平和が乱れ始めた地球の危機を救うため
バットマンが旗ふり役となって最強のチームを結成する。
出演はバットマンにベン・アフレック、スーパーマンにヘンリー・カヴィル、
ワンダーウーマンにはガル・ガドット、フラッシュにはエズラ・ミラー、
アクアマンにジェイソン・モモア、サイボーグにレイ・フィッシャー。
その他にもJ・K・シモンズ、ダイアン・レイン、エイミー・アダムスら
オスカー俳優が続々と顔を揃えている。

監督は当初ザック・スナイダーが務める予定だったのだが
昨年3月にまだ20歳だった愛娘のオータム・スナイダーが急逝してしまい降板、
ピンチヒッターとして招聘されたのが
まさかの「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンであった。
「Dの食卓」事件を想起するジョス・ウェドンの電撃移籍(参加)によって
本作に多大な化学変化が起こったことは明らかで、
「アベンジャーズ」に肩を並べるメジャー感たっぷりのアクション大作になっている。

 

マーベルと決定的に違うのは、それぞれのヒーローの存在意義と

活躍場所がしっかりと考えられていること。

「アベンジャーズ」は基本的にお祭り映画であり(それが悪いわけではない)、

ヒーロが同じ画面に収まってさえいればそれでOKとするところがあった。

しかし本作では、ワンダーウーマンにはワンダーウーマンの、

フラッシュにはフラッシュの、サイボーグにはサイボーグがいなければ

成立しない場面が必ずあり、お互いの秀でた部分を活かして

お互いの足りないところを埋め合う、まさにチームプレイの映画になっているのだ。

アベンジャーズではブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)ですら

添え物扱いのマーベルに対し、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)は実質的に

「ジャスティス・リーグ」のリーダー的存在であるのも現代らしくて良い。

どうしても「楽しさ」が足りなかったDCが

「ワンダーウーマン」以降攻めまくっていて、今後がさらに楽しみ。


▼今週発売のコミック・書籍

 

  

02月05日発売■Book:「キネマ旬報 キネ旬ベスト・テン発表特別号」

02月07日発売■Book:「からかい上手の高木さん 8 フィギュア付き特別版」

02月09日発売■Book:「人形の国(2)/ 弐瓶勉」

 

★Amazon 来週リリースの注目作品の売れ筋ランキング


▼Kindleストアセール情報

 

【02月08日終了】★Kindle 講談社の書籍・雑誌 50%ポイント還元キャンペーン

【02月15日終了】★Kindle『50%OFF以上』新書フェア

【02月15日終了】★Kindle【75%OFF】KADOKAWA Kindle限定セール

【02月15日終了】★Kindle『50%OFF以上』 4コママンガフェア

【02月15日終了】★Kindleサイエンス・アイ新書_『勉強本』フェア

 

2月に入ってKIndleセールが刷新。

13,000点以上を対象にした講談社の大規模ポイント還元セールのほか、

1,500点を対象にした新書の50%以上割り引きセールなど。


▼今週公開の新作映画

 

   

02月09日公開■Ticket:「マンハント」

02月09日公開■Ticket:「コンフィデンシャル/共助」

02月10日公開■Ticket:「犬猿」

02月10日公開■Ticket:「今夜、ロマンス劇場で」

02月10日公開■Ticket:「ロープ/戦場の生命線」

02月10日公開■Ticket:「アウトサイダーズ」

 

*Amazon取り扱いのムビチケは全てEメールタイプ。

 現物のチケットが郵送されるのではなく

 発券に必要なシリアルナンバーがEメールに送られてくるのでお間違えのないように。

 

 

今週公開の新作映画で話題となっているのが

「M:I-2」「レッドクリフ」などで知られるジョン・ウー監督が

西村寿行原作&高倉健主演作「君よ憤怒の河を渉れ」をリメイクした

サスペンス・アクション。主演はチャン・ハンユーと福山雅治。

共演にチー・ウェイ、ハ・ジウォン、竹中直人、斉藤工、國村隼。

予告編を観る限り、福山雅治とジョン・ウーは食べ合わせが悪いというか

そもそも福山がアクション映画に向いているとは思えないのだがどうだろう。

 

「銀の匙」「麦子さんと」といったほのぼの人情劇から一転し

「ヒメアノ~ル」を撮ってファンをざわつかせた監督が

久々に元の路線に回帰したコメディ・ドラマ。

対照的な兄弟・姉妹を主人公に据えて贈る人間模様で演じるのは

窪田正孝&新井浩文、ニッチェの江上敬子&筧美和子。

キャスティングも意外性がある組み合わせで興味をそそるし、

吉田監督がこの手の題材を撮るのならもう絶対に外さないはず。

 

モノクロ映画時代のヒロインが蘇るおとぎ話的なラブストーリー。

主演は綾瀬はるか&坂口健太郎。

共演は”いつだって”本田翼、北村一輝、中尾明慶、柄本明、加藤剛。

監督は「のだめカンタービレ 最終楽章」「テルマエ・ロマエ」の武内英樹。

漫画で良くある題材だが、綾瀬はるかはこういった役柄に本当に良く馴染む。


▼今週発売のゲーム

 

02月08日発売■PS4:「真・三國無双 8」

 

「MHW」のミリオンスタートで俄然勢いに乗るPS4から

畳み掛けるように人気シリーズ「三國無双」のナンバリング最新作が登場。

さらに「ワンダと巨像」「ドラゴンズ・クラウン」といった

コアファンに向けたタイトルの移植も発売され、

年明けからは完全に”PS陣営のターン”になっている。

 

 

02月08日発売■PS4:「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」

02月08日発売■PS4:「ワンダと巨像」

02月08日発売■PS4:「ドラゴンズクラウン・プロ」

02月08日発売■PS4:「ドラゴンズクラウン・プロ ロイヤルパッケージ」


▼今週発売のBlu-ray/DVD

 

02月09日発売■Blu-ray:「マインド・ゲーム」

 

ロビン西の同名コミックをSTUDIO4℃がアニメ化した

伝説のカルトムービー「マインド・ゲーム」がBlu-rayで一般販売開始。

私は昨年公式サイトでの先行販売分で購入済み。

 

20歳の若さで死んでしまった主人公が

生(性)への異様なまでの執着心をエネルギーにして生き返るという

目がテンなシーンが目白押しのハイスピード快作。

近年はサイエンスSARUを立ち上げ、

「夜は短し歩けよ乙女「夜明け告げるルーのうた」

「DEVILMAN crybaby」などを手掛けている湯浅政明監督の

記念すべき長編初監督作でもある。

声の出演には今田耕司、藤井隆、山口智充、島木譲二、坂田利夫ら

吉本芸人が多数出演していて、これも当時話題になった。

いわゆるドタバタ喜劇のエッセンスが吉本のノリとマッチし

えもいわれる毒々しさとポップさを生んでいる。

この「マインド・ゲーム」の成功(国内ではほとんど話題にならなかったが、

カナダのモントリオールで開催された「ファンタジア映画祭」では
「MIND GAME」が、作品賞をはじめ各賞をほぼ総ナメにした)により

湯浅監督の方向性は決まったと言って良く

近年発表された作品にも「毒々しきポップセンス」が貫かれている。

 

私がこのBLOGを開設した2004年公開なので、もう14年前か。

随分経ったものだな、映画も、このブログも。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。