忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

▼松任谷由実は死ぬまでユーミンを演じ続けるのだと思う

 

 

04月11日発売■CD+Blu-ray:「ユーミンからの、恋のうた。限定盤 A」

04月11日発売■CD+DVD:「ユーミンからの、恋のうた。限定盤 B」

04月11日発売■CD:「ユーミンからの、恋のうた。通常盤」

04月11日発売■Blu-ray:「松任谷由実CONCERT TOUR 2016-2017 宇宙図書館」

04月11日発売■DVD:「松任谷由実CONCERT TOUR 2016-2017 宇宙図書館」

 

毎年恒例の苗場コンサートも開幕し、御年63歳を迎えた松任谷由実は

未だユーミンとして音楽活動を精力的に続けている。

パフォーマンスの衰えを指摘する声は年々大きくなるばかりだが、

それでもユーミンは嗄れた声を振り絞るようにして歌い続ける。

近年、同じ時代を生きたミュージシャン仲間を

立て続けに亡くした彼女は、ひとり、またひとりと空席が増えるごとに

己を奮い立たせているように見える。

先日の小室哲哉の引退発表についてコメントを求められ、

「才能の枯渇を感じることは何度もある。しかし、それを感じること自体も才能。

そのためにどこをテコ入れしたらいいかを見つけなくてはいけない。」と回答。

この言葉を聞いて、最新アルバム「宇宙図書館」をリリースする前に言っていた

「残された者の宿命」を思い出したのは私だけではないはずだ。

「声が出ない」「劣化」の野次を真正面から引き受けながら

松任谷由実は残された者の宿命を全うすべく、全身でユーミンを演じ続ける。

 

小田和正は70歳、細野晴臣は70歳、井上陽水は69歳、谷村新司は69歳、

松本隆は68歳、高橋真梨子は68歳、五輪真弓は67歳、坂本龍一は66歳、

中島みゆきは65歳、さだまさしは65歳、山下達郎は65歳、

吉田美奈子は64歳、大貫妙子は64歳、矢野顕子は62歳、桑田佳祐は61歳。

玉置浩二や岩崎宏美は現在59歳なので、間もなく還暦組の仲間入りを果たす。

このように、(松本隆は作詞家だが)還暦を過ぎても未だにツアーをこなしてる

シンガー・ミュージシャンは日本にもたくさん存在する。

私が子供の頃には考えられない光景が広がっている。

しかし、日本の音楽を開拓してきたパイオニア達のステージを

見ることの出来る残り時間は、それほど多く残されてはいない。

あと10年もすれば、歌謡曲と演歌しか無かった日本に

様々なジャンルを根付かせてきた功労者の多くは表舞台を去るだろう。

井上陽水のブレない遊び心、高橋真梨子の伝達力、

中島みゆきの求心力、吉田美奈子の神々しさ。いずれも唯一無二である。

若い方々も、一度巨人のステージに生で触れて欲しい。

求道者の如く歌に磨きをかけ続ける吉田美奈子と

総合芸術としてのステージを作り上げる松任谷由実は

互いの存在を”同志”と呼び合っているらしい。

見せ方は違えど、音楽に邁進する覚悟が似ているのだと思う。

 

すっかり前置きが長くなってしまった。

今回リリースされるベストは本人選曲のCD3枚組。

売れ筋を網羅した前回と違って

ディスクごとの方向性がはっきりしているあたりがこだわりなのだろう。

初回盤は映像集(Blu-ray/DVD)をつけたディスク4枚組。

まだ確定ではないが、映像はパフォーマンス集とあるのでPVでは無さそうで残念。

本人直筆のライナーも気になる。

 

かつてのユーミン語録に

「私は常に最新アルバムがベストアルバム。

だからベストアルバムを出す必要がない。」というものがある。

所属していた東芝EMIが危機を迎え、ついにこだわりを破って

(非公認を除く)初のベストアルバム「Neue Musik」をリリースしてからは

堰を切ったように次から次へとコンセプトを変えたベストを出しているが、

ミリオンを突破した「日本の恋と、ユーミンと」と今作の2種類のベストは

「ユーミンのまま死にたい」と語った彼女の

「死んだ後に勝手に乱発されちゃかなわん」という意志(遺志)を感じる。

 

最新ツアー「宇宙図書館」のBlu-ray/DVDも同時発売。

生で観る機会があったのだが、こちらも素晴らしかった。

口パク上等、ダミ声なんのその。

懐かしい曲から最新曲までをひとつのコンセプトの下に束ねて

観客を旅に連れ出す演出力にはほとほと感心した。

 

ちなみに、苗場のライブを生中継で観られるサイト「YMODE」も開設中。

3つのコースを各2,000円で販売中で、

最短のコース1では7日に上演されるライブが生中継が楽しめる。

苗場までは行けないという方はこちらで。

 

 

02月01日発売■Book:「BRUTUS 山下達郎のBrutus Songbook」

03月21日発売■CD:「大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」(1976~2018)」



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。